ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

梅雨明けを迎え、金融政策も夏休みモード。重大な決断は秋以降にやって来る

 

 総務省は2014年7月25日、6月の消費者物価指数を発表した。代表的な指数である「生鮮食料品を除く総合(コア指数)」は前年同月比3.3%の上昇となった。消費税の影響を除くと1.3%となり、上昇率の低下が続いている。

bukkajoushou 日銀では4月における消費増税による物価上昇を1.7%程度、5月は2%程度とみていた。5月の段階で消費税がフルに転嫁されたと考えると、6月以降についても2%程度の上乗せが続くことになる。そうなると、6月の消費者物価指数については、上昇率が1.3%ということになる。

 これを前提にすると、消費税の影響を差し引いた消費者物価指数の上昇率は、4月が1.5%、5月が1.4%、6月が1.3%ということになり、物価上昇率は鈍化が進んできていることになる。日銀が掲げる2%の物価上昇の実現はより難しくなっている。

 もっともこうした状況について市場はすでに折り込み済みである。消費者物価指数の上昇率鈍化はかなり前から予想されており、むしろ市場の注目は、夏場に上昇率が1%を割れるかどうか、秋以降に再び上昇に転じることができるかどうかにシフトしている。

 物価の上昇率が鈍化したのは、これまでの物価上昇が基本的に円安による輸入物価高騰によるものだからである。円安によって製品や原材料の輸入価格が上昇し、それが他の商品にも転嫁されていくことで全体の物価が上がってきた。だがこのところ円安が一段落しているため、物価上昇のスピードもそれに合わせて鈍化している。

 その意味では、アベノミクスや量的緩和策が本当に効果を発揮しているのかについては、秋以降にその真価が試されるということになる。
 これまで円安を材料に進んできた物価上昇が、自律的な物価上昇サイクルに結びついていけば、量的緩和策は成功したことになる。だが秋以降も物価上昇が鈍化したままだった場合には、追加緩和に対する圧力が高まることになるだろう。

 物価上昇の鈍化に伴って追加緩和を実施した場合、出口戦略はさらに難しくなる。緩和を続けないと継続的な物価上昇が期待できないという、一種の麻薬漬けのような状況になってしまうからである。

 日本列島は関東地方も梅雨明けとなり、いよいよ夏本番を迎えている。秋以降にやってくる決断の時期までは、金融政策についても夏休みモードということになるだろうか。

 - 経済 ,

  関連記事

no image
震災復興費は大手メーカーが流用していた。日本の製造業はもはや「保護産業」

 復興予算の流用や付け替えが問題となっているが、その流用先に大手メーカーが多数含 …

usakoyoutoukei201405
雇用が完全回復しても二極分化が続く米国の状況は、日本の近未来図?

 米労働省は2014年6月6日、5月の雇用統計を発表した。非農業部門の新規雇用者 …

super02
5月の物価上昇は増税の影響を除くと鈍化。家計支出も大幅な落ち込み

 総務省は2014年6月27日、5月の消費者物価指数を発表した。代表的な指数であ …

abe20140220
政府内部で法人税減税の議論が始まる。問題の本質は課税ベースの拡大にあり

 政府内部で法人減税に関する具体的検討が始まった。経済財政諮問会議2014年2月 …

bouekikontena
10~12月GDPはプラス1%。個人消費は横ばいで、状況は大きく変わらず

 内閣府は2017年2月13日、2016年10~12月期のGDP(国内総生産)速 …

no image
フランスの高級ワイナリーを中国人が大人買い。その真相は?

 フランスの2大ワイン産地の一つであるブルゴーニュ地方にある老舗ワイナリー(現地 …

abe5gatsukeizai
安倍政権vs年金官僚。年金運用の株式シフトをめぐって大バトル

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の運用方針見直しを …

tosho
東証が企業に対して踏み込んだ適時開示をするよう指導中。背後にある問題とは?

 東京証券取引所が、投資家に対する適時開示について、より踏み込んだ内容にするよう …

ooigenpatu
エネルギー基本計画が閣議決定へ。各方面の要望をテンコ盛りでボヤける全体像

 自民・公明両党は、国のエネルギー政策の中長期的な指針となる「エネルギー基本計画 …

businessman02
非正規社員の数が過去最多。このほかにも実質賃下げを示唆する出来事が増加中

 総務省は8月13日、4~6月期の労働力調査の結果を発表した。それによると、非正 …