ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

アップルの4~6月期決算。中国向けiPhoneが引き続き堅調であることを確認

 

 米アップルは2014年7月22日、2014年4~6月期の決算を発表した。売上高は前年同期比6.0%増の374億3200万ドル(約3兆7900億 円)、純利益は12.3%増の77億4800万ドル(約7850億円)と増収増益になった。iPhoneの中国向け販売の増加が寄与した。

 apple 前四半期の決算では、中国移動通信(チャイナモバイル)経由のiPhone販売が伸びたことで、利益率の改善が確認されていた。今回の決算では、中国向けの販売がさらにどの程度伸びるのかという点に注目が集まっていた。

 主力のiPhoneの販売台数は13%増の3520万台。前回は17%増だったので、多少伸びは鈍化しているものの、引き続き中国での販売が堅調であることがはっきりした。中国向けの売上高は前年同月比で28%増となっている。一方でiPadの販売は1327万台と9%の減少となった。

 中国など新興国向けに比較的単価の安いiPhoneの販売を増やすという図式なので、販売台数の増加ほどに売上高は増えていない。しかし、台数の増加に伴って原価率の引き下げには成功しており、同社は、前回決算と同水準の約60%という原価率を維持している。

 同社の利益率がもっとも高かった2012年には53%という驚異的な原価率だったが、薄利多売の製品ラインナップにシフトしていることを考えると、60%の原価率は高く評価してよいだろう。

 しかしながら、この決算内容について市場が高く評価しているかというと、必ずしもそうではない。同社に対する市場の期待はあまりにも大きく、今回の決算についても、中国向け販売の大幅な増加が一部からは期待されていた。その意味で、今回の決算内容についてはサプライズがないという評価につながる可能性もある。

 仮に一部投資家の失望を誘ったとしても、中国向け販売が今後とも堅調に推移する可能性がさらに高まってきた。同社の業績はしばらくの間、安定的に推移することになるだろう。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

ichiganrefu
日本企業の世界シェア調査。トップ品目も多いが、縮小市場・低付加価値が目立つ

 日本経済新聞社は2015年7月5日、2014年における主要商品・サービスシェア …

super01
日本の伝統工芸品も値上げ?インフレ経済はこうして始まっていく

 本格的な円安が始まってから1年が経過した。当初は灯油や衣類など、輸入品を中心と …

softbanksprint
ソフトバンクが買収した米スプリントの業績に改善傾向。黒字化も見えてきた?

 ソフトバンクが216億ドル(約2兆2000億円)をかけて買収した米スプリントの …

amazonbooks
アマゾンがリアル店舗の本格展開を検討中?本当なら書籍市場に大きな変化が

 米アマゾンが、全米で300~400の実店舗の展開を計画しているとの噂が広がって …

contena
9月の経常収支がとうとう赤字に。日本は輸出はおろか、金貸しをしても儲からなくなった

 製造業の競争力の証であり、日本経済のすべての原動力となってきた経常収支がとうと …

sharp
シャープがまさの赤字転落。だがこの事態は昨年からすでに予想されていた

 業績回復のメドが立ったと思われていたシャープに再び暗雲が漂っている。2015年 …

bananki
バーナンキFRB議長の議会証言。QE3早期終了は否定したが、年内の縮小開始を示唆

 米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長は5月22日、米議会で証言し量的 …

usmanov
英国長者番付に見るウィンブルドン方式の実態。日本人にこれを受け入れる覚悟はある?

 英サンデータイムズ誌は4月21日、毎年恒例の億万長者リストを発表した。結果は上 …

bukkajoushou
消費者物価指数はじわじわ上昇。GDP成長は来年も物価上昇を上回ることができるのか?

 総務省は7月26日、6月の全国の消費者物価指数を発表した。代表的な指標である「 …

hitomi201605
衛星ひとみの墜落事故。リスク過小評価で、設計そのものに不備との報告書

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2016年5月24日、機体が破壊され、地上に …