ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国当局が国営放送を使って中国銀行の海外送金サービスを糾弾している背景

 

 中国の国営放送局である中国中央テレビ(CCTV)が、中国有数の銀行である中国銀行について、富裕層向けに不正海外送金のサービスを行っていると批判している。当局からの指示である可能性が高いが、中国銀行のような国策金融機関を批判するのは極めて異例。

bankofhina

 CCTVは2014年7月9日、中国銀行が不正に海外送金を行うサービスを提供していると報じた。このサービスは海外移住者向けのもので、一旦申し込むとそれ以降の海外送金が実質的に無制限で実施できるというもの。

 中国では資金の国外送金は厳しく規制されていたが、2011年に規制緩和が行われ、移住や海外の不動産購入が目的であれば、年間5万ドルまで許可されるようになった。しかし、国内で得た資金を国外に逃がしておこうという人が後を絶たず、中国当局は頭を悩ませている。

 以前はこうした資金の海外流出は共産党幹部など、特権階級に限定されていた。庶民はそもそもそうした大金を手にするチャンスがなく、あったとしても、不正に国外に資金を持ち出す手段がなかったからである。
 だが最近は中国の経済的な発達によって、特権階級以外の人でも、それなりの資産を築く人が出てきた。こうした人々の中には、米国など安全な地域に資産を移しておきたいと考える人が一定数存在する。米国の永住権取得プログラムには、多数の中国人が殺到し、処理が滞っている状態だという。

 中国銀行のサービスもこうした人たちに向けて提供されているものである。このサービスは表立っては宣伝していないものの、個別に問い合わせると銀行側がサービスの説明をしてくれるという。中国銀行側では、あくまで合法的なサービスであるとしており、主張は真っ向から対立している。

 CCTVは国営放送局であり、当局の意向を無視して、国策金融機関を批判することは考えられない。今回の批判記事は中国当局の意向である可能性が高い。
 一方、本当このサービスが100%違法であり、当局が禁止しようと思っているのであれば、中国銀行に指示すればよいだけの話である。そのようにはしていないところを見ると、サービス自体は合法であるという中国銀行の反論は正しいのかもしれない。

 中国は現在、米国の金利上昇に伴って、中国から米国などの大量の資金が流出することを懸念している。CCTVによる批判は、こうしたサービスを活用しないよう国民を萎縮させるのが狙いとの見方も出ている。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

rikokkyou02
中国政府が「影の銀行」の推定規模を公表。事実なら、日本や米国のバブルを超える水準

 中国政府のシンクタンクである社会科学院は10月9日、中国経済における「影の銀行 …

berurusukoni
イタリアの暴れん坊ベルルスコーニ元首相が「欧州危機はドイツの陰謀」と絶叫!

 「イタリアの暴れん坊」「イタリアの種馬」といった異名を持つベルルスコーニ元首相 …

girishashusho
ギリシャ側が完全敗北。EUが主張する構造改革案をほぼ100%受け入れへ

 ギリシャの金融支援をめぐり、ギリシャ側が提出していた構造改革案についてEU(欧 …

masuzoe
舛添氏が都知事選出馬を検討。背景には「誰もあの人とは争いたくない」という前知事が・・

 石原慎太郎前都知事の辞職に伴う東京都知事選において、民主党の候補者として新党改 …

gchq
スノーデン氏の告発が英国に飛び火。政府関係者と市民の意識にはズレがある?

 米国の国民監視システムである「PRISM」の存在を暴露した元CIA(中央情報局 …

panasanyo
三洋電機が完全消滅へ。ところで三洋はもともとパナソニックだって知ってました?

 パナソニックは2011年に戦略的買収を実施した三洋電機を事実上解体する。日本経 …

taikudeta2014
タイでとうとう軍がクーデターを決行。実質的には官僚によるタクシン派の弾圧

 政局が混乱しているタイで、とうとう軍がクーデターを起こすという事態に突入した。 …

torisimariyaku
経済同友会が独立取締役の義務化を要望。実現がほぼ絶望的な理由とは?

 経済同友会は10月28日、企業からの独立性が高い「独立取締役」の設置を上場企業 …

sagawajoshi
佐川急便の1万人主婦配送要員採用は、新しいサービスの入り口になる?

 佐川急便は今後2年間で1万人の主婦パートを採用する。少量の荷物を自宅周辺で配送 …

kyosho2015
オバマ大統領の一般教書演説。もっともリベラルな内容との指摘も

 米国のオバマ大統領は2015年1月20日、米議会において一般教書演説を行った。 …