ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

アップルの4~6月期決算。中国向けiPhoneが引き続き堅調であることを確認

 

 米アップルは2014年7月22日、2014年4~6月期の決算を発表した。売上高は前年同期比6.0%増の374億3200万ドル(約3兆7900億 円)、純利益は12.3%増の77億4800万ドル(約7850億円)と増収増益になった。iPhoneの中国向け販売の増加が寄与した。

 apple 前四半期の決算では、中国移動通信(チャイナモバイル)経由のiPhone販売が伸びたことで、利益率の改善が確認されていた。今回の決算では、中国向けの販売がさらにどの程度伸びるのかという点に注目が集まっていた。

 主力のiPhoneの販売台数は13%増の3520万台。前回は17%増だったので、多少伸びは鈍化しているものの、引き続き中国での販売が堅調であることがはっきりした。中国向けの売上高は前年同月比で28%増となっている。一方でiPadの販売は1327万台と9%の減少となった。

 中国など新興国向けに比較的単価の安いiPhoneの販売を増やすという図式なので、販売台数の増加ほどに売上高は増えていない。しかし、台数の増加に伴って原価率の引き下げには成功しており、同社は、前回決算と同水準の約60%という原価率を維持している。

 同社の利益率がもっとも高かった2012年には53%という驚異的な原価率だったが、薄利多売の製品ラインナップにシフトしていることを考えると、60%の原価率は高く評価してよいだろう。

 しかしながら、この決算内容について市場が高く評価しているかというと、必ずしもそうではない。同社に対する市場の期待はあまりにも大きく、今回の決算についても、中国向け販売の大幅な増加が一部からは期待されていた。その意味で、今回の決算内容についてはサプライズがないという評価につながる可能性もある。

 仮に一部投資家の失望を誘ったとしても、中国向け販売が今後とも堅調に推移する可能性がさらに高まってきた。同社の業績はしばらくの間、安定的に推移することになるだろう。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

globalmoney
国際的課税逃れへの包囲網が強まる。だがグローバル企業への規制が難しい本当の理由

 国境を越えた税金逃れに対する包囲網が急速に整えられつつある。欧州連合(EU)は …

jinmingen
中国が事実上の通貨切り下げ。米国以外はすべて大規模緩和状態へ

 中国の中央銀行にあたる中国人民銀行は、対ドル為替レートの「基準値」の算出方法を …

keizaikakusa
景気が良くなるほど、経済格差が拡大するという不都合な真実

 貧困の撲滅活動を行う国際NGO「オックスファム」は2014年1月20日、経済格 …

no image
震災復興費は大手メーカーが流用していた。日本の製造業はもはや「保護産業」

 復興予算の流用や付け替えが問題となっているが、その流用先に大手メーカーが多数含 …

nichigin
黒田新総裁は実はインフレ課税を狙っている?刺激的な英経済紙のコラムが話題に

 日本のインフレ課税の可能性について指摘したエコノミスト誌のコラムが市場関係者の …

okanekazoeru
スイスで否決のベーシックインカム。だがAI時代の到来を考えると現実的?

 年金など各種の社会保障を廃止する代わりに、すべての国民に一定金額の支給を行う「 …

seoulapart
不況なのに家賃高騰?経済が低迷しつつある韓国で奇妙な現象が発生する理由とは?

 経済成長が鈍化しているにも関わらず、家賃が急騰するという奇妙が現象が韓国で起こ …

g20washington201604s
相次ぐ日本経済にとっての逆風。追加緩和以外に手はないが、原油増産凍結が追い打ち

 この週末、日本経済にとってマイナスとなる出来事が相次いだ。熊本地震の影響もあり …

apple
アップルが株主への現金還元を検討。日本経済再生のヒントがここにある!

 多額の現金退蔵が株主から問題視されている米Appleは2月7日、株主への追加の …

abetpp
TPP事前協議の日米合意内容。あらゆる分野で市場開放について米との協議を確約

 TPP(環太平洋パートナーシップ協定)交渉参加への最大の焦点となっていた米国と …