ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

新興5カ国がBRICS開発銀行と外貨準備基金の設立で合意。世銀とIMFに対抗

 

 インドや中国など新興5カ国(BRICS)は2014年7月15日、ブラジルで首脳会議を開き、BRICS開発銀行と外貨準備基金の創設で合意した。世界銀行やIMF(国際通貨基金)という欧米先進国主導の国際金融体制に対抗する狙いがあるが、この枠組みがうまく機能するのかはまだ何ともいえない。

brics2014

 BRICS開発銀行の資本金は500億ドル(約5兆円)で、各国が100億ドルずつ拠出する。将来は1000億ドルに拡大する予定。本部は中国・上海に置き、初代総裁はインドから選ぶ。外貨準備基金は1000億ドルの規模で、中国が410億ドル、インド、ロシア、ブラジルが180億ドル、南アフリカが50億ドルを拠出する。

 BRICS開発銀行と外貨準備基金の関係は、世界銀行とIMFの関係に似たようなものになると考えられる。設立当初、世界銀行は第二次大戦後の復興と途上国開発を、IMFは金融危機が発生した際の短期的な資金供給を主な役割としていた。
 だが戦後復興が終了したことや、国際的な金融マーケットの整備が進んだことで、世界銀行は途上国援助に特化するようになり、IMFも勧告や提言などを行う機関としてのニュアンスを強めることになった。

 その意味では、新しいBRICS開発銀行と外貨準備基金がどこまで独自色を出せるのかは、現時点では未知数といえる。ただ、新興国の経済成長の鈍化と米国経済の復活によって、新興国からはドル資金が米国に逆流しやすい環境にある。新興国の脆弱な金融マーケットを補完するという点では、国際金融システムの安定化に寄与する可能性は高い。

 開発援助という部分では、やはり中国の動向が気になるところだ。世界銀行とIMFは、国際機関ではあるが、覇権国家である米国の意向を強く受けて動いてきた。中国は、当然のことながら、この新しい枠組みを使って、新興国に対する影響力を強めてくるだろう。また欧米各国との交渉材料に用いてくる可能性が高い。

 ただ中国とは複雑な関係にあるインドやロシアが、中国主導での新興国援助に難色を示す可能性があり、運営は一筋縄ではいかないだろう。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

abekenpo
安倍政権が世論最優先のスタンスに転換。党内の力学バランスに変化か?

 与党内の力学関係に変化の兆しが出てきた。安倍首相が現行の憲法9条を残した形での …

abekenpou
安倍首相が集団的自衛権の議論再開を表明。改憲論者にはむしろ逆風?

 安倍内閣の長期政権化が見えてきたことで、集団的自衛権に関する議論が本格化しつつ …

abewomen
安倍首相が経済界に女性登用を要請。女性の社会進出は経済成長を実現するのか?

 安倍首相は4月19日、日本記者クラブで講演し、自身が提唱する成長戦略について説 …

baku
中国人作家のノーベル文学賞受賞は、いわゆるバーター取引

 スウェーデン・アカデミーは11日、中国の作家、莫言氏にノーベル文学賞を授与する …

no image
元外交官の佐藤優氏がはからずも明らかにした外務官僚の驚くべき怠慢

 野田首相が突然解散を決定したことで、日本外交に混乱が生じている。  日本とロシ …

keizaizaisehakusho2013
アベノミクスへの踏み絵?経済財政白書は竹中平蔵氏も真っ青の新自由主義的内容

 甘利経済財政相が7月23日の閣議に提出した平成25年度「年次経済財政報告(経済 …

nyse03
絶好調な経済を背景に米国株への関心が高まる。だが本当に落とし穴はないのか?

 投資家の間で、米国株に対する関心が急速に高まっている。米FRB(連邦準備制度理 …

presskiki
企業はまだまだ設備投資に慎重。アベノミクスも最後は米国頼み?

 昨年末から円安と株高が進み、国内の景気見通しも徐々に改善してきているが、企業は …

honkon
フィリピン人メイドの永住権訴訟で、香港と中国の関係性が再び議論の俎上に

 香港でメイドとして働く外国人労働者に永住権を付与しないとした香港の司法判断が、 …

runesasu002
従業員はゴミ?母体3社と産業革新機構でルネサス従業員を押し付け合い

 半導体大手ルネサスエレクトロニクスの経営再建をめぐって、外資ファンドを押しのけ …