ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

5月の機械受注は大幅減。民間は資金を遊ばせており、官需依存がさらに高まる

 

 内閣府は2014年7月10日、5月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「船舶・電力を除く民需」(季節調整済み)は前月比でマイナス19.5%と大幅な減少となった。内閣府では基調判断を「増加傾向にある」から「増加傾向に足踏みがみられる」に変更している。

setsubitousi

 3月は期末ということもあり19%という大きな伸びを示していたが、4月はその反動でマイナス9.1%となっていた。今月の数値が元に戻れば、設備投資の増加傾向が維持されていると判断されるところっだが、予想に反して大幅なマイナスとなってしまった。移動平均を考えると、下落トレンドに転換してしまったようにも見える。

 機械受注は民間設備投資の先行指標といわれており、関係者の注目度が高い。昨年から今年の初めにかけては大型の公共事業が続いていたこともあり、非製造業の設備投資が顕著であった。
 一方、製造業の設備投資は工場の国外移転もあり、冴えない状況が続いていたが、このところ製造業が回復する兆候も見られていた。だが5月については製造業が18.6%減、非製造業が17.8%減とどちらも大幅なマイナスとなった。

 今後の設備投資がどうなるのは、来月以降の数字を見なければ分からないが、気になるのは官需への依存度が上がっていることである。
 4月の機械受注では、官公庁からの受注は40%増と非常に活発だっだ。5月についても官需はプラス22%となっており、唯一プラスを維持している。このところの設備投資は完全に政府支出頼みである。

 安倍政権では消費税対策として、今年度の公共事業を前倒し発注することを決定している。建設会社の請負金額は、新年度に入って前年同月比で10%増となっており、前倒しの効果が出始めている。少なくとも年度の前半は活発な公共事業が続く。
 だが、公共事業への過度な依存は、深刻な人手不足を生み出している。これ以上の公共事業拡大は、人員確保の点から難しく、公共事業一本で、今後の景気を維持することは困難である。

 2014年3月期決算における日本企業の内部留保は304兆円となり、過去最高を記録した。内部留保が適切に収益資産に転換しているのであれば問題ないが、企業は現預金も同様に積み上げている。同決算期の現預金総額は150兆円を超えており、有効な使い道が見つからないままだ。民間企業の資金が有効活用され、市中に回り始める状況にはまだ至っていない。

 - 経済 ,

  関連記事

abe
安倍総裁が国債の日銀引き受けに言及。市場は完全に「円安」を織り込み始めた

 自民党の安倍晋三総裁が、とうとう日銀による国債直接引き受けに言及した。安倍氏は …

ieren201409
FRBが「忍耐強く」の表現を削除。利上げは予定通りで、利上げ幅は極小との観測も

  米FRB(連邦準備制度理事会)は2015年3月18日、FOMC(連邦公開市場 …

doruen201505
為替はとうとう歴史的な節目を突破。超長期的な円安トレンドが始まる?

 円安の流れが止まらない。2015年5月28日の外国為替市場で円は4日続落となり …

frbpauerugicho
FRB次期議長は予想通りパウエル氏。現行路線の踏襲に規制緩和が加わって株高に?

 FRB(連邦準備制度理事会)の次期議長にジェローム・パウエルFRB理事が指名さ …

matsuura
エイベックス松浦氏の富裕層イジメ発言を評価する際に注意すべき点とは?

 エイベックス・グループ・ホールディングス社長の松浦勝人氏による、日本は富裕層に …

no image
鴻海精密工業のカリスマ経営者「郭台銘」氏はどんな人物?

 最近その名前をニュースで目にしない日はない、鴻海精密工業のカリスマ経営者、郭台 …

dellmicrosoft
デルに出資?タブレット台頭を前に、マイクロソフトは重大な岐路に立たされている

 米マイクロソフトが大手パソコン・メーカーの米デルに10億~30億ドル(約900 …

kurumakonyu
若者の7割がクルマを買いたくない。価格が上昇してしまった理由は日本経済の低迷

 日本自動車工業界は2016年4月8日、2015年度の乗用車市場動向調査の結果を …

francisco1
排他的になると逆に伝統文化はダメになる。日本人が傾聴すべきローマ法王の説法

 伝統的な価値観を守るためには、新しい価値観を攻撃するのではなく、うまくバランス …

businessman04
労働者の賃金がさらに減少。賃上げ実施後もあまり期待できない理由とは?

 厚生労働省は2014年2月20日、2013年賃金構造基本統計調査の結果を発表し …