ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

4~6月期のGDPは大幅マイナスの見込み。秋以降、政局流動化の可能性も

 

 来週に発表される4~6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、大幅なマイナスになることがほぼ確実な情勢となっている。秋以降は内閣改造や消費税10%増税の決断、場合によっては解散総選挙の可能性もあり、GDPの数字は政局流動化のきっかけになるかもしれない。

 abejosei 2014年1~3月期の実質GDPはプラス1.6%(年率換算6.7%)と極めて大きな数字だった。言うまでもなく、この数字は消費税増税の駆け込み需要によるものである。したがって4~6月期の数字が落ち込むことは、以前から予想されており、場合によってはマイナス成長になることは織り込み済みとなっている。

 ただエコノミストが予想している4~6月期の数字は想像以上に悪く、マイナス6%程度から、場合によってはマイナス9%程度になる可能性が出てきている。

 すでにこうした兆候は各種の統計から明らかであった。総務省が発表した6月の家計調査では、家計の消費支出は3カ月連続で減少している。4月にマイナス4.6%と大幅な落ち込みを記録し、駆け込み需要の反動が顕在化した。その後、消費は持ち直すと思われていたが回復せず、5月に至ってはマイナス8.0%と4月を上回ってしまった。

 消費の低迷に加えて輸出が不振であることから、鉱工業生産指数もマイナスとなっている。季節調整済みの指数は4月に前月比でマイナス2.8%となり、5月には下げ止まったかに見えたが、6月に入ってマイナス3.3%とさらに落ち込んだ。これは東日本大震災以来の水準である。

 日本はこれまで消費税の開始時と5%への増税時と2回の消費増税を経験している。このときには、今回のような駆け込み需要と大幅な反動は見られなかった。8%への増税でこれだけマクロ経済が乱高下するというのは、日本経済の基礎体力がなくなっていることを伺わせる。

 7~9月期は、今回の反動で数字は持ち直すと考えられる。4~6月期との比較という意味では、大幅なプラス成長を演出することは可能であり、そのような流れで消費増税を決断する可能性はあるだろう。
 だが反動によるプラスは、所詮、反動によるプラスであり、通年で見れば景気拡大に黄色信号が灯っていることに変わりはない。安倍政権がこの事態を深刻に受け止めるのであれば、10%への増税先送りという政治決断が下される可能性もある。

 日本列島はこの先、お盆休みに突入してしまうので、具体的な動きが出てくるのは、8月の後半からだろう。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

hashimoto201505
高齢者票が決め手となり大阪都構想は否決。これはまさに日本の縮図

 橋下徹大阪市長が掲げた「大阪都構想」の是非を問う住民投票が2015年5月17日 …

nodae01
野田首相が驚愕発言!政党であるにも関わらず政策を放棄し官僚に丸投げ

 民主党は次期衆院選に向けたマニフェスト(政権公約)を発表したが、その内容に関す …

kaisan
大義なき解散という批判は妥当なのか?首相の解散権に関する考察

 衆議院の総選挙が2017年10月10日、公示された。希望の党が誕生したことで、 …

tosho002
「賃上げETF」がいよいよ上場へ。投信会社にとっては確実に売れるオイシイ商品

 積極的に賃上げや設備投資を行う企業の株式を組み込んだETF(上場投資信託)が上 …

zenjindai
中国で全人代が開幕。中国政府の新体制が本格的にスタート

 中国の国会である第12期全国人民代表大会(全人代)第1回会議が5日、北京の人民 …

shanhai
過大な期待や悲観は無用!中国市場に対する3つの誤解を解く

 近年、日本は中国という存在に振り回される状況が続いてきた。当初は巨大市場に乗り …

rokkasho
再処理工場の新規性基準了承。欠落する核燃料サイクルに関する包括的議論

 原子力規制委員会は9月11日、使用済み燃料の再処理工場などに適用する新規制基準 …

sen15 00
過労?プレッシャー?中国空母艦載機の開発責任者が着艦成功直後に心臓発作で急死

 中国初の空母「遼寧」の艦載機開発プロジェクトの総責任者が、発の発着艦訓練に成功 …

businessman02
10~12月期のGDPは輸出不振から予想を下回る。早くも補正予算追加との声も

 内閣府は2014年2月17日、2013年10~12月期の国内総生産(GDP)を …

usakoyoutoukei201606
米雇用統計はポジティブサプライズ。米株は意外にしぶとい可能性も

 米労働省は2016年7月8日、6月の雇用統計を発表した。代表的な指標である非農 …