ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

インテルはもはやGEのような会社。第2四半期決算ではっきりした今後の方向性

 

 半導体世界最大手の米インテルは2014年7月15日、2014年4~6月期の決算を発表した。売上高は前年同期比7.9%増の138億3100万ドル(約1兆3960億円)、純利益は前年同期比39.8%増の27億9600万ドル(約2820億円)と大幅な増収増益となった。

intelbaytrail

 同社はかつてパソコン向けのMPU市場で独占的な地位を占め、IT業界のリーダー的存在であった。だが、最近はパソコンからスマホへのシフトに乗り遅れ、市場での影響力を失いつつある。
 同社のようなオールドIT企業は、スマホの分野でも引き続き高いシェアを維持する道を選択するのか、クラウドやエンタープライズ向けのマーケットに特化するのか、選択を迫られている。

 パソコン向け製品の売上高は、前年同期比で6%増の87億ドル、サーバーなどクラウド向けは19%増の35億ドルと好調な伸びを見せる一方、スマホ向けは83%もの大幅減となった。
 スマホ向けの事業は、このところ前年割れが続いており、そろそろ事業の継続が難しくなりつつある。スマホ・シフトに伴いクラウドの需要はこれからも大幅な伸びが期待できることから、同社はこの分野に特化した方が得策だろう。

 同社が今後の成長分野として注力しているのは「インターネット・オブ・シングス(IoT)」である。これはウェアラブル端末やスマートメーターなど、ネットに接続することを前提にした機器類である。売上高は前年同月比24%増と好調だ。絶対額はまだ5億4000万ドルと少ないが、あらゆる工業製品が対象となる可能性があり、有望な市場といえる。

 今回の決算によって、今後、同社が進むべき道は、ほぼ見えてきたといってよい。スマホなど新世代コンシューマ市場からは撤退し、同社が得意するとコーポレートや工業分野に特化すれば、今後も高い成長を期待できるはずである。インテルは、米国の重厚長大産業を代表する企業GE(ゼネラル・エレクトリック)のような存在になりつつある。

 - 経済, IT・科学 ,

  関連記事

akiya
低所得者の住居支援に空き家を活用。成熟国家としては正しい方向性

 国土交通省は高齢化の進展によって公営住宅が足りなくなることから、空き家を活用す …

tokyotower02
世界観光ランキングで日本の順位が急上昇。要因は評価項目の入れ替え

 世界経済フォーラムは2015年5月6日、2015年の旅行・観光競争力ランキング …

kuukikan
中国の富豪が大気汚染に抗議?して空気の缶詰を販売。シニカルな戦略が意味するもの

 連日、深刻な大気汚染が続いている北京でユニークな商品が販売され話題となっている …

no image
2年連続で過去最大の貿易赤字を更新。日本がインフレになるのはいつか?

 財務省は22日、2012年度上半期(4月~9月)の貿易統計を発表した。それによ …

seichousenryaku201406
新成長戦略の骨子が明らかに。従来とはうって変わって構造改革的な要素が前面に

 政府の産業競争力会議は2014年6月10日、今月下旬に閣議決定が予定されている …

dell
デルがMBOで非公開化。背景には投資家の米株に対する強気姿勢がある

 米コンピューター大手のデルは5日、創業者のマイケル・デル氏などが「MBO」(経 …

imf201410
IMFが世界経済見通しを発表。欧州が完全失速、日本は大幅引き下げ

 IMF(国際通貨基金)は2014年10月7日、世界経済見通しを発表した。201 …

yamamotoitiro
著名ブロガーが海外ヘッジファンド積立サービスの会社に公開質問状

 著名ブロガーの山本一郎氏は3月7日、海外ヘッジファンドに対する積立サービス「い …

kousakukiki
7~9月期の設備投資の見通しはいまひとつ。10%増税の判断はいかに?

 内閣府は2014年8月14日、6月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

kanntei
政府が2013年度のGDP見通しを上方修正。だが物価目標をめぐる政策の矛盾が露呈

 政府は28日に開催された臨時閣議で、2012~13年度の経済成長率見通しを正式 …