ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ネット銀行の不正利用被害、法人も補償へ。ただし、利用者にはあまりにも情報がない

 

 全国銀行協会は2014年7月17日、インターネットを使った不正送金に関する法人の補償指針を発表した。これまで補償の対象となるのは個人だけだったが、セキュリティ対策を取るなど、一定の条件を満たした法人についても、被害を補償する。

netbankingfusei

 指針では、補償を実施する条件として、ウィンドウズXPなどサポートが終了したソフトは使わない、Webブラウザを最新版に更新する、パスワードを定期的に変更するなど、6項目が掲げられている。
 どの程度の金額まで補償を行うのかについては各行がそれぞれ判断することになる。現実的には上限金額が設定される可能性が高い。

 またケースによっては補償の対象にならないこともある。他人にIDやパスワードなどを漏らしてしまった場合や乱数表の数字を渡してしまった場合、パスワードが記載されたパソコンが盗まれてしまった場合などがこれに該当する。

 気になるのは、フィッシングの被害を受けIDやパスワードを入力してしまった際、すでに銀行が注意喚起していたパターンの場合には補償の対象とならない点である。利用者は常に銀行が提示する注意喚起をチェックする必要があるため負担が大きい。

 これまで補償の対象外だった法人取引が一定の補償の対象となったことは評価すべきだが、ネット銀行の不正利用防止については、まだ多くの課題が残されている。

 不正利用の被害に遭う主な原因は、ウイルスの感染やフィッシングによるID、パスワードの流出と考えられているが、実際のところ、どういった手口での不正利用が、どの程度の範囲や頻度で行われているのかについての情報がほとんどない。
 企業としては、どこまで対策を取ればよいのか、皆目見当がつかないというのが現実だ。また今回のような、補償条件や範囲というものが適切なのかについても判断することが難しい。

 不正利用の手口やその数を公表することは、不正利用の被害を拡大させてしまうとの声もある。だが、利用者が被害状況に関する情報をまったく得られない状態というのは、泥棒がどういった経路で家に侵入するのかについて住人が知ることができないのと同じことである。不正利用の温床という意味では、むしろ弊害が多い。

 どういった種類の不正が多く、そもそも企業はどういった対策を取る必要があるのかについて、もっとオープンな議論が必要であろう。最終的にはその方が、全体的なコストは安くつくはずだ。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

konchushoku02
昆虫に対する若者の嫌悪感が増加。一方で飢餓対策から昆虫食への関心も高まる

 虫を素手で触ることができない若者が増加しているという。一方で、世界的な食糧難を …

Rare earth
実は厄介者?世界の9割を独占していた中国がレアアース輸入に転換した背景とは?

 世界シェアの90%を握るといわれている中国のレアアース生産が曲がり角に来ている …

akachan
日本経済が人口減少の影響を受けるのはこれからが本番

 厚生労働省は2014年1月1日、最新の人口動態統計の結果を発表した。それによる …

crystalgeyser
同じクリスタルガイザーでも味や成分はバラバラ。ミネラルウォーターの賢い選び方

 原発事故をきっかけに、日本の消費者の間でミネラルウォーターへの関心が高まってい …

narita02
今年の海外旅行が過去最高を記録。生活実感と乖離した報道のウラにある真実とは?

 旅行代理店のJTBによると2012年の日本人出国者数が最高記録を更新するという …

suitai
各種世界ランキングへの関心が急低下?日本経済は死の受容プロセスの3段階目か

 このところ日本が各種の世界ランキングで著しく順位を落としている。以前は、ランキ …

keizaizaiseihakusho
日本企業は効果の薄い新技術ほど導入に積極的?

 政府は2017年7月21日、2017年度版「経済財政白書」を公表した。今回の白 …

dentsu
電通の広告不正問題。AI社会になれば解決するが、その時に代理店は必要ない?

 広告代理店最大手の電通は2016年9月23日、インターネット上の広告に関して不 …

kakugi02
緊急経済対策が正式に閣議決定。内容は経済産業省の意向を強烈に反映している

 政府は11日午前の閣議において緊急経済対策を正式決定した。地方自治体や民間企業 …

no image
港区から外国人ビジネスマンの姿が消え、公務員が激増中

 東京都港区の高級オフィス街の風景が激変している。 これまで外資系企業などの入居 …