ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

家計の消費支出は3カ月連続でマイナス。安倍政権は10%増税をどう判断するのか?

 

 総務省は2014年7月29日、6月の家計調査を発表した。2人以上の世帯の消費支出は27万2791円となり、物価変動の影響を除いた実質では、前年同月比で3.0%減少した。減少は3カ月連続。

super02

 4月の家計調査では、消費支出が前年同月比でマイナス4.6%となり、駆け込み需要の反動が顕在化した。
 5月以降は持ち直すかと思われていたが、消費の力は予想外に弱く、5月の消費支出はマイナス8.0%と4月をさらに下回った。6月もマイナス3.0%であった。

 1989年の消費税導入時や1997年の3%から5%への税率引き上げ時にも、駆け込み需要とその反動があったが、今回と比較すれば、影響は軽微であった。このまま消費が回復しないことになると、GDPの数値にもマイナスの影響が出てくる可能性がある。

 増税による消費の落ち込みをもっとも気にしているのは官邸かもしれない。今年の秋から冬にかけて、消費税の10%増税を決断する必要があり、この決断は安倍政権が長期政権を実現できるかどうかのカギを握っている。

 来年春には統一地方選挙があり、安倍首相は、その後解散に踏み切るとの噂がある。2016年には参議院選挙と衆議院の任期満了が重なっており、解散のタイミングとしては来年秋が最適と考えられているからだ。だが、消費増税による消費の落ち込みが激しくなっている中で10%への増税を決めるのは、選挙にマイナスの影響を与えてしまう。
 政権内部からは増税見送りの声がちらほらと聞こえてくるようになってきており、場合によっては政治的判断で増税見送りという可能性は十分に考えられるだろう。

 ただ、景気対策最優先で全体が一致しているのかというと、そういうわけでもない。一時期は日銀の追加緩和を求める声が強かったが、今のところ目立った動きはない。4月以降の消費の落ち込みはかなり激しいものなのだが、政治の世界では、意外なほど凪の状態が続いている。

 - 政治, 経済 ,

  関連記事

businessman06
ようやく発表になった米雇用統計。雇用なき景気回復の傾向がますます鮮明に

 米国の政府機関閉鎖の影響で公表が遅れていた9月の雇用統計が10月22日発表され …

shanhai
過大な期待や悲観は無用!中国市場に対する3つの誤解を解く

 近年、日本は中国という存在に振り回される状況が続いてきた。当初は巨大市場に乗り …

no image
ルネサスの早期退職に希望者殺到。支払うお金がなくなっちゃった!

 経営再建中の半導体大手ルネサスエレクトロニクスの早期退職プログラムに7511人 …

abeamari
成長戦略への不評から首相サイドが大慌て。首相の本心はどこに?

 成長戦略に対する市場の失望が大きかったことで、首相サイドが慌ただしい動きを見せ …

hatake
農業の競争力強化を目指す政府系ファンドが開業。実態は衰退する農業への補償金?

 農業の競争力強化を目指す官民ファンド「農林漁業成長産業化支援機構」が1日開業し …

abesingapore
大企業は実は法人税をあまり払っていない!安倍首相の法人減税見直し指示に異論

 安倍首相が法人税の引き下げを検討するよう関係府省に指示したとの報道が話題となっ …

r&d
知識産業化を背景に米欧でGDPの新基準導入が進む。日本は2016年がメド

 米政府は2013年からGDPの計算方法を見直す。これまで費用として処理していた …

dentaku
家計の金融資産は1798万円で過去最高を更新。引き続き株高が貢献

 総務省は2015年5月19日、2014年における家計調査の結果を発表した。1世 …

saitengai2
崔天凱駐米中国大使が、尖閣問題で中国寄りの対応をするよう米国に要請

 尖閣諸島問題をめぐる小野寺防衛大臣の発言に対して、崔天凱駐米中国大使が強い口調 …

siniakigyou
起業希望者はバブル期に比べて半減。だが高齢者起業家は急増中

 起業を希望する人の数が年々減少し、2012年にはピーク時の約半分になったことが …