ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

今頃になってようやく株主総会分散開催を経産省が指導。だがとっくに手遅れ?

 

 経済産業省が、6月に集中している株主総会を7月以降などに分散して開催するよう促す方針を固めた。日経新聞によると、近く有識者会議を設け、7月以降にも開催できることなどを示していくという。

soukaishoshu

 現在、上場企業の株主総会は6月下旬に集中しており、機関投資家から議案を十分吟味できないという不満の声が高まっていた。また、こうした総会日程が外国人投資家の日本進出の妨げになっているという指摘も出ていた。
 安倍政権が6月にまとめた新成長戦略には、株主総会の開催日について、国際的な状況を踏まえて検討するという内容が盛り込まれており、今回の措置はこれを受けた動きである。

 だが、もともとは総会屋対策と称して、官民挙げて、わざわざ株主総会を集中させてきたというのがこれまでの経緯である。
 株主総会に参加させる人数を少なくしようという行為は、株式会社の本質からして自殺行為であるという一部の良識的な指摘は、「総会屋はケシカラン」というヒステリックな声の前にかき消され、開催日の集中は強行された。
 このほか、同時に一定の株数を持っていないと議決権を行使できないという単位株制度など、株主が権利を行使することを妨害する施策が続いてきた。

 株主の権利を十分に行使できないような会社にまともな投資家が投資するはずがない。このような愚策を繰り返した結果、日本市場は世界の投資家から見放され、現在では、短期的な利ざや稼ぎを目的とした外国人投資家が取引の7割を占めるという末期的状況となっている。

 今頃になって日本市場の荒れ果てた状況に焦り、総会集中をやめるよう指導を開始したというのが現実の姿である。総会屋に対して毅然とした態度を取れず、物理的に参加できないようにしてスキャンダルにフタをするという日本企業のサラリーマン的体質と、それを後押しした政府の責任はあまりにも重い。

 30年もの時間をかけて失い続けた市場の信頼を取り戻すのは容易ではない。今回の決定はもちろん歓迎すべきことではあるが、スタート地点にすらまだ立っていないという現実を決して忘れてはならないだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

suga
消費税増税の決定は9月9日のGDP改定値で。財務省の筋書き通り数値は良好?

 自民党の参院選圧勝をうけて、消費税増税決定のタイミングに注目が集まり始めている …

dentsu
労働時間を一気に2割削減するという電通の働き方改革は実現可能か?

 新入社員の過労自殺事件を受け、労働基準法違反で起訴された電通が、労働環境改善に …

sharp
シャープが再び巨額損失を計上。資本政策をめぐって経営陣は右往左往

 経営再建中のシャープは2015年5月14日、注目の2015年3月期決算を発表し …

businessman
2014年度の実質成長率見通しは1.3%に下落。その理由は消費増税ではない?

 政府の2014年度における経済成長見通しがほぼ固まった。物価変動の影響を除いた …

beikokuoil
原油価格の暴落で反米産油国が大打撃。地政学上のバランスは激変か?

 原油価格の下落が止まらない。背景には米国のシェールガス革命という供給要因があり …

tmall2014
上場を控えたアリババが4~6月期の決算を公表。取扱高の拡大で業績は好調

 米国で株式の新規公開(IPO)を予定している中国の電子商取引大手アリババは、2 …

bukkajoushou
物価は何と7カ月連続のマイナス。一方、消費は物価にかかわらずやはりマイナス続き

 このところ物価が厳しい状況に追い込まれている。消費者物価指数が何と7カ月連続の …

kaikotokku
解雇特区は雇用政策というよりも、ベンチャーや外資の優遇策である

 安倍政権は成長戦略の目玉の一つである解雇特区の導入に向けて本格的な検討を開始し …

ieren
次期FRB議長はイエレン氏。総じて高評価だが、リベラルな面を危惧する声も

 オバマ米大統領は、来年1月で退任するバーナンキFRB(連邦準備制度理事会)議長 …

japandisprei
事実上のジャパンディスプレイ救済策。今度は有機EL事業を統合

 国策ディスプレイ・メーカーであるジャパンディスプレイ(JDI)は2016年12 …