ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ツイッターのタイムライン閲覧数が回復。成長期待の維持で株価反転なるか?

 

 短文投稿サイトの米ツイッターは2014年7月29日、2014年4~6月期の決算を発表した。前年同期比で売上げが2.2倍に増加したことに加え、懸念材料であったタイムライン閲覧数の減少に歯止めがかかった。市場には安心感が広がっている。

twitter03

 最近の同社決算には、よくない兆候が出ていた。収益のカギを握るタイムライン閲覧数(一般的なサイトのページビューに相当)の伸び悩みが鮮明になっていたからである。

 同社の平均月間利用者数は2012年以降、四半期決算ごとに平均8%の伸びを見せている。当初は利用者数の増加に応じてタイムライン閲覧数も伸びていたのだが、2013年10~12月期の決算で異変が生じた。月間利用者数が伸びているにもかかわらず、タイムライン閲覧数が前期比でマイナスに転じたのである。

 その後、前回(2014年1~3月)決算ではタイムライン閲覧数の伸びは前期比プラス6.1%に回復、今回の決算ではプラス10.2%と持ち直した。ワールドカップの特需に加え、機能変更が効果的に作用したと考えられる。
 今後も利用者数の増加に比例してタイムライン閲覧数を伸ばすことができれば、これまでの高い期待収益を維持することも可能となってきた。

 今期における同社の売上高は3億1217万ドル(約318億円)で前年同期比2.2倍。最終損益は1億4464億ドル(約148億円)の赤字。研究開発費がかさんでおり、赤字額は大幅に増加している。
 平均月間利用者数は2億7100万人となり前年同期比で24%増加した。このうちモバイル端末からの利用者数は2億1100万人で、こちらは前年同期比で29%増。タイムライン閲覧数は1730億回だった。

 同社はモメンタム株(勢いで買われている銘柄)の典型とみなされており、株価の騰落が激しい。2013年末には70ドルを超えていたが、今年5月には30ドル目前まで売られていた。タイムライン閲覧数など各種指標に回復傾向が見られたことで、さらに株価が急落するという状況は回避されたと考えられる。中長期的な上昇トレンドを確定するには、次の決算の数字を待つ必要があるだろう。

 - IT・科学 ,

  関連記事

awa
エイベックスとサーバーエージェントが音楽定額配信に参入。ガラパゴス打破の契機となるか?

 エイベックス・グループとサイバーエージェントが定額制音楽配信サービスに参入した …

facebookdown
フェイスブック利用者が近い将来一気に8割減という予測は現実的なのか?

 フェイスブックは伝染病のように消え去るという研究者の予測が話題となっている。フ …

uber01
ウーバーに対して世界各地で逆風。タクシーはどの国でも政治利権化しやすい?

 スマホを使った配車サービスを手がけるウーバーが、各国で営業停止などの逆風にさら …

koreishajiko
高齢者の自動車事故が増加しているのは、高齢者の絶対数が増えているから

 最近、高齢者ドライバーによる事故のニュースを多く目にするようになった。一部から …

firefoxOS
2500円の製品も!進む海外のスマホ価格破壊は日本に何をもたらすか?

 新興国市場にターゲットを絞った格安のスマホが相次いで登場している。フィンランド …

fukusima
原子力規制委員会が明らかにした再稼動審査の方針。事故防止の観点がまったく欠如

 原子力規制委員会が打ち出した、7月以降に開始する原発の再稼動審査の内容について …

androidTV
グーグルが着々と進める家電のネットワーク化と人工知能化

 ネット検索最大手の米グーグルが、家電の人工知能化を急ピッチで進めている。同社が …

no image
イスラム圏が米国へのサイバーテロ攻撃を実施。銀行システムなどが一部ダウン

 イスラム教を揶揄したされる映画が発端で、西欧社会に対するイスラムの反発が激化し …

cop21paris
COP21、途上国も参加する初の協定を採択したが、削減目標は各国まかせ

 パリで開かれていた地球温暖化対策の国連会議COP21は、2015年12月13日 …

netttoflikusu
動画配信サービスの最大手ネットフリックが日本上陸。他とはちょっと違うワケ

 米国の動画配信サービス大手「Netflix(ネットフリックス)」がとうとう日本 …