ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ソニーがiTunesに楽曲を提供開始。とうとうAppleの軍門に下る。

 

 ソニーは7日、米Apple社が運営するiTunesストアにおいて子会社のソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)が持つ日本人歌手の楽曲提供を開始した。
 配信するのは尾崎豊、西野カナなど同社が音源を保有する1250組のアーティスト。中心価格帯は1曲250円、アルバムは2000円を設定している。

 ソニーはこれまで、iTunesへの楽曲提供を頑なに拒否してきた。ウォークマンなどの同社製品が「iPod」と競合するというのがその理由である。だが、Appleの爆発的な成功を前に、同社も全面的にAppleの軍門に下ることとなった。Appleへの楽曲提供は、ソニーが描いていたビジネスモデルが名実共に実現不可能になったという意味で象徴的な出来事といえる。

 当初はソニーもAppleと同様、コンテンツ配信とハードウェアの販売を融合したビジネスモデルを描いていた。しかもソニーは、コンテンツを保有する唯一のメーカーであったことから、Appleよりもその実現性が高いとすら言われていた。

 だが同社の傲慢さが完全に仇となってそのビジネスモデルは完全に崩壊した。
 家電をネットワーク化するための規格策定では閉鎖的な独自技術にこだわり、同社主導で普及させるチャンスを失った。また音楽配信では違法コピーを過剰に警戒し、ユーザーの利便性を犠牲にする規格をゴリ押したことで、普及が遅れてしまった。
 さらに全社的な商品開発力が低下したことで、iPodのようなヒット商品を生み出せず、結果としてすべてをAppleに奪われることになってしまったのだ。
 現在では、会社全体が経営危機に陥っており、もはやApple追撃どことではなくなってしまっている。

 本来であれば、Appleの成功はソニーが実現しているはずであった。技術やブランドを過信し、いいリソースを持ちながらビジネスとしての構築に失敗した同社のケースは、日本経済全体の縮図であるともいえる。失ったものはあまりにも大きい。

 - 経済, IT・科学

  関連記事

fanakku
秘密主義から一転、株主との対話路線に舵を切った「謎の会社」ファナック

 産業用ロボット大手ファナックの株価が急騰している。2月初旬には2万円前後だった …

yahoo02
低迷する米Yahooが何とか高収益を保っているのはヤフージャパンとアリババのおかげ?

 インターネット大手の米Yahooは7月16日、2013年第2四半期の決算を発表 …

tokyotower
デフレにも関わらず東京の物価は世界1位。改革を先送りしたツケは大きい

 英経済誌エコノミストの調査部門であるエコノミスト・インテリジェンス・ユニット( …

g8
G8でグローバル企業の租税回避対策が骨抜きになってしまう理由

 シリア問題と並んで主要国首脳会議(G8サミット)の議題の一つであった租税回避問 …

bouekitoukei201310
貿易赤字の金額がジワジワと拡大。その先に見えてくるのは経常赤字への転落

 財務省は11月20日、10月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた …

sangyoukyousouryoku
残業代ゼロ政策の議論が復活。今度は一般社員への適用も検討?

 労働時間に関わらず賃金を一定にするホワイトカラーエグゼンプションが、再び議論の …

monka
大学の研究支援政策に変化の兆し。旧帝大中心は変わらずも、配分は実績重視へ

 大学など研究機関に対する国の支援方法に変化の兆しが出てきている。文部科学省は8 …

kurodasosai
トランプ氏の当選で日米金利が急上昇。シナリオが狂ってしまった日銀

 トランプ大統領の誕生をきっかけに、日米の債券市場で金利が急騰している。米国はす …

ana787
これぞジャパン・パッシング!ANAが新北米路線で打ち出した驚異の運賃設定

 日本のエアラインが相次いで北米のニッチ路線に進出している。日本航空は12月2日 …

baidenindo
米国のバイデン副大統領がインドを訪問。意外に疎遠だった米国とインドの経済関係

 インドと米国があらたな経済連携に向けて対話を始めている。米国のバイデン副大統領 …