ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本のスマホ普及率予測が低いのは高齢化が原因?。それとも固定への過剰投資?

 

 日本のスマホ普及率が頭打ちになるという市場予測が話題となっている。米国の調査会社が発表した最新の予測によると、日本のスマホ普及率は現在5割を越えているが、思いのほか伸びず、2018年においても63%にとどまるという。高齢者の割合が高いことが主な理由と考えられるが、半ば国策として固定回線によるネット普及を進めてきたことの裏返しともいえる。

siniasumaho

 2018年時点においてアジア太平洋地域でもっともスマホが普及するのは韓国で、普及率は75.8%。次いでオーストラリアが71.5%、日本はその次となっている。ちなみに2014年時点の普及率は韓国が70.5%、オーストラリアが65.5%、日本が54.2%である。

 日本の普及率が思いのほか伸びない理由のひとつには高齢化があると考えられる。日本の65歳以上の人口比率は25%を超えているが、オーストラリアや韓国は13%程度となっており、日本よりは高齢化が進んでいない。
 中国も2018年時点での普及率が54%とそれほど高くない。中国は今後、日本以上のピッチで高齢化が進むことが予想されているが、2018年の段階ではそれほど高齢化の影響は大きくないと考えられる。中国の普及率が低いのは単にインフラ整備の問題だろう。

 もうひとつの背景として考えられるのは、固定回線の存在である。日本では早い時期から、NTTが事実上の国策として光ファイバーの整備を実施してきた。このため、固定回線のインフラが整っており、モバイルを使わなければならない利用者の絶対数が少ない可能性がある。

 この予測には米国の数字は入っていないが、米国は人口の増加が続いており、日本のような高齢化は起きない可能性が高い。このため、オーストラリアなどと同様、スマホ普及率は高くなると考えられる。
 問題は、基本的なITビジネスのルールが米国中心に決まっているという現実である。グローバルなITの仕様が、スマホ普及率が上昇する国を中心に決められることになると、日本は確実に後追いになってしまう。グローバルな競争を考えると、日本企業にとっては不利に働いてくるだろう。

 そもそも日本の固定回線インフラが充実しているのは、市場原理に基づいたものではなく、国策としてこれを推進したからである。国策のネット普及政策が逆にスマホ普及の足かせになっているのだとしたら、何とも皮肉な話である。

 日本では、東京オリンピック開催を控えて、Wi-Fi環境が貧弱であることが問題となっている。確かに、諸外国では都市部であればどこでもWi-Fiが使えるというところも多く、その感覚で日本に来ると少し驚くかもしれない。かつてのようにオールジャパンで今度は無線通信網の整備を国策として行うのか、スマホの普及率が低いことは問題視せず、現状のインフラを維持するのか、議論が必要かもしれない。

 - 経済, IT・科学 ,

  関連記事

gpif201306
年金運用改革の最終報告書まとまる。国内の景気対策に年金が利用される危険性も

 公的年金の運用改革を議論する政府の有識者会議は11月20日、国債を中心とした従 …

nichigin
資金循環統計を見れば、アベノミクスでお金がどう動いたのかが分かる

 日銀は2014年3月25日、2013年10~12月期の資金循環統計を発表した。 …

aso
麻生財務相が高橋是清の政策をモデルにと言及。その後の展開を知っての発言なのか?

 麻生財務相は2月3日、NHKの番組に出演し、デフレ対策として戦前の政治家である …

jinkousinzo
体内埋め込み型の人工心臓が仏で臨床試験開始。実用化できれば画期的

 フランスの医療器具メーカーであるCarmat社は2013年12月20日、体内埋 …

cyprus
地中海の小国キプロスでユーロ圏が事実上の財産没収を要求。なぜキプロスだけが?

 地中海の小国キプロスに激震が走った。ユーロ圏各国がキプロスに対する金融支援と引 …

kosakukiki
7~9月期GDPを占う7月の機械受注統計。結果はやはりいまひとつ

 内閣府は2014年9月10日、7月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

mikitani
アベノミクスの中核、産業競争力会議が早くも形骸化。骨格が議論されず各論ばかり

 安倍政権の成長戦略の要となる産業競争力会議が早くも機能不全を起こしつつある。我 …

hondajet
ホンダがジェット機の量産を開始。あえて選択したイノベーション路線は吉と出るか?

 ホンダの航空機事業子会社であるホンダエアクラフトカンパニーは2014年5月20 …

aso03
政権幹部から景気に対する慎重な見方が相次ぐ。消費増税の影響は予想より大きい?

 安倍政権幹部から、景気の先行きに対する慎重な発言が目立っている。甘利経財相が「 …

tppabe
TPPの影響試算を政府が公表。だが一般均衡モデルを使った試算にはほとんど意味がない

 政府は3月15日、安倍首相によるTPP参加表明を受けて、その経済効果に関する影 …