ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

アップルの4~6月期決算。中国向けiPhoneが引き続き堅調であることを確認

 

 米アップルは2014年7月22日、2014年4~6月期の決算を発表した。売上高は前年同期比6.0%増の374億3200万ドル(約3兆7900億 円)、純利益は12.3%増の77億4800万ドル(約7850億円)と増収増益になった。iPhoneの中国向け販売の増加が寄与した。

 apple 前四半期の決算では、中国移動通信(チャイナモバイル)経由のiPhone販売が伸びたことで、利益率の改善が確認されていた。今回の決算では、中国向けの販売がさらにどの程度伸びるのかという点に注目が集まっていた。

 主力のiPhoneの販売台数は13%増の3520万台。前回は17%増だったので、多少伸びは鈍化しているものの、引き続き中国での販売が堅調であることがはっきりした。中国向けの売上高は前年同月比で28%増となっている。一方でiPadの販売は1327万台と9%の減少となった。

 中国など新興国向けに比較的単価の安いiPhoneの販売を増やすという図式なので、販売台数の増加ほどに売上高は増えていない。しかし、台数の増加に伴って原価率の引き下げには成功しており、同社は、前回決算と同水準の約60%という原価率を維持している。

 同社の利益率がもっとも高かった2012年には53%という驚異的な原価率だったが、薄利多売の製品ラインナップにシフトしていることを考えると、60%の原価率は高く評価してよいだろう。

 しかしながら、この決算内容について市場が高く評価しているかというと、必ずしもそうではない。同社に対する市場の期待はあまりにも大きく、今回の決算についても、中国向け販売の大幅な増加が一部からは期待されていた。その意味で、今回の決算内容についてはサプライズがないという評価につながる可能性もある。

 仮に一部投資家の失望を誘ったとしても、中国向け販売が今後とも堅調に推移する可能性がさらに高まってきた。同社の業績はしばらくの間、安定的に推移することになるだろう。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

doitsushoibure
ドイツがとうとう国債の新規発行がゼロに。日本は何を学ぶべきか

 ドイツのショイブレ財務相は2014年9月9日、ドイツ連邦政府の2015年度予算 …

chery
中国で大手自動車メーカー同士が初の本格提携。外資依存からの脱却を目指す

 中国の自動車メーカーである奇瑞汽車(安徽省)と広州汽車(広東省)とが提携する。 …

no image
ドイツでは東欧やアジアなど外国の格安介護施設が大人気

 日本と同じく高齢化が進むドイツで、物価の安い東欧諸国やアジアの介護施設に入居す …

kiha183
事故多発のJR北海道は事実上の国鉄。毎年大赤字でも経営が維持できているワケ

 JR北海道で列車事故が相次いでいる件で、菅官房長官は9月24日の記者会見におい …

ieren02
FRB、緩和縮小を継続。ただし、利上げはまだ先で株価にはプラスか?

 米国の中央銀行にあたるFRB(連邦準備制度理事会)は2014年6月18日、FO …

bishonbu
通貨マフィアのディナー?教科書にも載っていない量的緩和策が突然メジゃーになったワケ

 国際決済銀行(BIS)本部で開かれる各国の中央銀行総裁による非公式の夕食会が、 …

putingkukyo
経済制裁による通貨安と原油価格の下落でロシア経済はすでにボロボロ?

 ウクライナ問題をめぐる対ロ制裁に加えて原油価格の急激な下落がロシア経済を窮地に …

amazondrone
米国が無人機の商用利用ルールの原案を提示。本格普及に向けて動き出す

 米当局がとうとう無人機(ドローン)の商用利用に向けて本格的に動き始めた。実際に …

tosho002
日経平均2万円超え。その理由は?今後も株高は継続するのか?

 日経平均株価がとうとう2万円の大台を超えた。2015年4月10日の東京株式市場 …

aikoukoku
広告クリエイティブ業務のAI化で、すべての広告は動的になる

 広告業界でコピーライティング業務をAI化する取り組みが進んでいる。狙いは人員の …