ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

家計の消費支出は3カ月連続でマイナス。安倍政権は10%増税をどう判断するのか?

 

 総務省は2014年7月29日、6月の家計調査を発表した。2人以上の世帯の消費支出は27万2791円となり、物価変動の影響を除いた実質では、前年同月比で3.0%減少した。減少は3カ月連続。

super02

 4月の家計調査では、消費支出が前年同月比でマイナス4.6%となり、駆け込み需要の反動が顕在化した。
 5月以降は持ち直すかと思われていたが、消費の力は予想外に弱く、5月の消費支出はマイナス8.0%と4月をさらに下回った。6月もマイナス3.0%であった。

 1989年の消費税導入時や1997年の3%から5%への税率引き上げ時にも、駆け込み需要とその反動があったが、今回と比較すれば、影響は軽微であった。このまま消費が回復しないことになると、GDPの数値にもマイナスの影響が出てくる可能性がある。

 増税による消費の落ち込みをもっとも気にしているのは官邸かもしれない。今年の秋から冬にかけて、消費税の10%増税を決断する必要があり、この決断は安倍政権が長期政権を実現できるかどうかのカギを握っている。

 来年春には統一地方選挙があり、安倍首相は、その後解散に踏み切るとの噂がある。2016年には参議院選挙と衆議院の任期満了が重なっており、解散のタイミングとしては来年秋が最適と考えられているからだ。だが、消費増税による消費の落ち込みが激しくなっている中で10%への増税を決めるのは、選挙にマイナスの影響を与えてしまう。
 政権内部からは増税見送りの声がちらほらと聞こえてくるようになってきており、場合によっては政治的判断で増税見送りという可能性は十分に考えられるだろう。

 ただ、景気対策最優先で全体が一致しているのかというと、そういうわけでもない。一時期は日銀の追加緩和を求める声が強かったが、今のところ目立った動きはない。4月以降の消費の落ち込みはかなり激しいものなのだが、政治の世界では、意外なほど凪の状態が続いている。

 - 政治, 経済 ,

  関連記事

airport
先進国と新興国の人材移動が活発に。グローバル時代の厳しい現実

 経済危機の長期化とグローバル経済の進展によって、先進国と新興国の間における人の …

nyse03
ダウがとうとう1万7000ドルの大台を突破。今後は利上げをにらんだ駆け引きに

 ダウ平均株価が2014年7月3日、とうとう1万7000ドルの大台を突破した。同 …

abe20130113
安倍首相がハイパーインフレにはならないとの見解。だが本当にそうなのか?

 安倍首相は11日の記者会見で、日銀の金融政策に関連して「ハイパーインフレは考え …

gajoen
都心部で大型不動産をめぐるマネーの動きが活発化。ようやくバブルの闇が消える?

 東京の不動産取引が活発になってきている。量的緩和策によるインフレ期待を背景に、 …

no image
ナイジェリアの公立学校で中国語教育始まる。国家覇権と言語は一体の関係

 中国が積極的に開発援助を行っているアフリカのナイジェリアで、公立学校における中 …

london02
EU離脱の国民投票が終了。結果がどうなるにせよ英国にとってメリットは少ない

 EU(欧州連合)からの離脱の是非を問う英国の国民投票が終了した。大勢は24日の …

kusuri
薬のネット販売規制解除へ。最高裁は常識ある判断を下した

 利権の温床、抵抗勢力の象徴といわれた薬のネット販売禁止措置がようやく廃止される …

chinaminshu
習近平氏が、民主党派代表と相次いで会談。中国には建前上、共産党以外の政党もある。

 習近平中国共産党総書記は25日、中国民主同盟、中国民主建国会など、中国の各民主 …

hulu
日テレが動画配信サービスHuluの日本事業を買収。テレビ局による囲い込みか?

 日本テレビ放送網は2014年2月28日、動画配信サービス「Hulu」の日本市場 …

jinmingen
人民元のロンドン直取引を通じて英中が急接近。チベット問題は完全に封印?

 英国のキャメロン首相がチベットのダライ・ラマ14世と会談して以来冷え込んでいた …