ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

マネーゲームの末、高級スーパー成城石井はローソンへ。相乗効果は未知数

 

 コンビニ大手のローソンが、首都圏を中心に高級スーパーを展開する成城石井を買収する。現在、同社を保有する投資ファンド「丸の内キャピタル」と詰めの交渉を行っており、近く最終決定される予定。

seijouishii

 成城石井は、その名前が示すように、東京・世田谷の高級住宅地・成城からスタートした高級スーパー。現在は富裕層エリアだけでなく、駅構内などにも出店エリアを広げており、すでに120店舗を構えるまでになっている。
 大衆路線への転換で、かつての高級イメージはだいぶ薄れているが、それでも成城石井のブランド力は健在であり、そうであるが故に、同社は恰好のマネーゲームの対象となってきた。

 2004年に焼き肉チェーンの「牛角」で知られるレックス・ホールディングスが65億円で買収した。レックスはコンビニ・チェーンであるエーエム・ピーエム・ジャパンも買収しており、高級スーパーとコンビニの相乗効果を狙う戦略を描いていた。

 だがレックスは、突如経営方針を転換、牛角に資源を集中することになり、成城石井は三菱商事系の丸の内キャピタルに売却されることになった。推定の買収価格は400億円である。

 丸の内キャピタルが成城石井を売り出すにあたっては、三越伊勢丹ホールディングスも買収に意欲を見せていたといわれるが、結局買収は断念した模様。結果的には、三菱商事系のファンドから同じく三菱商事系のコンビニというグループ内転売という形で落ち着いた。丸の内キャピタルは100億円の利益を得られる見通し。

 ローソンは、かつてのレックスと同様、コンビニと高級スーパーの組み合わせで相乗効果を狙う戦略と考えられる。高級店のブランドイメージは、多店舗展開をすればするほど薄れてくる。ローソンは、高級店と大衆点の中間地点のポジションを狙ってくる可能性が高いが、相乗効果があるのかは未知数だ。
 もっともローソンは、成城石井以外にも、三越伊勢丹ホールディングス傘下の高級スーパー「クイーンズ伊勢丹」の買収も検討しており、高級スーパー事業に対する本気度は高い。

 同社は、サントリーに転じた前CEOの新浪剛史氏に代わって、かつてユニクロの社長を務めたこともある玉塚元一氏がトップに就任したばかり。玉塚氏はまだ経営者としては実績をあげておらず、今回の高級スーパー進出が、玉塚氏の実力を見せるよい機会となりそうだ。

 - 経済 , ,

  関連記事

setsubitousi
日本企業の内部留保が過去最高。むしろ重要なのは資産の有効活用

 日本企業が内部留保を蓄積している。2013年3月期における日本企業の内部留保は …

suga20140204
今回の株価下落はアベノミクス失望売りなのか?という議論が不毛である理由

 ここ数日、株価が急落していることについて、アベノミクスに対する失望が原因なのか …

no image
株価の新指数「JPX日経400」がスタート。市場への影響は?

 日本取引所グループ、東京証券取引所及び日本経済新聞社は2014年1月6日、新し …

zaiseishuusi
骨太の方針に歳出上限を盛り込まない公算。市場はこれをどう受け止めるか?

 政府は今月末に経済財政運営の基本指針「骨太の方針」の閣議決定を予定しているが、 …

tokkyoshou
特許黒字は1兆円だがその内実は・・・・。特許収支からも分かる日本の空洞化

 国際競争力の低下や円高などによって、日本企業の海外移転が急ピッチで進んでいるが …

no image
税収上振れで1兆5000億円近い剰余金。使い道をめぐって攻防が激化?

 財務省は2014年7月3日、2013年度決算概要を発表した。それによると、一般 …

kodomonote
政府が子供の貧困対策を本格化。だが、支援は民間による基金

 政府が貧困家庭の子供に対する支援の強化を検討している。企業や個人に寄付を呼びか …

no image
FRBがQE3実施を決定。バーナンキ議長が抱く真の野望が明らかに

 米連邦準備制度理事会(FRB)はとうとう量的緩和第3弾(QE3)に踏み切る。1 …

shanhai
止まらない中国株の下落。昭和30年代の日本市場との類似性

 中国株の下落が止まらない状況が続いている。中国政府は、相次いで株価対策を打ち出 …

no image
ユーロ・ベガス計画がマドリードに決定。スペインの街にイタリア都市が出現?

 ユーロ・ベガスと呼ばれるスペインの超大型カジノ計画をめぐって、激しい誘致合戦を …