ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

安倍首相が力を入れる第三子以降に特化した少子化対策は効果があるのか?

 

 安倍首相は2014年7月19日、少子化対策において特に第三子以降に特化するやり方を積極的に検討すべきだとの考えを示した。第三子以降を重点化するやり方は、即効性が高いといわれているが、一方で経済的問題という大きな障壁も存在している。

akachan

 日本は諸外国に比べて、妊娠先行型結婚、いわゆる「できちゃった婚」が多いという特徴がある。日本の場合、子供は結婚してから作るものという伝統的価値観が強く、これが妊娠先行型結婚を増やしている要因と考えられている。

 妊娠先行型結婚の夫婦は、そうでない夫婦に比べて、希望する子供の数が多く、出産意欲が高いことが分かっている。 また実際の子供の数も妊娠先行型夫婦の方が多い。つまり、できちゃった婚をする夫婦は、少子化対策として非常に期待される存在ということになる。

 子供を作る予定がなかった夫婦に出産を促すよりも、すでに第二子を出産している夫婦に対して第三子出産を働きかける方が、少子化対策としては効果的といわれている。このため、少子化対策は第三子以降に特化した方がよいとの意見があり、安倍氏の発言もこの考え方に沿ったものと考えられる。

 だが、第二子を出産した夫婦が容易に第三子を出産するのかというとそうではない。出産に関する内閣府の調査によると、伝統的な家族の価値観を重視する夫婦は、第二子までの追加出産意欲は極めて高いものの、第三子以降については変わらなくなるという結果が出ている。その主な理由は経済的負担である。

 現在の日本における住宅事情や教育事情を考えると、三人以上の子供を育てるためには、相当の経済力が必要となるが、この条件をそのまま満たせる人はそう多くない。第三子以降の出産が、経済的な問題なのだとすると、第三子以降の出産を増やすためには、直接的な支援が必要となる可能性が高い。つまり、少子化対策の成果は、かけたお金に比例してくるということになる。

 少子化対策といっても、方法は様々である。特定のターゲットを決めず、全体的な出生率向上を目指す方法もあれば、第三子以降など特定のターゲットを設定するやり方もある。一方で無理に出生率を上げようとせず、生産性の向上など経済構造を転換する方が現実的という見方もある。

 少子化対策が重要であることは国民の共通認識だが、具体的な実現方法ということになると、議論は曖昧なままである。どの程度の財政支出が必要なのかという点も含めて、そろそろ現実的な議論が必要な時期に来ている。

 - 政治, 社会

  関連記事

snowden
米国で国民監視システムの存在が明らかに。本質的問題は市民のプライバシーにあらず

 米国家安全保障局(NSA)がグーグルやベライゾンといったネット企業や通信会社か …

mothers
従来の説はほとんどウソだった。日本でベンチャー企業が発達しない本当の理由。

 日本でベンチャー振興が叫ばれてから久しいが、一向にベンチャー企業が盛り上がる気 …

livehouse
コンサート・チケットの高値転売問題がネットで激論。音楽業界には知恵が必要

 コンサート・チケットの高値転売をめぐってネットで激論となっている。高値転売を防 …

shujutushitu
がんの5年生存率のデータを公表。部位や地域によってかなりのバラツキ

 国立がん研究センターは2015年9月14日、がん患者の5年生存率のデータを公表 …

abeobana201404002
政権内部から相次ぐオバマ大統領への批判。中国への意図せざるサインになる可能性も

 日米首脳会談終了後、とりあえず共同宣言をまとめることができたものの、日米間のギ …

f1
ギリシャ政府がF1への補助金にゴーサイン。政治家と役人だけがオイシイ思いを満喫?

 ギリシャ政府が、F1サーキットの整備計画に3000万ユーロ(約30億円)の補助 …

kokintou
中国共産党大会が無事に開幕。今後の胡錦濤氏の立場はある程度担保された

 相次ぐ権力闘争で日程が延期され、クーデター発生説まで取りざたされた中国の政権交 …

chiharue
次期衆院選のキーマンは実は松山千春だ!

 野田政権が解散の引き伸ばしを図る中、新党大地の命名者でもある歌手の松山千春氏の …

sakamotoyruichi
坂本龍一氏がとうとう終末論を披露。リベラル誌の若者読者に彼はどう映るのか?

 今や反原発アーティストになってしまった感のある坂本龍一氏だが、ある雑誌のインタ …

murakmiharuki
村上春樹氏が再びノーベル文学賞を逃す。本当に受賞することは可能なのか?

 スウェーデン・アカデミーは10月10日、2013年のノーベル文学賞を発表した。 …