ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本産ワインのブランド力強化法案は効果を発揮するのか?

 

 国産ワインのブランド力を強化するため、自民党が「ワイン法案」について検討している。国産ブドウを原料とするワインが一定の基準を満たせば、国が産地を認定し品質を証明する。来年の通常国会での提出を目指すという。

wine02 現在、日本にはワインの産地や品質の証明に特化した法律はなく、海外に輸出する上で、ブランド力に欠けるとの指摘が出ているという。

 確かにワイン大国であるフランスには、AOC(原産地呼称統制)と呼ばれる法律で定められた厳格な基準が存在し、これを満たしたワインだけが、そのブランド名を名乗れる仕組みになっている。フランス産ワインが世界標準になる過程において、AOCが大きな役割を果たしたことは事実である。

 だが、同じような原産地呼称統制を日本のワインに適用することが、日本産ワインのブランド力強化につながるのかは微妙なところである。

 まず世界的な流れとして、こうした政府による認定よりも、民間の評価機関やジャーナリストなどによる独自の格付けが重視される方向性にあり、以前ほど政府による認定が市場では評価されなくなっている。著名な評論家に高い得点を付けてもらえるための工夫をする方が、圧倒的に高い評価を得られる可能性があるのだ。
 また基準の内容をどうするのかも非常に難しい。基準の設定方法を間違えると逆にブランド力を落とすきっかけにもなりかねない。

 国際的なワインの品質に関する評価基準は、フランス政府が策定した原産呼称統制がベースになっており、これは一種のグローバルスタンダードといってもよい存在である。

 だがグローバル基準で評価の高いぶどうの品種は、日本での栽培にはあまり適しておらず。日本産ワインは国際的に見ると特殊なぶどうを使わざるをえない状況となっている。
 ここでグローバル基準に近い基準を設定してしまうと、逆に国際的な評価を落とすリスクがある一方、日本ワイン独自の基準を前面に押し出し過ぎると、今度は国際的な評価を得にくくなる可能性がある。

 現在、新興国を中心に、格付けや政府の品質保証とはまったく無縁でありながら、安価で極めて高い品質を持つワインが次々に登場している。
 品質向上のための法整備そのものは評価すべきだが、同時に、市場メカニズムをうまく活用した販売促進の方法について模索することがより重要である。また、こうした認定制度が官僚の利権にならないための工夫も必要となるだろう。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

monka
文部科学省が特定大学に研究費を重点助成。旧帝大がさらに有利に

 文部科学省は来年度から大学に対する新しい研究助成の制度を開始する。研究内容ごと …

ginkou
日本ではなぜ借金の個人保証がなくならないのか?

 民法の抜本改正を検討している法制審議会(法務大臣の諮問機関)が、中小企業融資に …

sonyhirai
ソニーが最悪のタイミングで増資を発表。もはやグローバル企業ではなくなった?

 ソニーが突然、公募増資などによる最大4400億円の資金調達を発表した。業績回復 …

abe20141110
永田町で再び解散説が急浮上。ターゲットは11月17日のGDP発表直後?

 永田町に再び衆議院の解散風が吹き始めた。安倍首相は「解散はまったく考えていない …

ana787
最新鋭ボーイング787が4連続トラブル。ボーイング社や素材を開発した東レの株価が下落

 夢の最新鋭機として鳴り物入りで導入された最新鋭機ボーイング787型機が4連続で …

rikokkyoonnkaho
中国の新閣僚が出揃う。閣僚人事では習近平氏は劣勢?

 中国政府の新しい閣僚人事が決定した。全国人民代表大会(全人代=国会に相当)は3 …

alibaba
アリババがとうとう上場。楽天との比較で分かる、国内EC市場の限界

 中国の電子商取引最大手アリババ集団は2014年9月19日、米ニューヨーク証券取 …

gpifhiritsu201406
公的年金の株式シフトが前倒しスタート。一部からは利益の先取り懸念も

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2014年8月2 …

no image
シャープは本来ならアップルの強烈なライバル・メーカーになるはずだった!

 シャープは、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業と共同で、新型液晶「IGZO」を搭載 …

no image
韓国ソウルの放射能アルファルト問題。結局住民は大量被曝していた

 昨年11月に韓国ソウル市内のアスファルトから高い放射能が検出された問題で、ソウ …