ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国が南シナ海での石油掘削装置を撤去。中国の態度軟化は一時的の見方

 

 中国が南シナ海に設置を強行し、アジア太平洋地域に緊張をもたらす原因になっていた石油掘削装置が撤収された。装置の設置に激しく反発していたベトナムとの対立はとりあえず緩和されることになるが、中国がこの地域において融和的な姿勢に転じたのかは不明だ。

chinaoillig

 中国政府は2014年7月16日、南シナ海の西沙諸島における資源探査活動を終了したと発表した。ベトナム政府も採掘装置の撤収が行われたことを確認している。現在、掘削装置はベトナムが主張する排他的経済水域の外に移動している。

 先月は中国の外交トップである楊潔チ国務委員がベトナムを訪問し、「西沙諸島は中国固有の領土であり、中国は主権と海洋権益を維持するために必要な措置を講じていく」と発言していた。強行な発言の後に突然態度を軟化させた背景には、米国との関係を指摘する声がある。

  今月、米中両国は、安全保障問題や経済問題について話し合う6回目の米中戦略・経済対話を行った。今回の交渉では、米国のケリー国務長官が、「あらたな大国関係が明確に定義されたわけではない」と発言するなど、アジア太平洋地域における米中の役割分担について、両国のスレ違いが目立った。

 米国は、中国が東シナ海で防空識別圏を突然設定したことや、南シナ海において周辺諸国との緊張関係を高めていることについて懸念を表明している。米中戦略対話でも当然、この話題は議論されており、中国側が米国側の意向を受けて態度を軟化させた可能性は高い。

 ただ、このことが恒久的な中国の外交姿勢の変更にはつながらないとの見方が大半だ。掘削作業を行っていた中国石油天然気集団(CNPC)は、得られたデータを元に、この海域で商業的な石油採掘が可能であるかを検討している。もし商業的な採掘が可能と判断されれば、中国は再び、採掘装置を建設する可能性が高い。

 というよりも、中国当局が外交上必要と判断すれば、採算のレベルに関わらず、本格的な採掘を実施することになる。今回の掘削装置の撤収は、採掘企業によるデータの分析をタテマエにした、外交上の時間稼ぎということになる。少なくとも、当面の間は、中国は態度を軟化させ、周辺国や米国の出方を探ることになるだろう。

 - 政治 , ,

  関連記事

kourousho
「呪われた法案」との声も。心機一転、再提出した派遣法改正案が再び先送り?

 今国会の目玉法案のひとつで、派遣労働者の受け入れ期間の上限を撤廃する労働者派遣 …

koreishasisetu
日本創生会議が首都圏高齢者の地方移住を提言。その現実性は?

 民間有識者でつくる日本創成会議(座長・増田寛也元総務相)は2015年6月4日、 …

no image
深刻化する欧州の失業率。その中にあってオーストリアに失業者がいないワケとは?

 欧州の雇用がさらに深刻な状況になっている。フランス政府は27日、完全失業者が1 …

3SHA03
フランス政府がネット企業が保有するビックデータに課税を検討。だが実現は懐疑的?

 フランス財務省は、GoogleやAmazonなどグローバルに展開する米国のネッ …

globalhawk
米国が韓国に対して無人偵察機販売を決定。だが2倍の価格を吹っかけ韓国側は困惑

 米国防総省は21日、無人偵察機グローバルホークを韓国に販売すると米議会に報告し …

abe20140213
「改憲論者」安倍首相の憲法解釈見直し論に対し、党内「改憲論者」から反発の声

 安倍首相の集団的自衛権行使に関する憲法解釈見直しについて、与党内部から批判の声 …

kyuryo
経団連がベア容認に方向転換。安倍政権との関係改善を優先か?

 大企業を中心にベースアップを容認する動きが顕著になってきた。基本的には安倍政権 …

trumpusa
トランプ政権の経済閣僚が固まる。かつての対日貿易交渉がそのまま中国版にシフト?

 トランプ次期政権の経済チームの顔ぶれがほぼ固まった。対中強硬派の人物が多く、中 …

titan
もはや紅白歌合戦?戦争の遺物となった研究所同士が争うスパコン計算速度

 世界のスーパーコンピューター性能ランキングが発表され、前回2位だった理化学研究 …

mof02
2014年度予算編成作業が大詰め。焦点は税収上振れ分の取り扱い

 2014年度予算の編成作業が大詰めを迎えている。自民党への政権交代によって、大 …