ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

FRBがとうとう量的緩和を終了。米国経済は完全復活し、今後の焦点は金利へ

 

 FRB(連邦準備制度理事会)は2014年7月9日、6月のFOMC(連邦公開市場委員会)の議事録を公開した。国債などを買って市場に資金を供給する量的緩和策を10月で終了することで一致していたことが明らかになった。リーマンショックに伴う非常措置として2008年に始まった量的緩和策がとうとう終了する。米国経済はこれで名実ともに完全に復活したことになる。

frbieren201407

 FRBは今年1月から量的緩和策の縮小を開始している。当初、FRBは月あたり850億ドルの資産を購入していたが、これを100億ドルずつ段階的に縮小してきた。10月には150億ドルになる計算だが、この段階で150億ドルの減額を行って量的緩和を終了させる。

 背景にあるのは米国経済の順調な回復。米国は冬の大寒波や、春以降続く洪水などの影響で景気の失速が懸念されていた。しかし、米労働省が発表した6月の雇用統計は、非農業部門の就業者数が前月比28万8000人増と大幅な増加となった。失業率も一気に0.2ポイント低下し、5%台が目前となっている。
 これまでは、職探しを諦めた人が労働市場に出てこないことが失業率を下げているだけという見方もあったが、就業者数の大幅な伸びがこの懸念を打ち消した。

 こうした状況を受けて、ダウ平均株価は2014年7月3日、とうとう1万7000ドルの大台を突破した。目先達成感が出やすいことから、相場の行方には慎重な見方が多いが、少なくとも、米国経済が完全に復活したことは、多くの市場参加者の共通認識となった。

 量的緩和策が終了することで、市場の注目はいよいよ金利と出口戦略に向かうことになる。米国は景気が拡大しているにもかかわらず、金利が思いのほか上昇していなかった。FRBの緩和的な姿勢による影響が大きいが、長期的な米国の潜在成長率の低下を指摘する声もある。

 順当に進めば、今後金利は上昇を開始し、どこかのタイミングでFRBは利上げに踏み切ることになる。だが、金利の低下が長期的な成長率の伸び悩みを示唆しているのだとすると、FRBの利上げが、逆に株式市場に対して下落の引き金となってしまう可能性がある。

 リーマンショックという非常事態への対策が終了した今、持続的・長期的な成長に向けてのあらたな舵取りが始まることになる。

 - 経済 ,

  関連記事

abejosei
4~6月期のGDPは大幅マイナスの見込み。秋以降、政局流動化の可能性も

 来週に発表される4~6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、大幅なマイナスに …

no image
港区から外国人ビジネスマンの姿が消え、公務員が激増中

 東京都港区の高級オフィス街の風景が激変している。 これまで外資系企業などの入居 …

part_s
パート労働者の時給が急上昇。コストプッシュ・インフレの前触れ?

 パートタイム労働者の賃金が大幅に上昇している。これまで低く抑えられてきた非正規 …

chinajojohaisi
中国で中央政府直系の国有企業初が初の上場廃止

 中国の上海証券取引所に上場していた中国の国有企業「中国長江航運集団南京油運」が …

abekeitaiminaosi
首相が突然、携帯電話料金の見直しに言及。賃上げ要請と同じ結果に終わる?

 安倍首相の携帯電話料金の見直し発言が波紋を広げている。日本の携帯電話会社は3社 …

no image
楽天が出版取り次ぎに参入。その本当の目的は?

 楽天が出版取り次ぎ業に参入すると朝日新聞が報じている。取り次ぎとは書籍の卸売業 …

no image
Facebook経営陣が株を売らないことを無理やり約束させられた件

 Facebookのザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)が、保有する同社株を少 …

putin
欧米の経済制裁で疲弊が進むロシア経済。落とし所の探り合いが続く

 ロシアに対する経済制裁がロシア経済をじわじわと追い込んでいる。ロシア経済の要で …

nyse
ダウ平均株価の銘柄が久々に大型入れ替え。米国の産業構造は今後どうなる?

 米S&Pダウ・ジョーンズ・インディシーズは9月10日、ダウ工業株30種(いわゆ …

niinami
ローソン新浪氏を社長に招聘したサントリー。長年の「迷い」を断ち切ることができるのか?

 サントリーホールディングスは、ローソン会長の新浪剛史氏を10月1日付けで社長に …