ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

概算要求への牽制?甘利氏が、社会保障費の自然増も聖域にすべきではないとコメント

 

 甘利経済財政相は2014年7月15日、来年度予算の概算要求に関し、社会保障費についても聖域にすべきではないとの考えを明らかにした。7月末には2015年度予算の概算要求基準が閣議了解され、8月からは具体的な予算折衝が始まる。甘利氏の発言は、概算要求基準の数字をにらんだものと考えられる。

amari

 毎年、政府の予算編成は7月に出される概算要求基準をもとに行われる。概算要求基準は、予算編成に先立って出される基本方針で、各省が要求する予算額の上限が示される。各省は原則として、概算要求基準の枠内で予算を要求することになる。

 予算の中には、政策の実施動向によって変動する支出と、年金や医療のように自動的に支出額が決まってくるものの2種類がある。社会保障費の多くは人口動態などで自動的に支出額が決まってしまうため、予算編成の際には、自然増として一定金額を前年度予算に上乗せするという方法が用いられる。

 甘利氏の発言はこの部分についても聖域にすべきではないということを意図したものだが、現実にこうした支出を削減することは難しい。社会保障費は、法律などで給付水準があらかじめ決定されていることが多く、各省にはこれを独断で削減する権限がないからである。

 甘利氏の発言は、こうした状況をふまえたものである可能性が高い。あらかじめ金額が決まっている社会保障費ですら聖域ではないのだから、他の経費はなおさらであるというロジックだ。

 4月からは消費増税が実施されており、今の政治的状況が続けば10%への増税も実施される可能性が高い。政府は、2020年に基礎的財政収支を2010年から半減させるという国際公約を掲げているが、この数値は消費税を10%にしても達成困難といわれている。財政当局にしてみれば、消費税の10%増税は財政再建の最低ラインにすぎない。

 日本政府の公約を達成するためには、ここからさらに歳出削減を本格化させていく必要があり、そのためには聖域といわれていた社会保障費についても手をつける必要が出てくる。
 甘利氏の発言は、短期的には7月に出される概算要求基準をできるだけ低く抑えるための牽制であり、長期的には、社会保障費について水準の抑制が必要であることのアナウンスということになる。

 かつては政府支出の削減に関して、総論としては賛成する声が多かったが、最近ではだいぶ様子が変わってきている。日本経済の多くが公共事業など官の支出に依存する構造となっており、政府支出を拡大すべきとの声すら聞こえてくる状況だ。財政再建に関する真剣な議論が始まるのは、金利が上昇し、利払い費が現実的に予算を圧迫するようになってからなのかもしれない。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

gpif201306
公的年金の運用方針見直し。ホンネは国債価格下落への対処

 公的年金の運用改革を議論する政府の有識者会議は9月26日、11月の最終報告に向 …

euhonbu00
EUが中国製太陽光パネルに反ダンピング関税。保護主義への観測気球との見方も

 欧州連合(EU)の欧州委員会は5月8日、中国が欧州に太陽光パネルを不当に安く輸 …

joyou
LIXILグループの中国子会社破たん。積極的な海外M&Aはリスクなのか?

 LIXILグループが、海外子会社の破たんによって大幅な減益に追い込まれる見通し …

masuzoe
舛添知事の豪華旅行に批判殺到。だが公務員の厚遇は国民が求めてきた結果ともいえる

 舛添要一東京都知事の高すぎる海外出張経費が問題視されている。ファーストクラス利 …

joseikatuyaku
政府が1億総活躍社会における経済効果を試算。個人消費は13.7兆増えるとしているが・・・

 政府は2016年4月18日、一億総活躍社会を目指す取り組みが実現した場合の経済 …

toshiba03
もはや制御不能。東芝が米国原子力事業で再び巨額損失。債務超過の可能性も

 経営再建中の東芝は2016年12月27日、米国原子力事業において数千億円規模の …

baxter2
あなたの仕事は大丈夫か?ロボットに置き換わる仕事リストの衝撃!

 どのような職種がロボットに置き換わるのかを予想したオックスフォード大学の研究レ …

graph
金融機関が金利上昇に備えを開始。だが水面下ではもっと深刻な事態が進行中

 アベノミクスによる円安が進展したことで、金利上昇の可能性が現実化してきた。実際 …

tennouheika
生前退位のご意向を政府関係者が否定。日本の民主主義が問われる局面に

 天皇陛下が生前退位の意向を示されたことに関して、政府関係者がこれを否定するとい …

yota
ロシア企業が両面にディスプレイのある奇妙なスマホを開発。ロシア躍進の兆候か?

 ロシアの企業であるヨタ・デバイスが両面にディスプレイを備えた奇妙なスマートホン …