ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ミャンマーでタイのタクシン元首相の暗殺計画が浮上。タイと日本の共通点を考える

 

 ミャンマーへ訪問する予定だった亡命中のタイのタクシン元首相は6日、ミャンマーでの暗殺計画が懸念されるとして、ミャンマーへの訪問日程を急遽変更した。タイとの国境付近でタイの支持者と会う予定だったが、ミャンマーのテイン・セイン大統領との会談のみを行い、ミャンマーを離れるという。

 タクシン元首相は、前政権のアピシット首相との権力闘争に敗れ、首相の座を追われた。帰国すれば汚職の罪で逮捕される状況にあり、現在は英国に亡命している。
 現政権のインラック首相(かなりの美女)はタクシン氏の妹だが、国内の敵対勢力の影響が強く、帰国を実現できていない。

 タイの政治構造は日本とよく似ている。アピシット氏が所属するタイ民主党は、官僚や軍、政府に近い大企業を中心にしたいわゆる既得権益エリート層が主な支持基盤。タイも官僚の権力が強い国なのである。
 これに対してインラック首相やタクシン氏が率いるタイ貢献党は、地方の低所得者層が支持基盤となっている。タクシン氏は警察官僚をやめ、事業を興して億万長者になったカリスマであり、地方の庶民からの絶大な支持がある。

 タクシン政権による改革は、官僚と政府系の大企業の特権に切り込む、いわば構造改革であり、既得権益層が猛反発している。タクシン氏が汚職の罪で帰国できない事情にはこのような背景がある。反タクシン派としては、何としてもタクシン氏を排除したいと考えており、今回の暗殺計画もこの延長戦上にある。

 もっとも実際に暗殺計画を立てていたのか、タクシン側が被害者であることをアピールするために自作自演したのか真実は明らかではない。
 いずれにせよ、タイの政治動向は、強大な官僚機構と国民の対立構造が鮮明化しつつある日本の政治動向を考える上でも非常に参考になる。今後もタクシン氏の動向には要注目である。

 - 政治, 社会

  関連記事

korea
韓国で個人負債増加が政策課題に急浮上。日本も他人事ではないかもしれない

 以前から家計の負債増加が指摘されていた韓国で、この問題が政策的な重要課題に浮上 …

netaniyafu
イスラエルがシリアを空爆。オバマ政権二期目を前に、ネタニヤフ首相が先制パンチ

 シリアの国営通信は1月30日、同国の首都ダマスカス近郊にある軍の科学研究施設が …

jinmingen
人民元のロンドン直取引を通じて英中が急接近。チベット問題は完全に封印?

 英国のキャメロン首相がチベットのダライ・ラマ14世と会談して以来冷え込んでいた …

no image
英国の独立委員会がマスコミの自主規制を勧告。自主規制だらけの日本とは正反対

 タブロイド紙による有名人への電話盗聴事件をきっかけに英政府が立ち上げた独立調査 …

no image
反日デモはまるで「文化大革命」や「義和団の乱」。当局は反政府運動への転換を危惧

 中国の公安当局が事態の沈静化を図るため、反日デモを押さえ込む方針に転換し始めて …

hagel
次期国防長官のヘーゲル氏。議会の公聴会で中国への懸念を示すもホンネは別?

 米オバマ大統領が次期米国防長官に指名している共和党のヘーゲル元上院議員に関する …

bankofhina
中国当局が国営放送を使って中国銀行の海外送金サービスを糾弾している背景

 中国の国営放送局である中国中央テレビ(CCTV)が、中国有数の銀行である中国銀 …

abe
安倍総裁が国債の日銀引き受けに言及。市場は完全に「円安」を織り込み始めた

 自民党の安倍晋三総裁が、とうとう日銀による国債直接引き受けに言及した。安倍氏は …

cameron
英国のEU離脱論に米国が懸念を表明。キャメロン首相は苦しい立場に

 EUからの離脱論が高まっている英国に対して、EUと米国が懸念を表明している。  …

Observationisland
北朝鮮のミサイル発射予告。情報収集はどんな体制で行われているのか?

 北朝鮮がミサイル発射を予告していることを受けて、米軍や自衛隊では準備が進んでい …