ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

政府が財政収支の試算を公表。2020年度PB黒字化は達成困難に

 

 政府は2014年7月25日、「中長期の経済財政に関する試算」を公表した。日本政府が事実上の国際公約として掲げる2020年度における基礎的財政収支(プライマリーバランス)の黒字化は、達成が困難であることがよりはっきりした。

zaiseishuusi

 中長期試算は、内閣府が毎年、冬と夏にまとめているもので、10年後の経済成長と財政状況についてシミュレーションしたもの。
 2015年度に基礎的財政収支の赤字を2010年度から半減(GDP比)するという政府目標については、ほぼ達成が可能という状況になったが、もうひとつの目標である、2020年度における黒字化は、達成が困難であることがより明確になった。

  今回の試算では、2015年度の基礎的財政収支は16.1兆円の赤字となる見込み。前回の試算では16.4兆円の赤字だったので、約3000億円ほど収支が改善した。2013年度の税収増が大きく寄与したと考えられる。
 一方、2020年度については11兆円の赤字となっている。前回の試算では11.9兆円なので約9000億円ほど改善している。この試算は消費税を10%に増税することが前提となっているので、消費税を増税したとしても、今のままでは財政収支目標を達成するのは困難ということになる。

 もっとも、財政収支は税収見込みをどの程度と仮定するのかで大きく変わってくる。財政当局は税収見込みを常に厳しく見る傾向があり、現実には試算よりも税収を多く確保できる可能性がある。

 今回の試算では経済成長率などの基礎的条件について、前回試算よりも引き下げているが、税収の見込額は、むしろ増大させている。税収の見込みによって収支の数字はかなり動かせるものであることを理解しておく必要があるだろう。

 ただ、そうした事情を差し引いても、2020年度における収支黒字化の達成が極めて困難であるという現実は変わらない。公約達成を実現するためには、これまでずっと先延ばしにしてきた社会保障費の削減に手を付ける必要が出てくるだろう。

 - 政治, 経済 ,

  関連記事

lewzaimuchokan
財政再建にメドを付けた米国。財政が悪化する日本。すべては金利次第という驚愕の事実

 米財務省は10月30日、2013年度の財政収支を発表した。財政赤字の規模が当初 …

contena2
円安なのに輸出が増えない!Jカーブ効果というが本当なのか?

 財務省が20日発表した1月の貿易収支は1兆6294億円の赤字となり、単月の赤字 …

PHM11_0589
いくら緩和しても経済成長なんてムリ!日銀のホンネが聞こえてくる

 2014年度の消費者物価指数(CPI)上昇率見通しが日銀の目標値である1%に届 …

contena
経常収支が2ヶ月連続の赤字。とうとう日本が経常赤字国へ転落するサインか?

 財務省は2月8日、2012年の国際収支を発表した。それによると、経常収支は4兆 …

usakoyoutoukei201505
5月の米雇用統計は予想外に良好。景気の停滞はやはり一時的?

 米労働省が発表した5月の雇用統計は、市場予想を大幅に上回る結果となった。このと …

bouekitoukei 201503
貿易収支は2年9カ月ぶりに黒字。長期的に赤字傾向は変わらない可能性が高い

 財務省は2015年4月22日、3月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

kuroda
日銀による国債の「大人買い」で、大量のマネーはどこへ向かう?

 日銀は4月4日、これまでとは規模感の異なる大胆な金融緩和策を打ち出したが、市場 …

kousai20130513
日米で金利が急上昇。米国は景気拡大を反映しているが、日本はどう解釈すべきか?

 日米で長期金利が上昇傾向を見せ始めている。米国の金利上昇についは、市場関係者の …

ichimanen
来年度の国債の発行総額は180兆円を突破。国債管理政策は正念場へ

 財務省は2013年12月24日、2014年度の国債発行計画を発表した。国債発行 …

sonyhonsha
ソニーが相次いでリストラ策。だが今後の戦略についてはいまだ不透明

 業績低迷が続くソニーが、相次いでリストラ策を打ち出している。個々の施策はそれな …