ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国当局が国営放送を使って中国銀行の海外送金サービスを糾弾している背景

 

 中国の国営放送局である中国中央テレビ(CCTV)が、中国有数の銀行である中国銀行について、富裕層向けに不正海外送金のサービスを行っていると批判している。当局からの指示である可能性が高いが、中国銀行のような国策金融機関を批判するのは極めて異例。

bankofhina

 CCTVは2014年7月9日、中国銀行が不正に海外送金を行うサービスを提供していると報じた。このサービスは海外移住者向けのもので、一旦申し込むとそれ以降の海外送金が実質的に無制限で実施できるというもの。

 中国では資金の国外送金は厳しく規制されていたが、2011年に規制緩和が行われ、移住や海外の不動産購入が目的であれば、年間5万ドルまで許可されるようになった。しかし、国内で得た資金を国外に逃がしておこうという人が後を絶たず、中国当局は頭を悩ませている。

 以前はこうした資金の海外流出は共産党幹部など、特権階級に限定されていた。庶民はそもそもそうした大金を手にするチャンスがなく、あったとしても、不正に国外に資金を持ち出す手段がなかったからである。
 だが最近は中国の経済的な発達によって、特権階級以外の人でも、それなりの資産を築く人が出てきた。こうした人々の中には、米国など安全な地域に資産を移しておきたいと考える人が一定数存在する。米国の永住権取得プログラムには、多数の中国人が殺到し、処理が滞っている状態だという。

 中国銀行のサービスもこうした人たちに向けて提供されているものである。このサービスは表立っては宣伝していないものの、個別に問い合わせると銀行側がサービスの説明をしてくれるという。中国銀行側では、あくまで合法的なサービスであるとしており、主張は真っ向から対立している。

 CCTVは国営放送局であり、当局の意向を無視して、国策金融機関を批判することは考えられない。今回の批判記事は中国当局の意向である可能性が高い。
 一方、本当このサービスが100%違法であり、当局が禁止しようと思っているのであれば、中国銀行に指示すればよいだけの話である。そのようにはしていないところを見ると、サービス自体は合法であるという中国銀行の反論は正しいのかもしれない。

 中国は現在、米国の金利上昇に伴って、中国から米国などの大量の資金が流出することを懸念している。CCTVによる批判は、こうしたサービスを活用しないよう国民を萎縮させるのが狙いとの見方も出ている。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

icijpanama
パナマ文書が公開。三木谷氏の名前もあるが、大した話ではない可能性が高い

 ICIJ(国際調査報道ジャーナリスト連合)は2016年5月16日、タックスヘイ …

70nendanwayusikisha
70年談話のための有識者懇報告書は、バランスの取れた妥当な内容

 安倍首相が戦後70年談話のために設置した私的諮問機関「21世紀構想懇談会」は2 …

iryohi
政府内部で医療費削減の動きが活発化。財政出動が強化されれば、医療費にシワ寄せが?

 政府内部で医療費の歳出削減に向けた動きが活発化している。社会保障費は最大の支出 …

hulu
日テレが動画配信サービスHuluの日本事業を買収。テレビ局による囲い込みか?

 日本テレビ放送網は2014年2月28日、動画配信サービス「Hulu」の日本市場 …

no image
世界で進む、保守思想と進歩思想の両極化。日本人はどちらを選ぶのか?

 もっとも厳格なシャリア法(イスラム法)を適用しているサウジアラビアにおいて、I …

josei02
女性登用目標値設定など、労働慣行に対する「上からの改革」が急ピッチで進行中

 日本の労働慣行に対する「上からの改革」が急ピッチで進められるようとしている。政 …

bouekitoukei201308
8月の貿易統計。貿易赤字体質は変わらないものの、輸出価格下落に歯止め?

 財務省は9月19日、8月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易 …

ginzafudosan
土地価格はとうとう上昇に転じたが、二極分化の傾向がより鮮明に

 国土交通省は2016年3月22日、2016年の地価公示を発表した。商業地ではと …

jinmingen
IMFが特別引出権(SDR)に人民元を採用。英国の全面支援が決め手?

 IMF(国際通貨基金)は、11月にも特別引き出し権(SDR)と呼ばれる準備通貨 …

anchols
韓国大統領選挙。無所属の安候補が突然辞退。不透明さが漂う韓国社会

 韓国大統領選挙の野党候補一本化交渉の当事者であった安哲秀ソウル大学教授が23日 …