ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国で大手自動車メーカー同士が初の本格提携。外資依存からの脱却を目指す

 

 中国の自動車メーカーである奇瑞汽車(安徽省)と広州汽車(広東省)とが提携する。6日、両社が発表した。提携内容は、エンジンなど基幹部品やエコカー技術の共同開発。ライバルメーカー同士で提携することにより、開発力を強化する狙い。中国では大手メーカー同士の提携は初めてとなる。

 中国の自動車メーカーは、これまで海外からの技術に大きく依存してきた。中国には多数の自動車メーカーが存在するが、その中でも5大メーカーと呼ばれる以下の企業の影響力が大きい。

 ①第一汽車
 ②上海汽車
 ③東風汽車
 ④長安汽車
 ⑤奇瑞汽車

 この中で、第一は独フォルクスワーゲン(VW)を中心にトヨタなどと合弁会社を何社も設立している。同様に上海はGM、VWなど合弁を設立、東風は日産、長安はフォードといった具合であり、各社とも外資メーカーの基本技術を使用している。この中で奇瑞は純粋な国内メーカーとされているが、各社との提携や部品の融通などで外資から何らかの提供を受けており、純粋な国産メーカーというものはまだ一社もない。

 通常自動車メーカーは巨額の設備投資や開発投資が必要となり、少数のメーカーの寡占状態となりやすい。中国市場が巨大とはいえ、何十社もメーカーが乱立しているのは、中国がまだ自動車を独自開発できていないからだ。

 だが中国としては今後、自動車の国内独自開発に舵を切りたい意向だ。そうなってくると現在のようなメーカー乱立状態では、巨額の開発資金をまかなうことができない。
 5大メーカーの一角を占める奇瑞と中堅の広州が提携したことは、自社開発を視野にいれた中国メーカーの再編が動き始めていることを意味している。

 これまで中国の自動車市場は、中国メーカーの存在は表面的なものであり、実質的には外資メーカー同士の争いであった。だが中国メーカーの再編が進み、本格的な自力開発がスタートすると、中国メーカーも競合相手として浮上してくることになる。
 現状においても日本メーカーは欧米メーカーに出遅れており、中国市場をうまく開拓できていない。ここで中国メーカーが本格的に活動を開始するとなると、さらに苦しい立場に追い込まれることになる。
 独自開発の製品が登場してくるのはかなり先になると予想されるが、日本メーカーに残された時間はあまり多くないということだけは確かだ。

 - 経済

  関連記事

Mario Draghi
欧州中央銀行がとうとう時間軸政策を採用。FRBや日銀と同じスタンスに

 小康状態が続いていた欧州経済に再び動揺が走っている。これまで5%台で推移してい …

googleio2015
グーグルがスマホ向けの新OSを公開。人工知能が強化され、利用者の状況把握がさらに進展

 米グーグルは2015年5月28日、スマホ向け基本ソフトの新製品である「アンドロ …

indosina
タイの鉄道建設プロジェクトを巡る日中の地政学的争い。今のところ中国有利?

 日本が支援する予定のタイの鉄道建設プロジェクトが騒がしくなっている。タイ軍事政 …

businessman
2014年度の実質成長率見通しは1.3%に下落。その理由は消費増税ではない?

 政府の2014年度における経済成長見通しがほぼ固まった。物価変動の影響を除いた …

karyoku
政府が温暖化ガス26%削減という野心的な目標を設定。ただし老朽原発再稼働と省エネ徹底が大前提

 政府は2015年6月2日、2030年までに温暖化ガスの排出量を2013年比で2 …

greekyogur
EUなんて幻想?ギリシャの有力企業が相次いで本社を国外に移転し、空洞化が加速

 経済危機が続くギリシャで有力企業の本社を国外に移す動きが出てきている。10月に …

kotori
消費税還元セールは禁止!政府与党の本当の狙いは何か?

 政府・自民党は、消費税の増税にあたって小売店が「消費税還元セール」を行うことを …

imf201701
IMFが最新の経済見通しを発表。トランプ経済についてはプラス・マイナス両方

 IMF(国際通貨基金)は2017年1月16日、世界経済見通しの改定値を発表した …

sharp
シャープが鴻海との交渉打ち切り。予想通りで市場関係者に驚きはなし

 経営再建中のシャープが、鴻海(ホンハイ)精密工業との出資交渉を打ち切ることにな …

abe20141021b
消費低迷で高まる増税先送り論。だが現実には決断は困難?

 消費の低迷が顕著になってきたことから、消費税の10%増税に反対する声が高まって …