ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

FRBがとうとう量的緩和を終了。米国経済は完全復活し、今後の焦点は金利へ

 

 FRB(連邦準備制度理事会)は2014年7月9日、6月のFOMC(連邦公開市場委員会)の議事録を公開した。国債などを買って市場に資金を供給する量的緩和策を10月で終了することで一致していたことが明らかになった。リーマンショックに伴う非常措置として2008年に始まった量的緩和策がとうとう終了する。米国経済はこれで名実ともに完全に復活したことになる。

frbieren201407

 FRBは今年1月から量的緩和策の縮小を開始している。当初、FRBは月あたり850億ドルの資産を購入していたが、これを100億ドルずつ段階的に縮小してきた。10月には150億ドルになる計算だが、この段階で150億ドルの減額を行って量的緩和を終了させる。

 背景にあるのは米国経済の順調な回復。米国は冬の大寒波や、春以降続く洪水などの影響で景気の失速が懸念されていた。しかし、米労働省が発表した6月の雇用統計は、非農業部門の就業者数が前月比28万8000人増と大幅な増加となった。失業率も一気に0.2ポイント低下し、5%台が目前となっている。
 これまでは、職探しを諦めた人が労働市場に出てこないことが失業率を下げているだけという見方もあったが、就業者数の大幅な伸びがこの懸念を打ち消した。

 こうした状況を受けて、ダウ平均株価は2014年7月3日、とうとう1万7000ドルの大台を突破した。目先達成感が出やすいことから、相場の行方には慎重な見方が多いが、少なくとも、米国経済が完全に復活したことは、多くの市場参加者の共通認識となった。

 量的緩和策が終了することで、市場の注目はいよいよ金利と出口戦略に向かうことになる。米国は景気が拡大しているにもかかわらず、金利が思いのほか上昇していなかった。FRBの緩和的な姿勢による影響が大きいが、長期的な米国の潜在成長率の低下を指摘する声もある。

 順当に進めば、今後金利は上昇を開始し、どこかのタイミングでFRBは利上げに踏み切ることになる。だが、金利の低下が長期的な成長率の伸び悩みを示唆しているのだとすると、FRBの利上げが、逆に株式市場に対して下落の引き金となってしまう可能性がある。

 リーマンショックという非常事態への対策が終了した今、持続的・長期的な成長に向けてのあらたな舵取りが始まることになる。

 - 経済 ,

  関連記事

lawsonmitsubishi
資源価格下落で巨額赤字を抱える三菱商事がローソンを子会社化する事情

 三菱商事は2016年9月16日、コンビニ大手のローソンを子会社化すると発表した …

no image
日韓スワップ協定は延長せず。背景に領土問題があることは明らか

 政府が韓国との通貨スワップ協定を延長しないことが確定した。  通貨スワップ協定 …

bukkajoushou
8月の消費者物価指数。コアはマイナス、コアコアはプラスとちぐはぐな状況に

 総務省は2015年9月25日、8月の消費者物価指数を発表した。代表的な指標であ …

3sha02
Amazon、Google、スタバが各国政府と税を巡るバトル。3社が連戦戦勝のワケとは?

 グローバルに展開する米国企業と各国政府のバトルが激しさを増している。  フラン …

airasiajapan
エアアジアが今度は楽天と組んで日本に再参入。だがガラパゴスの打破は難しそう

 アジア最大の格安航空会社(LCC)であるエアアジアが再び日本市場に参入する。全 …

maehara
前原戦略相が日銀政策決定会合への出席を示唆。困った日銀はどうする?

 前原誠司国家戦略相は2日の記者会見で、日銀の金融緩和の努力が足りない場合には、 …

satsutaba02
預金封鎖と財産税が密かな話題となっている背景とは?

 終戦直後に実施された預金封鎖と財産税がちょっとした話題になっている。NHKが夜 …

businessman02
消費税を増税した途端に景気減速?7~9月期のGDPは前期よりも落ち込む可能性大

 2013年11月13日に公表予定の7~9月実質GDPの数値は、好調だった4~6 …

gpifpotoforio201506
公的年金の7~9月期の運用損失は7兆円?場合によっては政治問題化も

 公的年金を運用するGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が抱える運用損失が …

trumpyosan
トランプ大統領はもう予算に興味がない?外遊中に予算教書提出の前代未聞

 米国のトランプ政権が初の予算教書(正式版)を議会に提出した。当初は予算教書の提 …