ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本女性の満足度は高いというOECDの調査結果。男女平等と幸福の関係は?

 

 安倍政権は成長戦略の一環として女性活用を大々的に掲げており、配偶者控除の見直しなど、女性が社会進出することを前提にした政策を推進している。
 一般的に、日本は先進各国に比べて女性の機会が制限されていると認識されているが、女性の満足度については少々異なった結果が得られている。日本女性の満足度は実は世界的に見てもかなり高いのである。

sengyoshufu

 OECDがまとめた、男性と女性の満足度の違いに関する調査によると、男性の満足度と女性の満足度の差分がもっとも大きかったのは日本であった。続いてアイルランド、米国、韓国、カナダが続く。
 この調査結果が興味深いのは、ランキングの上位に日本、韓国、トルコ、インドネシアといった国々が入っていることである。これらの国々は、国際比較調査では男女差別が激しい国として、しばしば指摘される対象だからである。

 世界経済フォーラムが毎年出している男女平等ランキングでは、日本は101位、韓国は111位、トルコは120位となっており、一定以上の経済水準を持った国としては突出して低い。だが女性の満足度調査では、男女平等が徹底している米国やアイルランドと並んで、日本と韓国が上位にランクインしている。また日本や韓国と同様、女性の機会が制限されているといわれるインドネシアやトルコも比較的順位が高い。

 素直に数字を見た場合、女性は家庭を守るべきという伝統的価値観が強い日本や韓国の女性は、その状況に対して不満に思っていないということになる。一方、反対の見方をすれば、日本や韓国のように家庭への束縛が強い社会では、女性には選択肢がなく、結果的に現状に満足せざるを得ないと解釈することも可能だ。

 またこの結果から、日本社会は今後、どのような方向に進むべきなのかについても、様々な考え方を導き出すことができる。
 現状のままでよいという解釈も可能だし、逆に男性の負担が過大になっていると解釈することもできる。もしそうなのであれば、むしろ男性の精神的負担を軽くするために、女性の社会進出を進めた方がよいということになる。

 この手の国際比較調査は欧米が中心になって実施するケースが多く、同じような傾向になることが多い。例えば今回の調査であれば、男女平等が徹底している国ほど、女性の満足度も高いというイメージである。
 だが、この調査は、結果にバラツキがある。調査結果にこうした「異変」が生じている場合、そこに問題解決のヒントが隠されている可能性もある。
 男性と女性の満足度はどのようにして決まるのか、もっと突っ込んだ議論が必要かもしれない。

 - 政治, 社会 , ,

  関連記事

seifuzeichou
政府税調がスタート。だが重要な権限はすべて党税調に握られている

 安倍政権発足後としては初めてとなる、政府税制調査会(政府税調)の第1回目の会合 …

honkongdemotocho
中国当局がニセのアプリでデモ参加者を盗聴?民主化をめぐる諜報活動が活発化

 香港の民主化を求めるデモの参加者に、偽のアプリをダウンロードするよう促すメッセ …

meti03
官製ベンチャーキャピタルの産業革新機構は、まるで公共工事のゼネコン

 産業革新機構は2014年1月8日、日米両国のベンチャー企業育成を手がける株式会 …

masuzoe03
オリンピック利権に好都合だった舛添氏の辞任で、日本経済の不確実性は高まった

 東京都の舛添要一知事は2016年6月15日、6月21日付けの辞職願を都議会に提 …

katayama
PC遠隔操作事件の容疑者をようやく逮捕。だが事実上の自首に近く、警察の非力さが露呈

 遠隔操作PCを使った犯行予告事件で、警視庁などの合同捜査本部は10日、東京都江 …

no image
次期選挙戦の争点について各党の政策を比較。ある意味で初の政策選挙か?

 12月の衆院選挙に向けて各党の政策が出揃ってきた。民主、自民の2大政党に加えて …

kosokudoro
やはり高速道路の無料化は反故に。中央道事故が格好の口実に

 山梨県の中央自動車道トンネル事故を口実に、道路に対する際限のない支出増加が懸念 …

kokkaigijido02
憲法改正の手続きを定めた国民投票法が審議入り。各党の思惑が絡んで議論は複雑

 憲法改正のための具体的な手続きを定めた国民投票法(日本国憲法の改正手続に関する …

nagunki
南軍旗撤去問題から考える、人種差別、地域主義、そして民主主義

 米国南部サウスカロライナ州の教会で黒人9人が射殺された事件をめぐり、州議事堂に …

businessman07
厚労省のブラック企業調査。労働行政のパンドラの箱を開けてしまったとの声も

 厚生労働省は2013年12月17日、若者の使い捨てなどが疑われる、いわゆる「ブ …