ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ロシアによるフランスからの揚陸艦購入は北方領土配備のため?

 

 ロシアによるフランス製強襲揚陸艦の購入が、北方領土対策のために行われたという、在日ウクライナ大使館のツイッターが話題となっている。のちにウクライナ大使館は、ウクライナとしての公式見解ではないと釈明しているが、真実味のある話として受け止められている。

misutoraru

 話題となったツイッターはウクライナ大使館が日本に向けて行っているもので、ウクライナにおける親ロシア派勢力との争いや、ウクライナに関する一般的な話題が多い。だが、7月8日のツイートは、ロシアによるフランス製強襲揚陸艦購入がテーマとなっており、日本にとっては少々刺激的な内容だった。

 ツイートによると、強襲揚陸艦ミストラルの購入は、日本の自衛隊が北方領土を軍事力で奪還することを想定したロシアが、これに対抗するために実施したものだと主張している。この情報は当時のロシアの国防次官から得たという。後にこのツイートは、ロシアの雑誌からの引用であり、ウクライナとしての公式見解ではないというツイートが出された。

 ロシアがフランスから強襲揚陸艦ミストラルの購入契約を進めているのは事実である。オバマ大統領は、ロシアによるウクライナ介入の間接的な支援になるとしてフランスに販売を停止するよう求めているが、オランド大統領はこれを突っぱねている。

 ロシアの建艦技術は完全に時代遅れになっており、西側から兵器を買わなければならない状態に追い込まれている。ただ購入する艦船が強襲揚陸艦であることを考えると、その用途は限定されてくる。

 強襲揚陸艦は一般的に海兵隊など水陸両用部隊を使った上陸作戦に用いられることが多い。米軍は、佐世保に3隻の強襲揚陸艦を配備しているが、これは沖縄に駐留する海兵隊が、朝鮮半島や中国大陸に上陸することを想定している。

 ロシアが上陸作戦を行わなければならないケースのひとつとして想定されるのが、北方領土ということになる。つまり自衛隊による島の奪還があり得ると考えており、再度、島を奪還するためには揚陸艦が必要になるという考え方である。

 現在、日本とロシアは、北方領土を日本に返還することを視野に入れた交渉をスタートさせた状況にある(ウクライナ問題の発生で、一時ペンディングになっている)。ロシアは天然ガスを日本に買ってもらいたいと考えており、下手をすると大幅な譲歩を迫られる可能性があることを危惧している。

 交渉スタートというタイミングに合わせて、揚陸艦の購入を行い、北方領土交渉の牽制球にしようとロシア側が考えていても何ら不思議はない。

 - 政治 , ,

  関連記事

hinomaru
愛国心に関する内閣府の調査。日本が豊かになると低下し、貧しくなると上昇する

 内閣府は3月30日、社会意識に関する世論調査の結果を発表した。この中で愛国心が …

rimpac201401
環太平洋合同軍事演習がハワイ沖でスタート。今年の目玉は初参加する中国軍

 米軍を中心とした太平洋における多国間軍事演習「リムパック」が2014年6月26 …

keizaizaiseisimon201410
政府がとうとう7~9月期GDPの弱含みについてアナウンスを開始?

 10%消費増税の判断材料となる7~9月期のGDP(国内総生産)について、数値が …

unonjack
英国のEU離脱。金融危機の可能性はなくなり、具体的な影響を精査するフェーズへ

 英国のEU離脱を決定した国民投票から10日が経過し、市場はとりあえず落ち着きを …

ur
URの杜撰な事業が浮き彫りにする、官に依存した日本経済の麻薬中毒的体質

 「日本経済の復活」「大胆な規制緩和」といった安倍政権の輝かしいキャッチフレーズ …

chukounen
結局は減額?政府が年金給付額の抑制について具体的な検討を開始

 政府は、年金の給付額抑制に乗り出す方針を固めた。現在のマクロ経済スライド制を見 …

no image
松山千春が不出馬宣伝。鳩山氏はホット胸をなでおろす

 かねてから次期衆院選への出馬が取りざたされていた歌手の松山千春氏が、選挙には出 …

no image
台湾の巡視船が尖閣諸島の領海に侵入。投入されているのは最新鋭の船舶

 時事通信によると、25日午前6時ごろ、尖閣諸島において台湾の漁船団数十隻と巡視 …

runesasu003
ルネサス救済が正式決定。だが、早くもガバナンス不在の現実が露呈

 経営再建中の半導体大手ルネサスエレクトロニクスは10日、第三者割当増資を実施し …

irisoyama
TPPを見据えアイリスオーヤマが農業ビジネスに本格参入。流通改革の手本となるか?

 農業分野においてTPP(環太平洋パートナーシップ協定)締結後を見据えた動きが活 …