ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

家計の消費支出は3カ月連続でマイナス。安倍政権は10%増税をどう判断するのか?

 

 総務省は2014年7月29日、6月の家計調査を発表した。2人以上の世帯の消費支出は27万2791円となり、物価変動の影響を除いた実質では、前年同月比で3.0%減少した。減少は3カ月連続。

super02

 4月の家計調査では、消費支出が前年同月比でマイナス4.6%となり、駆け込み需要の反動が顕在化した。
 5月以降は持ち直すかと思われていたが、消費の力は予想外に弱く、5月の消費支出はマイナス8.0%と4月をさらに下回った。6月もマイナス3.0%であった。

 1989年の消費税導入時や1997年の3%から5%への税率引き上げ時にも、駆け込み需要とその反動があったが、今回と比較すれば、影響は軽微であった。このまま消費が回復しないことになると、GDPの数値にもマイナスの影響が出てくる可能性がある。

 増税による消費の落ち込みをもっとも気にしているのは官邸かもしれない。今年の秋から冬にかけて、消費税の10%増税を決断する必要があり、この決断は安倍政権が長期政権を実現できるかどうかのカギを握っている。

 来年春には統一地方選挙があり、安倍首相は、その後解散に踏み切るとの噂がある。2016年には参議院選挙と衆議院の任期満了が重なっており、解散のタイミングとしては来年秋が最適と考えられているからだ。だが、消費増税による消費の落ち込みが激しくなっている中で10%への増税を決めるのは、選挙にマイナスの影響を与えてしまう。
 政権内部からは増税見送りの声がちらほらと聞こえてくるようになってきており、場合によっては政治的判断で増税見送りという可能性は十分に考えられるだろう。

 ただ、景気対策最優先で全体が一致しているのかというと、そういうわけでもない。一時期は日銀の追加緩和を求める声が強かったが、今のところ目立った動きはない。4月以降の消費の落ち込みはかなり激しいものなのだが、政治の世界では、意外なほど凪の状態が続いている。

 - 政治, 経済 ,

  関連記事

globalmoney
政府が資産の海外移転に対する対策を強化。だが本当の解決策は別なところにある

 個人が保有する海外資産の課税について政府が本格的な対策に乗り出している。すでに …

abeputin201612
大方の予想通り、ゼロ回答に終わった日露交渉。3000億円だけが一人歩き

 安倍首相とロシアのプーチン大統領は2016年12月15・16日、日本において首 …

usakoyoutoukei201402
2月の米雇用統計で失業率は悪化したのに、市場が高く評価した理由

 米労働省は2014年3月7日、2月の雇用統計を発表した。非農業部門の新規雇用者 …

yarigai
日本人の仕事に対する満足度が低いという調査結果をどう見る?

 ビジネスマン向けSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)大手の米リンク …

economistataranai
民需主導による成長がようやく見えてきた1~3月期のGDP速報値

 内閣府は2015年5月20日、2015年1~3月期のGDP(国内総生産)速報値 …

canadabank
英国が中央銀行総裁に外国人を登用。日銀の独立性というならこのくらいやってみろ!

 英国が中央銀行の次期総裁に外国人を任命し、市場関係者の中で驚きが広がっている。 …

zipcar
米レンタカー大手がカーシェア企業を買収。自動車社会は地殻変動を起こしつつある

 米国のレンタカー大手エイビス・バジェット・グループは2日、カーシェアリング大手 …

munyutin
反ウォール街だったはずのトランプ政権に多数のゴールドマン出身者

 選挙期間中からウォール街を敵視し、庶民の味方であることを強調していたトランプ大 …

f35
次期主力戦闘機F35の導入で露呈した、日米防衛産業の苦しい台所事情

 航空自衛隊の次期主力戦闘機であるF35の導入をめぐって、日米の防衛産業の苦しい …

passport
中国のパスポート領土表記問題。ベトナムが猛抗議するも現場では小遣い稼ぎをする輩も

 新しく発行が始まった中国のパスポートが大きな波紋を呼んでいる。パスポートに記載 …