ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本産ワインのブランド力強化法案は効果を発揮するのか?

 

 国産ワインのブランド力を強化するため、自民党が「ワイン法案」について検討している。国産ブドウを原料とするワインが一定の基準を満たせば、国が産地を認定し品質を証明する。来年の通常国会での提出を目指すという。

wine02 現在、日本にはワインの産地や品質の証明に特化した法律はなく、海外に輸出する上で、ブランド力に欠けるとの指摘が出ているという。

 確かにワイン大国であるフランスには、AOC(原産地呼称統制)と呼ばれる法律で定められた厳格な基準が存在し、これを満たしたワインだけが、そのブランド名を名乗れる仕組みになっている。フランス産ワインが世界標準になる過程において、AOCが大きな役割を果たしたことは事実である。

 だが、同じような原産地呼称統制を日本のワインに適用することが、日本産ワインのブランド力強化につながるのかは微妙なところである。

 まず世界的な流れとして、こうした政府による認定よりも、民間の評価機関やジャーナリストなどによる独自の格付けが重視される方向性にあり、以前ほど政府による認定が市場では評価されなくなっている。著名な評論家に高い得点を付けてもらえるための工夫をする方が、圧倒的に高い評価を得られる可能性があるのだ。
 また基準の内容をどうするのかも非常に難しい。基準の設定方法を間違えると逆にブランド力を落とすきっかけにもなりかねない。

 国際的なワインの品質に関する評価基準は、フランス政府が策定した原産呼称統制がベースになっており、これは一種のグローバルスタンダードといってもよい存在である。

 だがグローバル基準で評価の高いぶどうの品種は、日本での栽培にはあまり適しておらず。日本産ワインは国際的に見ると特殊なぶどうを使わざるをえない状況となっている。
 ここでグローバル基準に近い基準を設定してしまうと、逆に国際的な評価を落とすリスクがある一方、日本ワイン独自の基準を前面に押し出し過ぎると、今度は国際的な評価を得にくくなる可能性がある。

 現在、新興国を中心に、格付けや政府の品質保証とはまったく無縁でありながら、安価で極めて高い品質を持つワインが次々に登場している。
 品質向上のための法整備そのものは評価すべきだが、同時に、市場メカニズムをうまく活用した販売促進の方法について模索することがより重要である。また、こうした認定制度が官僚の利権にならないための工夫も必要となるだろう。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

panetta
パネッタ米国防長官が辞任の意向。次期オバマ政権では主要閣僚が総入れ替え

 米国防総省のパネッタ長官が、時期オバマ政権では長官に就任しない意向であることが …

kansha
公務員宿舎の家賃を2倍に値上げ。公務員たちのトンデモなホンネとは?

 政府は、これまで批判の声が大きかった国家公務員宿舎の家賃を2倍に引き上げる方針 …

sangyokyosoryokukaigi
政府の新成長戦略で飛び出した小中プログラミング教育の「今更感」

 安倍政権は、名目GDP(国内総生産)600兆円の目標を達成するため「第4次産業 …

jacklew
オバマ大統領がルー補佐官を財務長官に指名。財政再建に対する強い意志の表れ

 オバマ米大統領は、退任が決まっているガイトナー財務長官の後任にジャック・ルー大 …

gold04
金価格の暴落でスイス中銀が評価損を計上。ドル高によって、金価格は低空飛行が続く

 スイスの中央銀行にあたるスイス国立銀行は、2013年の決算で約90億フラン(約 …

bouekitoukei201309
円安による輸出回復は困難であることがほぼ確定的に。政府も現状を認識し始めている

 アベノミクスのスタート以降、円安によって日本の製造業が回復し、設備投資が復活す …

dell
デルがMBOで非公開化。背景には投資家の米株に対する強気姿勢がある

 米コンピューター大手のデルは5日、創業者のマイケル・デル氏などが「MBO」(経 …

gealstomjapan
日本メーカーによるグローバルな「コバンザメ商法」は上手くいくか?

 重電の分野では、巨額のM&Aを軸にグローバルな再編が急ピッチで進んでい …

globalmoney
政府が資産の海外移転に対する対策を強化。だが本当の解決策は別なところにある

 個人が保有する海外資産の課税について政府が本格的な対策に乗り出している。すでに …

mistral
ロシアと欧米の対立で軍艦をロシアに輸出していたフランスの立場が微妙に

 ウクライナ問題によって欧米とロシアの対立が続く中、ロシアに最新鋭の軍艦を提供し …