ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国が南シナ海での石油掘削装置を撤去。中国の態度軟化は一時的の見方

 

 中国が南シナ海に設置を強行し、アジア太平洋地域に緊張をもたらす原因になっていた石油掘削装置が撤収された。装置の設置に激しく反発していたベトナムとの対立はとりあえず緩和されることになるが、中国がこの地域において融和的な姿勢に転じたのかは不明だ。

chinaoillig

 中国政府は2014年7月16日、南シナ海の西沙諸島における資源探査活動を終了したと発表した。ベトナム政府も採掘装置の撤収が行われたことを確認している。現在、掘削装置はベトナムが主張する排他的経済水域の外に移動している。

 先月は中国の外交トップである楊潔チ国務委員がベトナムを訪問し、「西沙諸島は中国固有の領土であり、中国は主権と海洋権益を維持するために必要な措置を講じていく」と発言していた。強行な発言の後に突然態度を軟化させた背景には、米国との関係を指摘する声がある。

  今月、米中両国は、安全保障問題や経済問題について話し合う6回目の米中戦略・経済対話を行った。今回の交渉では、米国のケリー国務長官が、「あらたな大国関係が明確に定義されたわけではない」と発言するなど、アジア太平洋地域における米中の役割分担について、両国のスレ違いが目立った。

 米国は、中国が東シナ海で防空識別圏を突然設定したことや、南シナ海において周辺諸国との緊張関係を高めていることについて懸念を表明している。米中戦略対話でも当然、この話題は議論されており、中国側が米国側の意向を受けて態度を軟化させた可能性は高い。

 ただ、このことが恒久的な中国の外交姿勢の変更にはつながらないとの見方が大半だ。掘削作業を行っていた中国石油天然気集団(CNPC)は、得られたデータを元に、この海域で商業的な石油採掘が可能であるかを検討している。もし商業的な採掘が可能と判断されれば、中国は再び、採掘装置を建設する可能性が高い。

 というよりも、中国当局が外交上必要と判断すれば、採算のレベルに関わらず、本格的な採掘を実施することになる。今回の掘削装置の撤収は、採掘企業によるデータの分析をタテマエにした、外交上の時間稼ぎということになる。少なくとも、当面の間は、中国は態度を軟化させ、周辺国や米国の出方を探ることになるだろう。

 - 政治 , ,

  関連記事

amazondorone
民泊にドローン宅配。規制緩和は特区限定で、なぜか外資系企業ばかり

 政府は、国家戦略特区において小型無人機ドローンによる宅配を認める方針を固めた。 …

chinajojohaisi
中国で中央政府直系の国有企業初が初の上場廃止

 中国の上海証券取引所に上場していた中国の国有企業「中国長江航運集団南京油運」が …

touchou
フランスで政府要人の盗聴対策が効果を上げていない本当の理由とは?

 フランスで閣僚など政府要人のセキュリティ対策が効果を上げていないことが問題視さ …

no image
個人情報の取り扱いを緩和。一定ルール下で売買も可能に

 政府は30日の閣議において、企業や病院などが保有する個人の取り扱いを緩和するこ …

shukinpeibaeikyu
中台首脳が66年ぶりの歴史的会談へ。だが台湾総統選挙には逆効果?

 中国の習近平国家主席と台湾の馬英九総統が2015年11月7日、シンガポールで会 …

whitecolorexe
残業代ゼロ政策の導入が現実味。職種限定だが、年収制限はなくなる可能性も

 労働時間に関わらず賃金を一定にする、いわゆる残業代ゼロ政策の導入が現実味を帯び …

tennoheika04
天皇陛下による生前退位のご意向表明がここまで遅れた理由

 天皇陛下は2016年8月8日午後3時、ビデオメッセージで「お気持ち」を表明する …

takusin
タイの上院がタクシン元首相の恩赦を否決。帰国は困難になり官僚勢力が増大へ

 2006年のクーデターで失脚し、現在亡命中であるタイのタクシン元首相を帰国させ …

abekaiken
成長戦略の目玉である産業競争力強化法案は、規制緩和に関する規制を強化する法案?

 安倍政権は、秋の臨時国会において成長戦略の目玉とされる「産業競争力強化法案」を …

virgin
英ヴァージン社が宇宙船のテスト飛行に成功。真の狙いは宇宙開発事業の請負?

 英ヴァージン・グループ傘下の宇宙旅行会社「ヴァージン・ギャラクティック」は4月 …