ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

梅雨明けを迎え、金融政策も夏休みモード。重大な決断は秋以降にやって来る

 

 総務省は2014年7月25日、6月の消費者物価指数を発表した。代表的な指数である「生鮮食料品を除く総合(コア指数)」は前年同月比3.3%の上昇となった。消費税の影響を除くと1.3%となり、上昇率の低下が続いている。

bukkajoushou 日銀では4月における消費増税による物価上昇を1.7%程度、5月は2%程度とみていた。5月の段階で消費税がフルに転嫁されたと考えると、6月以降についても2%程度の上乗せが続くことになる。そうなると、6月の消費者物価指数については、上昇率が1.3%ということになる。

 これを前提にすると、消費税の影響を差し引いた消費者物価指数の上昇率は、4月が1.5%、5月が1.4%、6月が1.3%ということになり、物価上昇率は鈍化が進んできていることになる。日銀が掲げる2%の物価上昇の実現はより難しくなっている。

 もっともこうした状況について市場はすでに折り込み済みである。消費者物価指数の上昇率鈍化はかなり前から予想されており、むしろ市場の注目は、夏場に上昇率が1%を割れるかどうか、秋以降に再び上昇に転じることができるかどうかにシフトしている。

 物価の上昇率が鈍化したのは、これまでの物価上昇が基本的に円安による輸入物価高騰によるものだからである。円安によって製品や原材料の輸入価格が上昇し、それが他の商品にも転嫁されていくことで全体の物価が上がってきた。だがこのところ円安が一段落しているため、物価上昇のスピードもそれに合わせて鈍化している。

 その意味では、アベノミクスや量的緩和策が本当に効果を発揮しているのかについては、秋以降にその真価が試されるということになる。
 これまで円安を材料に進んできた物価上昇が、自律的な物価上昇サイクルに結びついていけば、量的緩和策は成功したことになる。だが秋以降も物価上昇が鈍化したままだった場合には、追加緩和に対する圧力が高まることになるだろう。

 物価上昇の鈍化に伴って追加緩和を実施した場合、出口戦略はさらに難しくなる。緩和を続けないと継続的な物価上昇が期待できないという、一種の麻薬漬けのような状況になってしまうからである。

 日本列島は関東地方も梅雨明けとなり、いよいよ夏本番を迎えている。秋以降にやってくる決断の時期までは、金融政策についても夏休みモードということになるだろうか。

 - 経済 ,

  関連記事

suga20140204
今回の株価下落はアベノミクス失望売りなのか?という議論が不毛である理由

 ここ数日、株価が急落していることについて、アベノミクスに対する失望が原因なのか …

kyuyomeisai02
4月の実質賃金は24カ月ぶりに上昇。だが中身は物価上昇率の鈍化

 賃金の伸びから物価の上昇分を差し引いた4月の実質賃金が24カ月ぶりに増加となっ …

imf201306
IMFが最新の世界経済見通しを発表。日本は大型公共事業の効果で主要国トップの成長率

 国際通貨基金(IMF)は7月9日、最新の世界経済見通しを発表した。全世界の20 …

jidoushayushutu
米国で日本の系列取引に対する批判が再燃の可能性。今回はもう取引材料がない?

 一時期は鳴りを潜めていた日本メーカーに対する批判が、米国で再燃しそうな兆候が出 …

brics
BRICSが世界銀行やIMFに対抗してBRICS銀行を創設。だがタイミングが今一つ・・・・

  BRICS(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ)は3月26日、南アフ …

kuroda02
これ以上の円安はないという黒田発言の真意は?

 日銀の黒田総裁は2015年6月10日、現在の円安水準は行き過ぎとの発言を行った …

dentaku
政府がとうとうデフレの表現を削除。だが実態は輸入価格上昇によるインフレ

 政府は2013年12月24日の月例経済報告において「デフレ」の表現を削除する。 …

apuruwochi
アップルウオッチの登場で金の価格形成メカニズムが変わる?

 米アップルは2015年3月9日、腕時計型のウェアラブル端末「アップルウオッチ」 …

kuroda
日銀黒田総裁が消費税増税を肯定しなければならない理由

 日銀の黒田総裁は8月8日、金融政策決定会合後の記者会見において「脱デフレと消費 …

gamen
日本で物価が上がらないのは、産業構造による影響が大きい?

 日銀が量的緩和策をスタートさせてから2年になろうとしている。当初は労働力不足な …