ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

安倍首相が力を入れる第三子以降に特化した少子化対策は効果があるのか?

 

 安倍首相は2014年7月19日、少子化対策において特に第三子以降に特化するやり方を積極的に検討すべきだとの考えを示した。第三子以降を重点化するやり方は、即効性が高いといわれているが、一方で経済的問題という大きな障壁も存在している。

akachan

 日本は諸外国に比べて、妊娠先行型結婚、いわゆる「できちゃった婚」が多いという特徴がある。日本の場合、子供は結婚してから作るものという伝統的価値観が強く、これが妊娠先行型結婚を増やしている要因と考えられている。

 妊娠先行型結婚の夫婦は、そうでない夫婦に比べて、希望する子供の数が多く、出産意欲が高いことが分かっている。 また実際の子供の数も妊娠先行型夫婦の方が多い。つまり、できちゃった婚をする夫婦は、少子化対策として非常に期待される存在ということになる。

 子供を作る予定がなかった夫婦に出産を促すよりも、すでに第二子を出産している夫婦に対して第三子出産を働きかける方が、少子化対策としては効果的といわれている。このため、少子化対策は第三子以降に特化した方がよいとの意見があり、安倍氏の発言もこの考え方に沿ったものと考えられる。

 だが、第二子を出産した夫婦が容易に第三子を出産するのかというとそうではない。出産に関する内閣府の調査によると、伝統的な家族の価値観を重視する夫婦は、第二子までの追加出産意欲は極めて高いものの、第三子以降については変わらなくなるという結果が出ている。その主な理由は経済的負担である。

 現在の日本における住宅事情や教育事情を考えると、三人以上の子供を育てるためには、相当の経済力が必要となるが、この条件をそのまま満たせる人はそう多くない。第三子以降の出産が、経済的な問題なのだとすると、第三子以降の出産を増やすためには、直接的な支援が必要となる可能性が高い。つまり、少子化対策の成果は、かけたお金に比例してくるということになる。

 少子化対策といっても、方法は様々である。特定のターゲットを決めず、全体的な出生率向上を目指す方法もあれば、第三子以降など特定のターゲットを設定するやり方もある。一方で無理に出生率を上げようとせず、生産性の向上など経済構造を転換する方が現実的という見方もある。

 少子化対策が重要であることは国民の共通認識だが、具体的な実現方法ということになると、議論は曖昧なままである。どの程度の財政支出が必要なのかという点も含めて、そろそろ現実的な議論が必要な時期に来ている。

 - 政治, 社会

  関連記事

kitachosen
トランプ政権が思わずホンネ?核を放棄すれば北朝鮮の体制を維持するとのメッセージ

 米軍がアフガニスタンにMOAB(モアブ)と呼ばれる強力爆弾を投下した。あくまで …

kagoike
「森友」疑惑に関して国策捜査発動との観測。日本の議会制民主主義にとって正念場

 学校法人「森友学園」に対する国有地払い下げ問題をめぐり、国会で証人喚問を受けた …

tansuyokin
マイナス金利以降、タンス預金がさらに増加。将来への不安を反映?

 マイナス金利の導入以降、タンス預金が増加していると言われてきたが、その傾向に拍 …

eurohawk
ドイツ軍が無人機グローバルホークの欧州版の導入を断念。欧州飛行許可下りず

 ドイツ連邦国防省は、米国製の無人機グローバルホークの改良版であるユーロホークの …

kisho
気象庁が津波警報の発表方法を変更。初期段階では高さではなく「巨大」な津波と表現

 政府は3月8日、気象庁が発令する注意報と警報の上に「特別警報」を新設することを …

kaisan
大義なき解散という批判は妥当なのか?首相の解散権に関する考察

 衆議院の総選挙が2017年10月10日、公示された。希望の党が誕生したことで、 …

kokkaigijido02
憲法改正の手続きを定めた国民投票法が審議入り。各党の思惑が絡んで議論は複雑

 憲法改正のための具体的な手続きを定めた国民投票法(日本国憲法の改正手続に関する …

Kennedy
駐日大使にケネディ元大統領の長女が就任。ただし外交や政治の経験はゼロ

 米国の主要メディアは4月1日、ルース駐日大使の後任として故ケネディ元大統領の長 …

nitigin
安倍氏が日銀法改正に言及。今の日銀法に変えたのは自民党だって覚えてますか?

 自民党の安倍総裁は15日都内で講演を行い、マイナス金利について言及したうえで「 …

renzi
イタリア政局混迷再び。新首相候補レンツィ氏は爽やか系チョイ悪オヤジ

 イタリアの政局が再び混迷の度合いを高める可能性が高まってきた。1年ほど大連立政 …