ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国が南シナ海での石油掘削装置を撤去。中国の態度軟化は一時的の見方

 

 中国が南シナ海に設置を強行し、アジア太平洋地域に緊張をもたらす原因になっていた石油掘削装置が撤収された。装置の設置に激しく反発していたベトナムとの対立はとりあえず緩和されることになるが、中国がこの地域において融和的な姿勢に転じたのかは不明だ。

chinaoillig

 中国政府は2014年7月16日、南シナ海の西沙諸島における資源探査活動を終了したと発表した。ベトナム政府も採掘装置の撤収が行われたことを確認している。現在、掘削装置はベトナムが主張する排他的経済水域の外に移動している。

 先月は中国の外交トップである楊潔チ国務委員がベトナムを訪問し、「西沙諸島は中国固有の領土であり、中国は主権と海洋権益を維持するために必要な措置を講じていく」と発言していた。強行な発言の後に突然態度を軟化させた背景には、米国との関係を指摘する声がある。

  今月、米中両国は、安全保障問題や経済問題について話し合う6回目の米中戦略・経済対話を行った。今回の交渉では、米国のケリー国務長官が、「あらたな大国関係が明確に定義されたわけではない」と発言するなど、アジア太平洋地域における米中の役割分担について、両国のスレ違いが目立った。

 米国は、中国が東シナ海で防空識別圏を突然設定したことや、南シナ海において周辺諸国との緊張関係を高めていることについて懸念を表明している。米中戦略対話でも当然、この話題は議論されており、中国側が米国側の意向を受けて態度を軟化させた可能性は高い。

 ただ、このことが恒久的な中国の外交姿勢の変更にはつながらないとの見方が大半だ。掘削作業を行っていた中国石油天然気集団(CNPC)は、得られたデータを元に、この海域で商業的な石油採掘が可能であるかを検討している。もし商業的な採掘が可能と判断されれば、中国は再び、採掘装置を建設する可能性が高い。

 というよりも、中国当局が外交上必要と判断すれば、採算のレベルに関わらず、本格的な採掘を実施することになる。今回の掘削装置の撤収は、採掘企業によるデータの分析をタテマエにした、外交上の時間稼ぎということになる。少なくとも、当面の間は、中国は態度を軟化させ、周辺国や米国の出方を探ることになるだろう。

 - 政治 , ,

  関連記事

abesaninsen
自民圧勝が逆に制約?TPPなど規制緩和を前に「族議員」の動きはどうなるか?

 参院選で自民党が圧勝したことで、規制緩和などに対する利益団体の動きに注目が集ま …

g20wasinton
G20が閉幕。隠れた主要議題アジアインフラ投資銀行については言及なし

 日米欧と新興国の20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は2015年4 …

syriakubaku201409
米国がシリアで空爆を開始。とりあえず中東各国の協力を取り付けた形に

 米国防総省は2014年9月23日、米軍がイラクに続いて隣国のシリアでも空爆を開 …

no image
韓国の家計部門が危機的水準に突入と海外メディアが報道

 韓国の家計債務の可処分所得比率が危機的レベルに近づきつつあるといくつかの海外メ …

hatoyama
宇宙人パワーも衰弱?鳩山元首相が絶体絶命の大ピンチ

 民主党執行部の方針に反対している鳩山元首相が崖っぷちに立たされている。  鳩山 …

zaiseishuusi
骨太の方針に歳出上限を盛り込まない公算。市場はこれをどう受け止めるか?

 政府は今月末に経済財政運営の基本指針「骨太の方針」の閣議決定を予定しているが、 …

ieren
バーナンキFRB議長の後任はイエレン副総裁が有力。市場関係者も歓迎か?

 2期目を迎えるオバマ政権の主要閣僚がほぼ出揃ってきたことで、来年1月に任期を迎 …

orand
仏オランド大統領が掲げる反企業政策が早くも行き詰まり

 フランスのオランド大統領が掲げる「反企業政策」がはやくも行き詰まりつつある。 …

orandojoyu
オランド仏大統領の女優密会報道から考える、権力者に対するタブーと民主主義

 フランスの芸能誌がオランド大統領と女優ジュリー・ガイエさんとの密会写真を掲載し …

sangyoukyousouyrokukaigi
産業競争力会議が初会合。だが官僚主導で従来型の陳腐な内容に終始する可能性大

 政府は23日、日本経済再生本部の下部組織となる産業競争力会議の初会合を開いた。 …