ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

フェイスブックはスマホ広告が堅調で過去最高益。ただし北米依存の状況はあまり変わらず

 

 SNS最大手の米フェイスブックは2014年7月23日、2014年4~6月期の決算を発表した。売上高は前年同期比61%増の29億1000万ドル(約2954億円)、純利益は約2.4倍の7億9100万ドル(803億円)になった。モバイル向け広告が好調で、売上高、利益とも四半期ベースで過去最高となった。

 facebookmobile 6月末時点における月間利用者数は13億1700万人で昨年よりも14%増加した。一方、モバイル端末経由の利用者は10億7000万人で昨年よりも31%増加している。全体の利用者の伸びに対して、モバイル経由の利用者の伸びが顕著であり、スマホ・シフトが同社の収益を拡大させている。

 また利用者数の増加と比較して売上高の伸びが大きいことから、広告を使った収益化に弾みが付いていることを伺わせる。同社の業績は当分の間、堅調に推移することになるだろう。

 ただ、最近の同社の課題である新興国エリアの収益化という点では、あまり目立った成果を上げられていない。月間利用者数の地域別の割合は、北米が16%、欧州が22%、アジアが31%、その他が31%となっており、圧倒的にアジアとその他の地域が多い。
 一方、売上高の割合はこれとは正反対になっており、北米が約45%、欧州が28%、アジアが15%、その他12%となっている。利用者はアジアやその他の地域が中心だが、収益は圧倒的に北米に依存している。

 この傾向は以前からあまり変わっていない。この四半期は、多少、北米への依存度が低下したが、利用者数の比率を考えるとまだまだである。
 短期的には北米市場や欧州市場における広告の収益拡大が望めるので問題はないが、中長期的には、アジアやその他の地域における収益化をどう実現していくのかが、同社の成長を維持するカギとなってくるだろう。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

nichigin
資金循環統計を見れば、アベノミクスでお金がどう動いたのかが分かる

 日銀は2014年3月25日、2013年10~12月期の資金循環統計を発表した。 …

kokusaishusi201302
2月の経常収支は黒字転換したが、大きな流れは変わっていない

 財務省は4月8日、2月の国際収支を発表した。貿易収支は6770億円の赤字だが、 …

businessman07
厚労省のブラック企業調査。労働行政のパンドラの箱を開けてしまったとの声も

 厚生労働省は2013年12月17日、若者の使い捨てなどが疑われる、いわゆる「ブ …

kuruguman02
クルーグマン教授が安倍首相との会談内容を暴露。日本はオフレコの概念もガラパゴス

 政府側が非公開を前提にしていた国際金融経済分析会合でのやり取りを、ポール・クル …

sharp
シャープが最大1500億円の公募増資を実施。財務的な危機は脱することができるが・・・・

 経営再建中のシャープは9月18日、約1500億円の公募増資と175億円の第三者 …

seiryokuzu
ハフィントン上陸から1カ月。日本のWebジャーナリズムの勢力図はこうなっている!

 ハフィントンポスト日本版が鳴り物入りでスタートしてから1カ月強が経過した。思い …

tosho03
東証1部の時価総額がバブル越え。だが上場社数が増えているので当然といえば当然

 東証1部の時価総額が終値ベースで過去最高を更新し、バブル期の水準を超えた。ただ …

netttoflikusu
動画配信サービスの最大手ネットフリックが日本上陸。他とはちょっと違うワケ

 米国の動画配信サービス大手「Netflix(ネットフリックス)」がとうとう日本 …

mof03
法人減税は安倍政権の本当の「顔」を知るリトマス試験紙

 法人税減税の焦点である課税ベース拡大に関する議論が本格化している。政府の税制調 …

bukkajoushou
4月の消費者物価指数は、消費税の影響を除くと1.5%程度

 総務省は2014年5月30日、4月の消費者物価指数を発表した。全国レベルでは、 …