ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

グーグルの4~6月期決算。クリック数、単価ともに安定的に推移

 

 ネット検索大手米グーグルは2014年7月17日、2014年4~6月期の決算を発表した。前四半期の決算では売上高がマイナスになるなど、失速の兆しが出ていた。今期は前期比でわずかにプラスになり、広告単価も下げ止まっていることが確認された。市場では安心感が広がっている。

 google2014 売上高は、前年同期比21.7%増の159億5500万ドル(約1兆6100億円)、純利益は6%増の34億2200万ドル(約3460億円)だった。広告のクリック数は、前年同月比で25%増、前期比では2%増となった。クリック単価は、前年同期比では6%のマイナスだったが、前期比では同水準を維持している。

 同社のビジネスは基本的に広告のクリック数とクリック単価に依存する。2011年後半からクリック数の急増とクリック単価の下落が始まったが、これはスマホ市場の拡大と大きく関係している。

 これまでは、クリック数の増加ペースがクリック単価の下落ペースを上回っていたので、同社は増収増益を続けることができたが、前四半期はクリック数の伸び悩みが顕著になっていた。ここでクリック単価の下落が止まらないと、同社の収益は低迷することになってしまう。

 今期は、クリック数、広告単価ともにほぼ横ばいとなり、大きな動きはなかった。スマホ市場もそろそろ頭打ちであることを考えると、当面、同社の収益は安定的に推移する可能性が高くなってきた。

 同社は車の自動運転などロボットの開発を急ピッチで進めている。こうしたビジネスに広告がどのように実装されてくるのか現時点では判断がつかないが、同社の収益に関して次のブレークスルーがあるとすると、こうした新規事業の登場後ということになるだろう。

 - 経済, IT・科学 , , ,

  関連記事

sinreiauto
セブン-イレブンが店内レイアウトの全面刷新に乗り出した背景

 コンビニ最大手のセブン-イレブンが店舗レイアウトの全面刷新に乗り出した。背景に …

panasanyo
三洋電機が完全消滅へ。ところで三洋はもともとパナソニックだって知ってました?

 パナソニックは2011年に戦略的買収を実施した三洋電機を事実上解体する。日本経 …

usakoyoutoukei201605
衝撃の米雇用統計。だが、もっとも影響が大きいのは米国ではなく日本経済

 米労働省は2016年6月3日、5月の雇用統計を発表した。代表的な指標である非農 …

contena03
日中韓FTA交渉がスタート。だが日本に続き韓国もTPP参加に傾いており状況は微妙

 日本、中国、韓国の3カ国は3月26日、韓国のソウルで自由貿易協定(FTA)締結 …

chinaenergy
中国が南シナ海での資源開発をあらためて強調。中国が譲歩できないその背景

 中国政府は、フィリピンなどとの領有権問題が発生している南シナ海領域について、中 …

koutaishidenka
歴史は繰り返す!皇太子さまへの退位要求と転落の昭和史の類似性

 月刊誌新潮45に掲載された皇太子さまに退位を迫る論文が波紋を呼んでいる。論文を …

tosho05
個人投資家向けの優遇税制(日本版ISA)が前途多難な状況

 小口の個人投資家向け優遇税制である日本版ISA(少額上場株式等に係る配当所得及 …

wall
米司法当局が金融機関を次々に提訴。民主党系のNY州司法長官はヤル気マンマン

 米国の司法当局が、サブプライム・ローンに絡んで、相次いで金融機関を提訴している …

no image
中国漁船団襲来で注目を浴びる、AIS(船舶位置情報システム)界のGoogleは中国企業

 尖閣諸島問題における日中対立である中国企業がちょっとした話題になっている。   …

communityshop
英国で社会起業家が、低所得者向け「ソーシャル・スーパーマーケット」を開店

 英国では初めてとなる「ソーシャル・スーパーマーケット」の開店が話題を呼んでいる …