ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

概算要求への牽制?甘利氏が、社会保障費の自然増も聖域にすべきではないとコメント

 

 甘利経済財政相は2014年7月15日、来年度予算の概算要求に関し、社会保障費についても聖域にすべきではないとの考えを明らかにした。7月末には2015年度予算の概算要求基準が閣議了解され、8月からは具体的な予算折衝が始まる。甘利氏の発言は、概算要求基準の数字をにらんだものと考えられる。

amari

 毎年、政府の予算編成は7月に出される概算要求基準をもとに行われる。概算要求基準は、予算編成に先立って出される基本方針で、各省が要求する予算額の上限が示される。各省は原則として、概算要求基準の枠内で予算を要求することになる。

 予算の中には、政策の実施動向によって変動する支出と、年金や医療のように自動的に支出額が決まってくるものの2種類がある。社会保障費の多くは人口動態などで自動的に支出額が決まってしまうため、予算編成の際には、自然増として一定金額を前年度予算に上乗せするという方法が用いられる。

 甘利氏の発言はこの部分についても聖域にすべきではないということを意図したものだが、現実にこうした支出を削減することは難しい。社会保障費は、法律などで給付水準があらかじめ決定されていることが多く、各省にはこれを独断で削減する権限がないからである。

 甘利氏の発言は、こうした状況をふまえたものである可能性が高い。あらかじめ金額が決まっている社会保障費ですら聖域ではないのだから、他の経費はなおさらであるというロジックだ。

 4月からは消費増税が実施されており、今の政治的状況が続けば10%への増税も実施される可能性が高い。政府は、2020年に基礎的財政収支を2010年から半減させるという国際公約を掲げているが、この数値は消費税を10%にしても達成困難といわれている。財政当局にしてみれば、消費税の10%増税は財政再建の最低ラインにすぎない。

 日本政府の公約を達成するためには、ここからさらに歳出削減を本格化させていく必要があり、そのためには聖域といわれていた社会保障費についても手をつける必要が出てくる。
 甘利氏の発言は、短期的には7月に出される概算要求基準をできるだけ低く抑えるための牽制であり、長期的には、社会保障費について水準の抑制が必要であることのアナウンスということになる。

 かつては政府支出の削減に関して、総論としては賛成する声が多かったが、最近ではだいぶ様子が変わってきている。日本経済の多くが公共事業など官の支出に依存する構造となっており、政府支出を拡大すべきとの声すら聞こえてくる状況だ。財政再建に関する真剣な議論が始まるのは、金利が上昇し、利払い費が現実的に予算を圧迫するようになってからなのかもしれない。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

hakenmura
緊急経済対策に盛り込まれたのはわずか1件。非正規雇用問題は完全に忘れ去られた

 11日に正式決定された緊急経済対策には、大規模な公共事業や成長戦略など、目を引 …

nyse
世界景気の後退を受けて下落が続く米国株。焦点は原油安のもたらす影響

 米国株式市場の下落が続いている。10月9日のダウ平均株価は、前日比334ドル9 …

tennouheika02
天皇陛下が生前退位のご意向。皇室典範に関する速やかな議論が必要

 天皇陛下が「生前退位」の意向を示されていることが明らかとなった。現行の皇室典範 …

senkyo
選挙終了で違反者の逮捕が始まる。だが公職選挙法の内容はこんなに馬鹿げている

 総選挙が終了し、恒例の公職選挙法違反での逮捕が始まった。  大阪府警は20日、 …

beikokuoil
原油価格の暴落で反米産油国が大打撃。地政学上のバランスは激変か?

 原油価格の下落が止まらない。背景には米国のシェールガス革命という供給要因があり …

no image
決着が付いていない中国の政権争い。誰と誰が揉めているの?

 中国の次期政権をめぐるゴタゴタはまだ解決していないようだ。  党総書記に内定し …

shohishacho
消費者庁がTV通販会社に改善命令。横並びすら出来ないマスコミ各社のお粗末報道

 消費者庁は29日、健康食品「飲まなく茶」を販売しているネイチャーウェイ株式会社 …

obama201408
オバマ大統領が夏季休暇直前に、嫌々イラク空爆を決断

 オバマ政権はイラク北部のイスラム過激派に対する限定的な空爆に踏み切った。オバマ …

saieibun201601
台湾総統選挙で民進党が圧勝。議会も過半数となるのは分離以後初めて

 台湾で2016年1月16日、総統(大統領)選挙が行われ、野党・民進党の蔡英文主 …

abe201306
盛り上がりに欠ける参院選。与党内では選挙後の人事の話題で持ち切り

 7月4日に参院選が公示された。アベノミクスの評価、ねじれ解消、ネット選挙解禁な …