ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ベビーシッターの届け出制を厚労省が検討開始。果たして根本的な解決になるのか?

 

 厚生労働省は2014年8月4日、ベビーシッターのあり方に関する有識者委員会の初会合を開催した。インターネットのマッチング・サイトを通じてベビーシッターに預けられていた男児が死亡した事件を受けての措置。シッターの届け出制度導入などを検討する。

babysitta

 児童福祉法ではベビーシッターに関する規定がなく、実態の全容把握は難しい状況となっている。事業者としてベビーシッターのサービスを提供しているところの多くは、保育士など有資格者を採用し、保険に加入するなど、一定の品質レベルを保っている。ただマッチング・サイトを通じて個人的に保育を請け負う形態の場合には、そのサービス内容や品質は千差万別というのが現実だ。

 今年3月にベビーシッターとして子供を預かっていた男性の自宅から、男児が遺体で発見されるという事件が発生した。インターネットのマッチング・サイトを介したサービスの提供であったことから、ベビーシッターのあり方が議論となり、今回の有識者会議の開催につながった。

 子供の命が危険にさらされるリスクを考えると、何らかの形での規制は必要と考えられるが、単純に規制を強化しても根本的な問題解決にはならない可能性が高い。

 事件発生当時、マスメディアや一部の政治家からは、男児を預けた母親の責任を追及する声が上がったが、個人の倫理を政策の場で議論してもあまり意味はない。
 男児を預けた母親は生活に困窮していたものの、児童福祉手当などの給付は受けていなかったという。おそらく制度の存在やその手続きに関する知識がなかったものと考えられる。現代の若年層は基本的にスマホ以外に情報収集手段を持っておらず、一般的な行政サービスに関する情報を得ることも難しいというのが現実である。

 マッチング・サイトを介したサービスは、こうした状況が背景にあって拡大している。仮に規制を大幅に強化しても、掲示板など非公式な場に仲介がシフトするだけで、同じようなことが繰り返される可能性が高い。
 高い技能を持った有資格者しかベビーシッターになれないというような状態になってしまえば、ニーズがあるにも関わらず待機児童の問題を解決できずにいる保育施設と同じ結果に陥る可能性もある。

 むしろ現状をベースにした上で、福祉サービスの存在やその手続きについて、どのように告知するのか、子供を預ける親の経済的負担をどう解消するのかといった、幅広い視点での対策が必要だろう。

 - 政治

  関連記事

zenjindai2015
中国政府が2015年の軍事費を発表。GDP比でいくとまだまだ軍拡の余地がある

 中国政府は、2015年3月5日から行われている全人代(全国人民代表大会)におい …

shukinpeidoniron
6月7日に習近平国家主席が訪米。サイバー攻撃問題は表面上の主要議題に過ぎない

 中国の習近平国家主席は米国を訪問し、オバマ大統領と首脳会談を行う。日程は6月7 …

Hillary Clinton
ヒラリー氏が次の大統領選に出馬?だが共和党はもっと大きな隠し球が・・・

 米国では、2016年の大統領選挙に向けた動きがすでに始まっている。今年2月に国 …

mof02
最近の選挙では若手財務省出身議員が増加中。だがちょっと若すぎないか?

 最近の選挙では、若手の財務官僚が政治家に転身するケースが増えてきている。前回の …

ichimanen
インフレが進むと実質的に増税となる「インフレ課税」って何だ?

 消費税増税を最終判断する時期が近付いてきたことで、増税の是非に関する議論が活発 …

ryounei
中国初の空母「遼寧」が着艦に成功。だが中国の空母運用が前途多難なワケとは?

 中国初の空母「遼寧」が艦載機に着艦に成功したと中国メディアが伝えている。着艦に …

rokkasho
再処理工場の新規性基準了承。欠落する核燃料サイクルに関する包括的議論

 原子力規制委員会は9月11日、使用済み燃料の再処理工場などに適用する新規制基準 …

gwcvn73
握手と蹴り合い。防空識別圏をめぐる単純ではない米中交渉の行方

 米国のバイデン副大統領は日本訪問に引き続いて、12月4日から中国を訪問する。中 …

yakuinousetsu
日本企業の経営環境が激変?金融庁と東証がまとめた統治指針案のインパクト

 金融庁と東京証券取引所は、上場企業に少なくとも2名以上の社外取締役の設置を求め …

no image
65歳までの雇用を義務付ける高齢者雇用安定法が可決。若年層の雇用は絶望的

 定年後も希望者全員を65歳まで雇用することを義務付ける改正高年齢者雇用安定法が …