ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

安倍政権が内閣改造へ。背景にあるのは来年の解散総選挙?

 

 安倍首相が内閣改造を実施する方針を固めた。集団的自衛権行使容認に関連する法整備や地方創世に向けた体制作りが表向きの理由だが、背景には解散総選挙をにらんだ駆け引きがある。安倍政権は長期政権に向けて大きな転換点を迎えつつある。

abe201407

 改造内閣では、安保法制担当相と地方創生担当相が新設される予定。
 安倍氏が地方創世を重視しているのは、来年春に実施される統一地方選挙が迫っているからである。アベノミクスの効果はまだ地方には十分に行き渡っておらず、統一地方選で敗北するような状況になれば、長期政権に黄色信号が点灯してしまう。地方への配分を手厚くすることで、統一地方選を乗り切りたい構えだ。

 その先には、さらに重要な政治日程がある。現在の衆院議員の任期満了は2016年12月、同じ年の7月には参院選も行われる。
 衆参同日選挙の実施は資金的に厳しいことから、実施はないとする見方も多い。そうなってくると、仮に早期解散のメリットがないにしても、2015年あたりには解散総選挙を行うというスケジュールが現実味を帯びてくる。

 安倍政権としては、地方創世を掲げて来年の統一地方選挙を乗り切り、その勢いで解散という流れを作りたいと考えているかもしれない。自民党は長く野党の時代が続いたので、ポスト待ちの議員がたくさんいる。選挙ということになれば、大臣や副大臣を経験したという肩書きの影響は大きいので、多くの議員が内閣改造を心待ちにしている。

 もっとも2015年の解散にも障壁はたくさんある。同年9月に予定されている自民党の総裁選と、10月に予定されている消費税の10%引き上げである。

 これらのパズルをうまく組み合わせることができれば、安倍政権は本格的な長期政権を実現することが可能となる。選挙が近いことを考えると、内閣改造人事の目玉は、やはり菅官房長官と石破幹事長の処遇ということになるだろう。この2人が就任するポストを見れば、解散シナリオはおおよそ見えてくるはずだ。

 - 政治 , , ,

  関連記事

yudachi
中国艦艇が日本の護衛艦に事実上の発射予告。中国側の真の目的は何か?

 防衛省は5日、東シナ海の公海上で中国海軍の艦艇が海上自衛隊の護衛艦に対し、射撃 …

f15se
韓国が次期戦闘機としてF15を不採用。理由はステルス性能不足ということなのだが・・・・

 次期戦闘機の選定を行ってきた韓国政府は9月24日、最終選考に残っていた米ボーイ …

no image
石油で世界制覇を目論むロシア。危険なゲームに乗り出す英国。日本も巻き込まれるゾ!

 ロシアの国策石油会社の存在感が高まっている。  ロシアの国営石油最大手ロスネフ …

lng2
米国が天然ガスの日本輸出を許可。これが経済や政治にもたらすインパクトは大きい

 米エネルギー省は5月17日、日本に対する天然ガスの輸出を許可すると発表した。テ …

oilpump
米国がエネルギーの完全自給が可能に。世界的な安全保障の枠組みに変化の可能性

 国際エネルギー機関(IEA)は12日、米国が近い将来、世界最大のエネルギー産出 …

senkaku
中国の外交文書が尖閣は日本領土と記載。だが本質はそんなところにあるのではない

 中国が領有権を主張している尖閣諸島について、領有権を主張する中国側の根拠が揺ら …

kokuritsukyogijo
新国立競技場の建設費用は何と2500億円。昔の東京オリンピックと比較すると?

 東京オリンピックの会場となる新国立競技場の建設費が2500億円を突破する見通し …

saikousai
波紋を呼ぶ前内閣法制局長官の発言。やはり日本では三権分立は無理なのか?

 前内閣法制局長官で最高裁判事に任命された山本庸幸氏は21日、記者会見において「 …

no image
吹田市の随意契約問題は方法が稚拙なだけ。官公庁に蔓延する入札を偽装する手口

 大阪府吹田市が、市長の後援会副会長が社長を務める電気工事会社に対し、市庁舎の太 …

seifuzeichou
政府税調がスタート。だが重要な権限はすべて党税調に握られている

 安倍政権発足後としては初めてとなる、政府税制調査会(政府税調)の第1回目の会合 …