ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米不動産情報サイト大手2社が、ビックデータ時代を見据えて統合

 

 米国の不動産情報サイト大手のZillowは2014年7月28日、同じく不動産情報サイト大手のTruliaを買収すると発表した。買収金額は約35億ドル(約3567億円)。大手2社の統合で、不動産情報サイトの集約化が進むことになる。

 zillow201407 日本では住宅は一度買ってしまうと価値が下がってしまう一種の消耗品だが、米国では状況が異なる。
 米国では中古住宅市場が発達しており、新築住宅の7倍もの中古住宅が流通している。換金性が極めて高く、米国の一般庶民にとって自宅の不動産は最大の資産となっている。

 このため不動産情報サイトにおける情報の充実ぶりには目を見張るものがある。大手2社であるZillowとTruliaには、物件の価格、賃貸に出した場合の予想賃料、過去の売買履歴、評価額など、不動産の売買に必要なあらゆる情報が網羅されている。
 売りに出ていない物件もシステムが自動的に評価額を計算するので、事実上、両サイトには全米すべての住宅の評価額が掲載されていると考えてよい。

 Zillowの売上高は約1億9700万ドル、従業員数は887人。Truliaの売上げは1億4400万ドル、従業員数は1036人となっている。サイトの利用者数はZillowが8300万人、Truliaが5400万人、時価総額はZillowが64億ドル、Truliaは24億ドルとなっているので、Zillowが一歩リードした状況にある。両社が統合するのは無用な競合を避けるという意味では賢明な選択かもしれない。

 特に今後、急激な市場拡大が予想されるビックデータを使ったビジネスにおいては、両サイトのシステム基盤が統合されていることには大きな意味がある。
 このほか、ネット上でテナントを探したり、集金を代行する不動産管理サイトや、メンテナンス業者を仲介するサイトなど、米国では不動産に関する新しいネット・ビジネスが次々に登場している。今後はこうしたサービスの統合も進んでいくかもしれない。

 買収は株式交換で実施する。Trulia株1株につきZillow株0.444株を割り当てる。両サイトはすぐに統合はせず、当面独立した運営を続けるという。

 - IT・科学 , ,

  関連記事

inteldatacenter
米インテルの2014年1~3月期決算。オールド優良IT企業としての体質がより鮮明に

 半導体世界最大手の米インテルは2014年4月15日、2014年1~3月期の決算 …

fcatokai
米国からのプルトニウム返還要請は何を意味しているのか?

 日本政府が、米国から研究用として提供されていた高濃度プルトニウムを、米国に返還 …

fccbeikoku
米国で議論沸騰中の「ネットワーク中立性」って何だ?

 米連邦通信委員会(FCC)は2015年2月26日、インターネット回線を事実上の …

watsonibm
人工知能の本格普及が始まる兆し。これからの時代、知的職業はどう変わるのか?

  米IBMは2014年10月8日、同社の人工知能「ワトソン」を本格普及させるた …

abccook
携帯電話登場から約30年。ドコモとソフトバンクの立場は180度変わってしまった

 NTTドコモとソフトバンクの戦略の違いが鮮明になってきている。2013年9月の …

foxconn02
シャープに拒絶された鴻海が日本に開発拠点を設立。シャープ技術者の採用に乗り出す

 経営再建中のシャープに出資を検討したものの、最終的にはこれを断念した台湾の鴻海 …

no image
Wikiリークスのアサンジって誰?

 エクアドルに亡命を申請して大使館に逃げ込んだWikiリークスのアサンジ容疑者。 …

hinkleypoint
原発の建設・運用を外国に丸投げする、核保有国イギリスの決断をどう考えるべきか?

 英国が次世代原発の運営事業に対して中国企業による過半数の出資を認めたことが大き …

aribabachugoku
粗悪品の出品をめぐり中国当局とアリババが対立。やはりチャイナ・リスクは存在

 中国の電子商取引最大手アリババ・グループは2015年1月29日、2014年10 …

alibaba
アリババはコスト増加で利益減少。同社の競争環境は厳しくなってきた

 中国の電子商取引最大手アリババ・グループは2015年5月7日、2015年1~3 …