ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

全国の空き家率が過去最高。そろそろ今後の住み方を本気で考える時期に

 

 総務省は2014年7月29日、2013年の住宅・土地統計調査結果を発表した。全国の空き家率は13.5%となり、過去最高を記録した。

 akiya この調査は総務省が5年ごとに実施しているもので、全国の住宅や土地の保有状況について調べるものである。
 2013年10月1日時点における全国の空き家数は820万戸と、前回調査(5年前)に比べ、63万戸増加した(率にすると8.3%)。また空き家率(総住宅数に占める空き家の割合)は、13.5%と0.4ポイント上昇した。この数字は過去最高である。

 現在の固定資産税の税制では、住宅を撤去して更地にすると軽減措置が受けられなくなるため、相続した住宅をそのままにしているケースが多いと考えられる。空き家は火災などトラブルの原因になる可能性があるほか、治安面でもマイナスの影響がある。空き家にしておくことが有利にならない制度改正が必要だろう。

 だが空き家問題にはもっと大きな背景が存在している。それは人口の減少に伴う都市部への人口集中というマクロ的な動きである。

 日本はこれから急激な人口減少時代を迎えるが、その兆候はすでに顕著になっている。人口の減少スピードは高齢者よりも若年層の方が圧倒的に速く、若年層の労働力人口はここ20年で2割以上減少した。外食産業で深刻な人手不足になっている最大の理由は、若年層人口の急激な減少である。

 人口が減ってくると、広大な範囲に人が点在して生活するのは効率が悪くなってくる。このため、都市部への人口集中が加速し、維持が不可能になるコミュニティが出てくる。空き家増加の背後にはこうした大きな動きがあるため、目先の対応だけでは、この問題に対処することは難しい。

 人口問題に関する政府の有識者委員の報告書では、人口減少によって自治体の4分の1が消滅する可能性があるとしているが、状況はもっと厳しいという指摘もある。元総務大臣の増田寛也氏は、自治体の消滅危機は出生率を2以上に上げたとしても回避できず、地方からの人口流出に歯止めをかける政策が必要だとしている。

 ただ、人口減少社会において、都市部への人口集約は自然な流れであり、助成などを通じてこの流れを逆転させることが、果たして効果があるのか議論が分かれるところである。むしろスムーズな人口移動を支援する政策を実施した方がメリットが大きい可能性もある。
 日本の社会構造は、製造業を中心とした高度成長時代とは根本的に変わってきている。日本人は、これからどのような場所に、どのような住み方をするのか、真剣に考える必要があるだろう。

 - 社会, 経済 , ,

  関連記事

itgyokai
労働者派遣法の改正でIT業界が大ピンチ。業界再編も?

 労働者派遣法の改正案が閣議決定されたが、この改正案が施行されると、大変な激震に …

sony
ソニーが業績見通しを大幅上方修正。だが実態は不動産の売却益

 ソニーは4月25日、2012年度(2012年4月~2013年3月)の業績見通し …

paris
フランスで規制改革法案を大統領が強行採択。規制でがんじがらめの姿はまさに日本

 フランスで規制緩和の法案をめぐって議会が紛糾している。オランド大統領が提出した …

gaikokujinrodosha
これは事実上の移民政策?オリンピック以後も外国人労働者を継続して受け入れへ

 安倍政権が外国人労働者の受け入れ拡大に向けて本格的に動き始めた。安倍首相は20 …

jinkousinzo
体内埋め込み型の人工心臓が仏で臨床試験開始。実用化できれば画期的

 フランスの医療器具メーカーであるCarmat社は2013年12月20日、体内埋 …

crystalgeyser
同じクリスタルガイザーでも味や成分はバラバラ。ミネラルウォーターの賢い選び方

 原発事故をきっかけに、日本の消費者の間でミネラルウォーターへの関心が高まってい …

sebunsuzu
物言う株主がセブンの世襲人事観測に警鐘。会社側は否定しているが・・・

 物言う株主として知られる米ヘッジファンド運営会社サード・ポイントが、セブン&ア …

no image
アメリカで旅客機の座席が外れる事故が連続発生。不可解なトラブルに首をかしげる

 米国アメリカン航空で、2件立て続けに座席が床から外れるという考えただけでも恐ろ …

judokituen
受動喫煙防止法案の経済的な影響は約8400億円と調査会社が試算

 政府が今国会に提出する予定の受動喫煙を防止する法案に関して、民間の調査会社が外 …

kuroda
黒田日銀が、このタイミングで構造改革路線を主張し始めた理由

 日銀が、かつての「構造改革路線」を強く主張し始めている。黒田総裁は2014年5 …