ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

安倍政権が内閣改造へ。背景にあるのは来年の解散総選挙?

 

 安倍首相が内閣改造を実施する方針を固めた。集団的自衛権行使容認に関連する法整備や地方創世に向けた体制作りが表向きの理由だが、背景には解散総選挙をにらんだ駆け引きがある。安倍政権は長期政権に向けて大きな転換点を迎えつつある。

abe201407

 改造内閣では、安保法制担当相と地方創生担当相が新設される予定。
 安倍氏が地方創世を重視しているのは、来年春に実施される統一地方選挙が迫っているからである。アベノミクスの効果はまだ地方には十分に行き渡っておらず、統一地方選で敗北するような状況になれば、長期政権に黄色信号が点灯してしまう。地方への配分を手厚くすることで、統一地方選を乗り切りたい構えだ。

 その先には、さらに重要な政治日程がある。現在の衆院議員の任期満了は2016年12月、同じ年の7月には参院選も行われる。
 衆参同日選挙の実施は資金的に厳しいことから、実施はないとする見方も多い。そうなってくると、仮に早期解散のメリットがないにしても、2015年あたりには解散総選挙を行うというスケジュールが現実味を帯びてくる。

 安倍政権としては、地方創世を掲げて来年の統一地方選挙を乗り切り、その勢いで解散という流れを作りたいと考えているかもしれない。自民党は長く野党の時代が続いたので、ポスト待ちの議員がたくさんいる。選挙ということになれば、大臣や副大臣を経験したという肩書きの影響は大きいので、多くの議員が内閣改造を心待ちにしている。

 もっとも2015年の解散にも障壁はたくさんある。同年9月に予定されている自民党の総裁選と、10月に予定されている消費税の10%引き上げである。

 これらのパズルをうまく組み合わせることができれば、安倍政権は本格的な長期政権を実現することが可能となる。選挙が近いことを考えると、内閣改造人事の目玉は、やはり菅官房長官と石破幹事長の処遇ということになるだろう。この2人が就任するポストを見れば、解散シナリオはおおよそ見えてくるはずだ。

 - 政治 , , ,

  関連記事

merukerurikokyo02
中国の李首相がドイツでメルケル首相と会談。気をよくしたのか対日批判「舌」好調

 中国の李克強首相は5月26日、ドイツを訪問しベルリンでメルケル首相と会談した。 …

krugman
アベノミクスをクルーグマン教授が評価したという記事で触れられなかった事実とは?

 米国の著名な経済学者ポール・クルーグマン氏が安倍政権の経済政策「アベノミクス」 …

su24
トルコがロシア軍機を領空侵犯で撃墜。何とも面倒なアサド政権の存在

 トルコ政府は2015年11月24日、内戦が続くシリアとトルコの国境付近において …

piketishasin
日本の所得上位1%が年収1300万円という識者の指摘は本当か?

 ピケティ・ブームが続く中、日本の所得上位1%は1300万円からという数字がネッ …

abekeizai201311
公共事業費の抑制をめぐって綱引き激化。財務省が本当に危惧している事態とは?

 2014年度予算の編成作業が大詰めを迎えているが、公共事業費の抑制をめぐって議 …

doruen201412
円高要因が見当たらない?。市場ではすでに1ドル=120円以後の展開に注目

 ドル円相場が1ドル=119円台後半まで下落したことで、市場はすでに120円突破 …

gwcvn73
握手と蹴り合い。防空識別圏をめぐる単純ではない米中交渉の行方

 米国のバイデン副大統領は日本訪問に引き続いて、12月4日から中国を訪問する。中 …

seiyujo
経済産業省が石油業界に合理化を要望。「上からの改革」はうまくいくのか?

 経済産業省は石油元売り各社に設備の統合を促す方針を固めた。日経新聞の報道による …

yamatoyusei
ヤマト運輸と政府のバトルが再び勃発。郵政上場でも、まったく状況は変わらず

 郵便事業をめぐるヤマト運輸と政府のバトルが久々に復活した。ヤマト運輸は2015 …

kuroda
黒田日銀が、このタイミングで構造改革路線を主張し始めた理由

 日銀が、かつての「構造改革路線」を強く主張し始めている。黒田総裁は2014年5 …