ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

子供の貧困が深刻化。根本原因には日本における市場メカニズムの不備がある?

 

 子供の貧困がより深刻化している。厚生労働省がまとめた2013年国民生活基礎調査によると、2012年における子供の貧困率は16.3%で過去最高となった。1985年には10%程度だったので、1.5倍に拡大していることになる。

kodomohinkon 子供の貧困率は、平均的な所得の半分を下回る世帯で暮らす18歳未満の子供の割合を示す数値。この数字は調査のたびごとに上昇しており、厳しい環境で育つ子供が年々増加していることがわかる。

 子供の貧困率が上昇してきた最大の原因は、シングルマザーの増加と考えられる。日本では女性の就労機会は限定されており、女性は正社員として働きにくい環境にある。男性の非正規社員の割合は20%程度だが、女性は50%超とかなり高い。
 正社員と非正規社員には圧倒的な給与格差があるのが現実であり、一般的に非正規社員の収入だけで十分に生活を成り立たせることは難しい。離婚を期に就労した女性は非正規社員であることが多く、その結果、十分な収入が確保できない状態になっていると考えられる。

 こうした状況について自己責任であるという声も一部にはあるが、日本における女性の労働市場は尋常な状態ではない。OECDの調査によると、日本における仕事がない一人親世帯(多くがシングルマザーと考えられる)の貧困率は50.4%なのだが、仕事がある一人親世帯の貧困率もやはり50.9%とほとんど変わらない。これは日本にだけ見られる特徴的な傾向である。

 仕事に就いていても貧困水準以下の収入しか得られないというのは、搾取や暴力が横行する途上国ならまだしも、市場メカニズムが整備された先進国ではあってはならない事態である。日本では、市場メカニズムがまともに機能しておらず、セーフティネットの仕組みも硬直化していることが推察される。

 子供の場合、育つ家庭を自主的に選択することができない。一定水準以上の教育を受ける権利というのは、先進国においては基本的人権のひとつと考えてよいものだが、子供の貧困の放置はこうした権利を侵害する可能性がある。貧困家庭に対する支援はもちろん重要だが、それ以上に、こうした家庭で育つ子供に対するケアが必要である。

 中長期的な視点では、適性賃金が市場メカニズムで決定されないという、日本経済の制度疲労を改善しなければ、根本的な問題解決にはならないだろう。賃金の問題は経済の問題そのものである。賃金が適性に決まらない国の経済が、持続的に成長することなど、あり得ないと考えるべきである。

 - 社会, 経済 ,

  関連記事

dna
ゲノム研究の進展が切り開く?病気に対する総合的アプローチ

 ゲノム関連の研究が進んでいることで、病気に対する新しいアプローチ方法が見え始め …

chipurasueu
ギリシャが一転、EUが提示した緊縮策を丸飲み。ドイツがそれでも支援に否定的な理由

 債務危機となっているギリシャ支援を話し合うユーロ圏財務相会合が2015年7月1 …

nichigin03
日銀が保有する国債は政府債務から切り離せるのか?

 日銀の量的緩和策の是非や政府債務をめぐる論争が活発になってきている。きっかけは …

global01
相次ぐ海外大型買収は日本経済に大きなメリットをもたらす

 ソフトバンクによる米スプリント社の買収やサントリーによる米ビーム社の買収など、 …

rojinkaigo
認知症JR事故、家族には賠償責任はないとの最高裁判決。ようやく当たり前の社会に

 認知症の高齢者が列車にはねられ、鉄道会社に損害を与えた場合における家族の賠償責 …

genkintorihiki
銀行取引にさらに煩雑な確認作業が必要に。だが肝心の犯罪防止効果には疑問の声も

 犯罪収益移転防止法(犯罪による収益の移転防止に関する法律)が一部改正されるのに …

kosakukiki
円安なのになぜ?工作機械受注が1月に入って激減の謎

 アベノミクスによる円安で製造業の業績回復が期待される中、足元ではそれに水をさす …

ibmwatson
人工知能の事業化が本格的にスタート。日本がこの分野で不利である最大の理由

 人工知能の事業化が急ピッチで進みそうな状況になってきた。米IBMは2014年1 …

keri
米国人はバカになる権利がある!ケリー国務長官が世界に突き付ける本質的テーマ

 欧州を歴訪中のケリー米国務長官が訪問先のドイツで行った講演が、ちょっとした話題 …

softbankgacho
ソフトバンクが純利益1兆円超え。TモバイルUSも再度買収が可能に?

 ソフトバンクの純利益が1兆円を超えた。投資先の売却益が加算された結果だが、何と …