ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国当局が国営放送を使って中国銀行の海外送金サービスを糾弾している背景

 

 中国の国営放送局である中国中央テレビ(CCTV)が、中国有数の銀行である中国銀行について、富裕層向けに不正海外送金のサービスを行っていると批判している。当局からの指示である可能性が高いが、中国銀行のような国策金融機関を批判するのは極めて異例。

bankofhina

 CCTVは2014年7月9日、中国銀行が不正に海外送金を行うサービスを提供していると報じた。このサービスは海外移住者向けのもので、一旦申し込むとそれ以降の海外送金が実質的に無制限で実施できるというもの。

 中国では資金の国外送金は厳しく規制されていたが、2011年に規制緩和が行われ、移住や海外の不動産購入が目的であれば、年間5万ドルまで許可されるようになった。しかし、国内で得た資金を国外に逃がしておこうという人が後を絶たず、中国当局は頭を悩ませている。

 以前はこうした資金の海外流出は共産党幹部など、特権階級に限定されていた。庶民はそもそもそうした大金を手にするチャンスがなく、あったとしても、不正に国外に資金を持ち出す手段がなかったからである。
 だが最近は中国の経済的な発達によって、特権階級以外の人でも、それなりの資産を築く人が出てきた。こうした人々の中には、米国など安全な地域に資産を移しておきたいと考える人が一定数存在する。米国の永住権取得プログラムには、多数の中国人が殺到し、処理が滞っている状態だという。

 中国銀行のサービスもこうした人たちに向けて提供されているものである。このサービスは表立っては宣伝していないものの、個別に問い合わせると銀行側がサービスの説明をしてくれるという。中国銀行側では、あくまで合法的なサービスであるとしており、主張は真っ向から対立している。

 CCTVは国営放送局であり、当局の意向を無視して、国策金融機関を批判することは考えられない。今回の批判記事は中国当局の意向である可能性が高い。
 一方、本当このサービスが100%違法であり、当局が禁止しようと思っているのであれば、中国銀行に指示すればよいだけの話である。そのようにはしていないところを見ると、サービス自体は合法であるという中国銀行の反論は正しいのかもしれない。

 中国は現在、米国の金利上昇に伴って、中国から米国などの大量の資金が流出することを懸念している。CCTVによる批判は、こうしたサービスを活用しないよう国民を萎縮させるのが狙いとの見方も出ている。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

karyoku
原発再稼働をうたったエネルギー基本計画素案の前提条件は合っているのか?

 経済産業省は12月6日、総合資源エネルギー調査会の基本政策分科会を開き、「エネ …

putinkuremia
思いのほか苦境にあるロシア。今回の一連の外交はいわゆる「弱者の戦略」

 ロシアによるクリミア併合プロセスが着々と進んでいる。表面的には軍事力を前面に押 …

tosho05
東証が審査を厳格化。なかなか前に進まない日本企業の情報開示

 スマホ向けゲーム開発企業「gumi」のずさんな情報開示をきっかけに、上場企業の …

scotlandmap02
スコットランドの独立問題。果たして本当に国家分裂の危機だったのか?

 英国北部スコットランド独立の賛否を問う住民投票は、賛成が45%、反対が55%( …

indosina
タイの鉄道建設プロジェクトを巡る日中の地政学的争い。今のところ中国有利?

 日本が支援する予定のタイの鉄道建設プロジェクトが騒がしくなっている。タイ軍事政 …

doparubyu
フランスの著名俳優が富裕層増税に反発してロシアに移住。著名人の国外脱出が相次ぐ

 ロシア政府は3日、フランスの著名俳優ジェラール・ドパルデュー氏にロシア国籍を付 …

2+2kaiken02
日米2+2閣僚会合は、ポスト戦後時代が現実にスタートしたことの象徴

 日米両政府は10月3日、外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2 …

asohadaijin201406
問題発言連発の麻生大臣。最後の大物政治家か、無邪気なボンボンか?

 麻生財務大臣の発言が話題になっている。新聞報道によると麻生氏は2014年6月2 …

obamasyria02
オバマ政権の目論見通り?シリアの化学兵器廃棄で攻撃回避の可能性が高まる

 シリアが保有する化学兵器を国際管理下に置くというロシア提案をシリア政府が受け入 …

abetoranpu
トランプ政権のインフラ投資に日本の公的年金を活用との報道。政府は否定しているが・・・

 トランプ政権が掲げる総額1兆ドル(約113兆円)のインフラ投資について、その一 …