ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

梅雨明けを迎え、金融政策も夏休みモード。重大な決断は秋以降にやって来る

 

 総務省は2014年7月25日、6月の消費者物価指数を発表した。代表的な指数である「生鮮食料品を除く総合(コア指数)」は前年同月比3.3%の上昇となった。消費税の影響を除くと1.3%となり、上昇率の低下が続いている。

bukkajoushou 日銀では4月における消費増税による物価上昇を1.7%程度、5月は2%程度とみていた。5月の段階で消費税がフルに転嫁されたと考えると、6月以降についても2%程度の上乗せが続くことになる。そうなると、6月の消費者物価指数については、上昇率が1.3%ということになる。

 これを前提にすると、消費税の影響を差し引いた消費者物価指数の上昇率は、4月が1.5%、5月が1.4%、6月が1.3%ということになり、物価上昇率は鈍化が進んできていることになる。日銀が掲げる2%の物価上昇の実現はより難しくなっている。

 もっともこうした状況について市場はすでに折り込み済みである。消費者物価指数の上昇率鈍化はかなり前から予想されており、むしろ市場の注目は、夏場に上昇率が1%を割れるかどうか、秋以降に再び上昇に転じることができるかどうかにシフトしている。

 物価の上昇率が鈍化したのは、これまでの物価上昇が基本的に円安による輸入物価高騰によるものだからである。円安によって製品や原材料の輸入価格が上昇し、それが他の商品にも転嫁されていくことで全体の物価が上がってきた。だがこのところ円安が一段落しているため、物価上昇のスピードもそれに合わせて鈍化している。

 その意味では、アベノミクスや量的緩和策が本当に効果を発揮しているのかについては、秋以降にその真価が試されるということになる。
 これまで円安を材料に進んできた物価上昇が、自律的な物価上昇サイクルに結びついていけば、量的緩和策は成功したことになる。だが秋以降も物価上昇が鈍化したままだった場合には、追加緩和に対する圧力が高まることになるだろう。

 物価上昇の鈍化に伴って追加緩和を実施した場合、出口戦略はさらに難しくなる。緩和を続けないと継続的な物価上昇が期待できないという、一種の麻薬漬けのような状況になってしまうからである。

 日本列島は関東地方も梅雨明けとなり、いよいよ夏本番を迎えている。秋以降にやってくる決断の時期までは、金融政策についても夏休みモードということになるだろうか。

 - 経済 ,

  関連記事

kosakukiki
1月の機械受注は反動で大幅増。全体にブレが大きくなりトレンドが不明確に

 内閣府は2014年3月13日、1月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

usakoyoutoukei201403
良好な雇用統計にも関わらず、米国株が大幅下落。潮目は変わったのか?

 米労働省は2014年4月4日、3月の雇用統計を発表した。非農業部門の新規雇用者 …

no image
震災復興費は大手メーカーが流用していた。日本の製造業はもはや「保護産業」

 復興予算の流用や付け替えが問題となっているが、その流用先に大手メーカーが多数含 …

westinghousegenson
東芝が米中核子会社で巨額損失。米国人社員に「チャレンジ」は通用しなかった

 不正会計問題を抱える東芝は、これまで開示してこなかった米国の原子力子会社ウェス …

abeaso
形骸化が進む成長戦略の議論。法人税減税はもはや無意味になりつつある

 成長戦略に関する議論の形骸化がさらに進みつつある。政府は2014年1月20日、 …

google2014
グーグル2015年1Q決算は、成長鈍化で投資先行。ロボットなどが収益に貢献するのはまだ先

 米グーグルは2015年4月23日、2015年1~3月期の決算を発表した。主力の …

kuroda02
日銀サプライズ追加緩和。長期金利を意識したものだった可能性も

 日銀は10月31日の金融政策決定会合において、追加の量的緩和策を決定した。追加 …

doragi02
欧州の長期金利上昇が日本にも波及。日銀に残された時間は少ない

 欧州の長期金利が上昇している。ECB(欧州中央銀行)が量的緩和策の縮小を検討し …

aso03
政権幹部から景気に対する慎重な見方が相次ぐ。消費増税の影響は予想より大きい?

 安倍政権幹部から、景気の先行きに対する慎重な発言が目立っている。甘利経財相が「 …

oilpump
原油価格が50ドル割れ。マクロ的な状況を考えると急上昇リスクへの警戒も必要

 原油価格の下落が止まらない。ギリシャの政情不安が重なったことで投資家の心理は冷 …