ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ネット銀行の不正利用被害、法人も補償へ。ただし、利用者にはあまりにも情報がない

 

 全国銀行協会は2014年7月17日、インターネットを使った不正送金に関する法人の補償指針を発表した。これまで補償の対象となるのは個人だけだったが、セキュリティ対策を取るなど、一定の条件を満たした法人についても、被害を補償する。

netbankingfusei

 指針では、補償を実施する条件として、ウィンドウズXPなどサポートが終了したソフトは使わない、Webブラウザを最新版に更新する、パスワードを定期的に変更するなど、6項目が掲げられている。
 どの程度の金額まで補償を行うのかについては各行がそれぞれ判断することになる。現実的には上限金額が設定される可能性が高い。

 またケースによっては補償の対象にならないこともある。他人にIDやパスワードなどを漏らしてしまった場合や乱数表の数字を渡してしまった場合、パスワードが記載されたパソコンが盗まれてしまった場合などがこれに該当する。

 気になるのは、フィッシングの被害を受けIDやパスワードを入力してしまった際、すでに銀行が注意喚起していたパターンの場合には補償の対象とならない点である。利用者は常に銀行が提示する注意喚起をチェックする必要があるため負担が大きい。

 これまで補償の対象外だった法人取引が一定の補償の対象となったことは評価すべきだが、ネット銀行の不正利用防止については、まだ多くの課題が残されている。

 不正利用の被害に遭う主な原因は、ウイルスの感染やフィッシングによるID、パスワードの流出と考えられているが、実際のところ、どういった手口での不正利用が、どの程度の範囲や頻度で行われているのかについての情報がほとんどない。
 企業としては、どこまで対策を取ればよいのか、皆目見当がつかないというのが現実だ。また今回のような、補償条件や範囲というものが適切なのかについても判断することが難しい。

 不正利用の手口やその数を公表することは、不正利用の被害を拡大させてしまうとの声もある。だが、利用者が被害状況に関する情報をまったく得られない状態というのは、泥棒がどういった経路で家に侵入するのかについて住人が知ることができないのと同じことである。不正利用の温床という意味では、むしろ弊害が多い。

 どういった種類の不正が多く、そもそも企業はどういった対策を取る必要があるのかについて、もっとオープンな議論が必要であろう。最終的にはその方が、全体的なコストは安くつくはずだ。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

katsuejiro
10年の1度の財務省大物次官である勝栄二郎氏がネット企業に再就職?

 財務省の勝栄二郎前事務次官がインターネット・プロバイダー大手の「インターネット …

shokutaku
家計のエンゲル係数上昇がより顕著に。トランプ経済は日本にとって最後のチャンス?

 家計のエンゲル係数の上昇が顕著となっている。エンゲル係数の上昇には様々な要因が …

nissanngone
日産が三菱を救済。安い買い物か、高い買い物かは現時点では不透明

 日産自動車は2016年5月12日、データ改ざん問題で揺れる三菱自動車に約240 …

b29
太平洋戦争に投入された戦費は天文学的数字。すべては日銀の国債引受で賄われた

 太平洋戦争の終結から68年が経過した。太平洋戦争の政治的、外交的な背景や経緯は …

facebookmobile
フェイスブックの3Q決算はまずまず。今後は成長投資の加速で経費は増大

 SNS最大手の米フェイスブックは2014年10月28日、2014年7~9月期の …

uenotizuko
上野千鶴子氏の発言をめぐって炎上騒ぎ。日本は本当に貧しくなってきたのかも・・・・

 日本におけるフェミニズムの先駆者の一人として知られる上野千鶴子氏の発言をめぐり …

kokusaishushi201403
3月の経常収支は黒字。赤字拡大ペースの鈍化で為替は凪?

 財務省は2014年5月12日、2014年3月の国際収支を発表した。最終的な国の …

karyoku
原発再稼働をうたったエネルギー基本計画素案の前提条件は合っているのか?

 経済産業省は12月6日、総合資源エネルギー調査会の基本政策分科会を開き、「エネ …

pionieer
パイオニアが伝統の音響機器事業に見切りを付け、カーナビ分野に注力

 パイオニアは2014年9月16日、大規模な人員削減や事業再編を伴う今後の事業方 …

trumpusa
トランプ政権の経済閣僚が固まる。かつての対日貿易交渉がそのまま中国版にシフト?

 トランプ次期政権の経済チームの顔ぶれがほぼ固まった。対中強硬派の人物が多く、中 …