ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

IMFの世界経済見通し。機関車役だった米国の失速で、多くの国が下方修正

 

 IMF(国際通貨基金)は2014年7月24日、世界経済見通しの改定値を発表した。2014年の世界経済の成長率予測は、物価変動の影響を除いた実質でプラス3.4%となり、4月時点の見通しから0.3ポイント低下した。

imf201407

 IMFでは毎年4月と10月に世界経済の見通しを発表しているが、それぞれの中間で見通しの改定値を出している。今回の発表は2014年4月に出した見通しの改定値である。

 2014年における世界経済の成長率予測が0.3ポイント低下したのは、これまで世界経済の機関車役であった米国の見通しが大幅に引き下げられたからである。

 米国の成長率見通しはプラス1.7%で、前回見通しから1.1ポイントも低下した。米国経済は、新興国の景気低迷から輸出が落ち込んだことや、堅調だった内需が冬の大寒波の影響を受けて低迷したことで、成長率が大幅に低下した。
 米国経済の規模は世界経済全体の23%を占める巨大なものであり、このところ世界経済は米国の成長だけに依存する不安定な状態が続いていた。巨大経済圏である米国が1.1ポイントの低下ということになると、世界全体への影響は極めて大きくなる。

 ユーロ圏の成長率はプラス1.1%と前回の見通しから変化していない。ただ0.2ポイントの上方修正となったドイツに対して、フランスとイタリアの成長率はそれぞれ0.3ポイント下方修正された。好調なドイツと低迷するフランス、イタリアの差がさらに明確になっている。

 日本は大型の公共事業の効果から0.3ポイント引き上げられ、プラス1.6%となった。ロシア、中国、南米など新興国は軒並み成長率見通しが引き下げられており、横ばいだったのはインドだけである。

 このところ米国市場の金利低下が市場の注目を集めている。金利の低下は、潜在成長率の低下を反映した構造的なものであるという見方と、需給による一時的な要因にすぎないという見方の二つがあった。今回の成長率見通しの引き下げ状況を見ると、潜在成長率の低下である可能性がより高くなってきたといえるだろう。
 ただ米国経済の今後の見通しについて悲観的に見る人は少ない。米国は持続的な成長サイクルに入っているとの見方が大半であり、成長率はいずれ回復してくると考えられている。

 米国は量的緩和策をほぼ終了させつつあり、すでに出口戦略に向かっている。だが成長率の低迷が長期化し、思うように金利が上げられないのだとすると、出口戦略のスケジュールについては見直されることになるのかもしれない。

 - 経済 ,

  関連記事

businessphone01
職場で電話を取りたがらない若者急増中。だが世代間ギャップの話にするのは危険

 最近、会社内において電話を取れない(取らない)若手社員が増えているという。デジ …

economistataranai
7~9月期GDPは何とマイナス1.6%。エコノミストの予想はなぜこうも当たらないのか?

 内閣府は2014年11月17日、7~9月期のGDP(国内総生産)速報値を発表し …

shanhai
中国から200兆円を超えるお金が不正に流出。中国の金庫は実はスッカラカン?

 米国の民間研究機関グローバル・フィナンシャル・インテグリティー(GFI)は17 …

niinami
ローソンの新浪社長がアベノミクスに賛同し賃上げを実施。政界転職の布石か?

 ローソンは7日、グループ内の若手社員の年収を平均で3%上げると発表した。年2回 …

nissanngone
日産が三菱を救済。安い買い物か、高い買い物かは現時点では不透明

 日産自動車は2016年5月12日、データ改ざん問題で揺れる三菱自動車に約240 …

shanhai
日本企業の4社に1社が海外に現地法人を設立。輸出の時代は完全に終わった

 経済産業省は26日、2012年企業活動調査速報を発表した。この中で、日本の製造 …

nichigin
目立った成果がないのに日銀の緩和継続のニュースで株価が急上昇した理由

 日銀は2014年2月18日、金融政策決定会合において大規模な金融緩和策の継続を …

setubitousi
政府与党内で減税論議が本格化。設備投資減税が中心だが場合によっては法人減税も

 9月になり、秋の臨時国会が視野に入り始めたことで、政府与党内における減税論議が …

yawata
大手企業が相次いでTV通販業界を侵食。背景にはガラパゴス大企業の甘えが・・・

 これまで地方に拠点を置く企業が中心となっていたテレビ通販業界に、著名な大手企業 …

wintel
業績回復も岐路に立たされるMSとインテル。旧世代IT企業はスマホを攻めるべきか?

 マイクロソフトやインテルといった旧世代IT企業の業績に回復の兆しが見え始めてい …