ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

安倍政権が内閣改造へ。背景にあるのは来年の解散総選挙?

 

 安倍首相が内閣改造を実施する方針を固めた。集団的自衛権行使容認に関連する法整備や地方創世に向けた体制作りが表向きの理由だが、背景には解散総選挙をにらんだ駆け引きがある。安倍政権は長期政権に向けて大きな転換点を迎えつつある。

abe201407

 改造内閣では、安保法制担当相と地方創生担当相が新設される予定。
 安倍氏が地方創世を重視しているのは、来年春に実施される統一地方選挙が迫っているからである。アベノミクスの効果はまだ地方には十分に行き渡っておらず、統一地方選で敗北するような状況になれば、長期政権に黄色信号が点灯してしまう。地方への配分を手厚くすることで、統一地方選を乗り切りたい構えだ。

 その先には、さらに重要な政治日程がある。現在の衆院議員の任期満了は2016年12月、同じ年の7月には参院選も行われる。
 衆参同日選挙の実施は資金的に厳しいことから、実施はないとする見方も多い。そうなってくると、仮に早期解散のメリットがないにしても、2015年あたりには解散総選挙を行うというスケジュールが現実味を帯びてくる。

 安倍政権としては、地方創世を掲げて来年の統一地方選挙を乗り切り、その勢いで解散という流れを作りたいと考えているかもしれない。自民党は長く野党の時代が続いたので、ポスト待ちの議員がたくさんいる。選挙ということになれば、大臣や副大臣を経験したという肩書きの影響は大きいので、多くの議員が内閣改造を心待ちにしている。

 もっとも2015年の解散にも障壁はたくさんある。同年9月に予定されている自民党の総裁選と、10月に予定されている消費税の10%引き上げである。

 これらのパズルをうまく組み合わせることができれば、安倍政権は本格的な長期政権を実現することが可能となる。選挙が近いことを考えると、内閣改造人事の目玉は、やはり菅官房長官と石破幹事長の処遇ということになるだろう。この2人が就任するポストを見れば、解散シナリオはおおよそ見えてくるはずだ。

 - 政治 , , ,

  関連記事

abe20130901
秋にまとまる一連の成長戦略パッケージは、事実上の計画経済へのシフト?

 秋の臨時国会に提出が予定されている産業競争力強化法案など、一連の成長戦略パッケ …

masudahiroya
東京の税収を地方に強制分配せよと主張していた増田氏の立候補で、東京はどうなる?

 東京都知事選挙に増田寛也元総務相が立候補を表明したことで、東京都の税収が地方に …

nodae02
野田首相が最悪のタイミングで解散を決断。憲政史上もっとも幼稚な解散の一つに

 首相の解散権は「伝家の宝刀」と呼ばれ、首相の専権事項であり、首相の権力の源泉で …

tusnami
避難場所の3割に津波。自分の身は自分で守るという意識こそが地域の安全を高める

 内閣府が東日本大震災の被災者に対して行ったアンケート調査で、自治体が指定する避 …

joseikatuyaku
政府が1億総活躍社会における経済効果を試算。個人消費は13.7兆増えるとしているが・・・

 政府は2016年4月18日、一億総活躍社会を目指す取り組みが実現した場合の経済 …

no image
経済界の言い分に騙されるな!中国ビジネスは尖閣より前に大失速している

 領有権問題の長期化を懸念する声が経済界を中心に高まっている。 経団連の米倉会長 …

seifusaimu
政府の借金が10倍の8000兆円になる?財務省ビックリ試算の中身

 財務省の財政制度等審議会は、政府が現在の財政健全化目標を達成できたとしても、そ …

koyouchingin
雇用環境は改善しているのに、生活実感は悪化。続く需給のミスマッチ

 雇用と生活環境のミスマッチが拡大している。求人倍率が増加し失業率は過去最低水準 …

renzi
イタリア政局混迷再び。新首相候補レンツィ氏は爽やか系チョイ悪オヤジ

 イタリアの政局が再び混迷の度合いを高める可能性が高まってきた。1年ほど大連立政 …

uenotizuko
上野千鶴子氏の発言をめぐって炎上騒ぎ。日本は本当に貧しくなってきたのかも・・・・

 日本におけるフェミニズムの先駆者の一人として知られる上野千鶴子氏の発言をめぐり …