ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ネット銀行の不正利用被害、法人も補償へ。ただし、利用者にはあまりにも情報がない

 

 全国銀行協会は2014年7月17日、インターネットを使った不正送金に関する法人の補償指針を発表した。これまで補償の対象となるのは個人だけだったが、セキュリティ対策を取るなど、一定の条件を満たした法人についても、被害を補償する。

netbankingfusei

 指針では、補償を実施する条件として、ウィンドウズXPなどサポートが終了したソフトは使わない、Webブラウザを最新版に更新する、パスワードを定期的に変更するなど、6項目が掲げられている。
 どの程度の金額まで補償を行うのかについては各行がそれぞれ判断することになる。現実的には上限金額が設定される可能性が高い。

 またケースによっては補償の対象にならないこともある。他人にIDやパスワードなどを漏らしてしまった場合や乱数表の数字を渡してしまった場合、パスワードが記載されたパソコンが盗まれてしまった場合などがこれに該当する。

 気になるのは、フィッシングの被害を受けIDやパスワードを入力してしまった際、すでに銀行が注意喚起していたパターンの場合には補償の対象とならない点である。利用者は常に銀行が提示する注意喚起をチェックする必要があるため負担が大きい。

 これまで補償の対象外だった法人取引が一定の補償の対象となったことは評価すべきだが、ネット銀行の不正利用防止については、まだ多くの課題が残されている。

 不正利用の被害に遭う主な原因は、ウイルスの感染やフィッシングによるID、パスワードの流出と考えられているが、実際のところ、どういった手口での不正利用が、どの程度の範囲や頻度で行われているのかについての情報がほとんどない。
 企業としては、どこまで対策を取ればよいのか、皆目見当がつかないというのが現実だ。また今回のような、補償条件や範囲というものが適切なのかについても判断することが難しい。

 不正利用の手口やその数を公表することは、不正利用の被害を拡大させてしまうとの声もある。だが、利用者が被害状況に関する情報をまったく得られない状態というのは、泥棒がどういった経路で家に侵入するのかについて住人が知ることができないのと同じことである。不正利用の温床という意味では、むしろ弊害が多い。

 どういった種類の不正が多く、そもそも企業はどういった対策を取る必要があるのかについて、もっとオープンな議論が必要であろう。最終的にはその方が、全体的なコストは安くつくはずだ。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

girishagikai
ギリシャの国民投票は緊縮策にNo。約束手形の発行となれば、事実上のドラクマ復活?

 IMF(国際通貨基金)など国際機関に対する支払いができない状態にあるギリシャで …

ecb02
欧州中央銀行がとうとう量的緩和を示唆。一気にドル高が進む?

 ECB(欧州中央銀行)がとうとう量的緩和の実施に踏み切る可能性が出てきた。20 …

gold
ドイツ連銀が国外に保管している金塊の一部を国内に移送するワケ

 ドイツ連邦銀行は、米国とフランスに保管している金塊の一部をドイツに戻し、金保有 …

minpaku
民泊法案が今国会で成立の公算。年間日数制限でビジネス目的は困難に?

 住宅の空き部屋を旅行者などに有料で貸し出す、いわゆる「民泊」の解禁を目的とした …

mof03
法人減税は安倍政権の本当の「顔」を知るリトマス試験紙

 法人税減税の焦点である課税ベース拡大に関する議論が本格化している。政府の税制調 …

thanksgiving01
七面鳥そっちのけ。感謝祭セールに殺到する米国人が支える底堅い個人消費

 米国は現在、感謝祭休日の真っ最中。日本のお盆や正月と同様、実家に帰って家族と過 …

kozeni
消費税の軽減税率導入が決定。どの商品を対象とするのかは巨大な政治利権に

 自民・公明の両党は11日、消費税増税に伴う低所得者への対策として、生活必需品の …

kyuryo
経団連がベア容認に方向転換。安倍政権との関係改善を優先か?

 大企業を中心にベースアップを容認する動きが顕著になってきた。基本的には安倍政権 …

kyosho201502
オバマ政権が打ち出した海外利益課税策。米企業の立地戦略はどうなる?

 オバマ政権が打ち出した企業の海外利益に対する課税策が米国内で議論となっている。 …

hasimoto2
維新の会が驚愕の選挙公約を明らかに。その恐ろしい内容とは?

 日本維新の会の次期衆院選に向けた驚くべき公約案が明らかになった。26日産経新聞 …