ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本女性の満足度は高いというOECDの調査結果。男女平等と幸福の関係は?

 

 安倍政権は成長戦略の一環として女性活用を大々的に掲げており、配偶者控除の見直しなど、女性が社会進出することを前提にした政策を推進している。
 一般的に、日本は先進各国に比べて女性の機会が制限されていると認識されているが、女性の満足度については少々異なった結果が得られている。日本女性の満足度は実は世界的に見てもかなり高いのである。

sengyoshufu

 OECDがまとめた、男性と女性の満足度の違いに関する調査によると、男性の満足度と女性の満足度の差分がもっとも大きかったのは日本であった。続いてアイルランド、米国、韓国、カナダが続く。
 この調査結果が興味深いのは、ランキングの上位に日本、韓国、トルコ、インドネシアといった国々が入っていることである。これらの国々は、国際比較調査では男女差別が激しい国として、しばしば指摘される対象だからである。

 世界経済フォーラムが毎年出している男女平等ランキングでは、日本は101位、韓国は111位、トルコは120位となっており、一定以上の経済水準を持った国としては突出して低い。だが女性の満足度調査では、男女平等が徹底している米国やアイルランドと並んで、日本と韓国が上位にランクインしている。また日本や韓国と同様、女性の機会が制限されているといわれるインドネシアやトルコも比較的順位が高い。

 素直に数字を見た場合、女性は家庭を守るべきという伝統的価値観が強い日本や韓国の女性は、その状況に対して不満に思っていないということになる。一方、反対の見方をすれば、日本や韓国のように家庭への束縛が強い社会では、女性には選択肢がなく、結果的に現状に満足せざるを得ないと解釈することも可能だ。

 またこの結果から、日本社会は今後、どのような方向に進むべきなのかについても、様々な考え方を導き出すことができる。
 現状のままでよいという解釈も可能だし、逆に男性の負担が過大になっていると解釈することもできる。もしそうなのであれば、むしろ男性の精神的負担を軽くするために、女性の社会進出を進めた方がよいということになる。

 この手の国際比較調査は欧米が中心になって実施するケースが多く、同じような傾向になることが多い。例えば今回の調査であれば、男女平等が徹底している国ほど、女性の満足度も高いというイメージである。
 だが、この調査は、結果にバラツキがある。調査結果にこうした「異変」が生じている場合、そこに問題解決のヒントが隠されている可能性もある。
 男性と女性の満足度はどのようにして決まるのか、もっと突っ込んだ議論が必要かもしれない。

 - 政治, 社会 , ,

  関連記事

Kissingershukinpei
習近平主席が米国のキッシンジャー元国務長官らと相次いで会談。進む米中関係の再構築

 中国の習近平国家主席が、米国の政界を引退した親中国派の大物政治家と次々に会談し …

ciafurin
さらに混乱するCIA不倫問題。政治謀略か?軍人に群がる肉食系女子の争いか?

 米国CIA長官の不倫疑惑がワケの分からない展開になってきた。ペトレアスCIA長 …

shukinpei07
中国が今後の改革における主要項目を発表。あまりにも多い日本との共通点

 中国共産党は、党の重要な会議である第18期中央委員会第3回全体会議(3中全会) …

akachan
日本経済が人口減少の影響を受けるのはこれからが本番

 厚生労働省は2014年1月1日、最新の人口動態統計の結果を発表した。それによる …

maduro
ベネズエラ総選挙で野党が勝利。ボリバル革命は原油安の直撃を受け瓦解

 反米主義を掲げ、社会主義的な政策を強引に推進してきた南米ベネズエラで総選挙が実 …

gun03
福岡の中学校拳銃誤射事件。校長は生徒に「一緒にがんばろう」と呼びかけ

 福岡県志免町の公立中学校の職員室で、生徒から没収した拳銃を男性教諭が誤射した事 …

abetoben
安倍政権が解雇規制緩和を断念。これでアベノミクスは名実ともにケインズ政策となった

 安倍政権は、成長戦略の目玉と位置付けていた雇用規制緩和の導入を事実上断念した。 …

monka
発達障害に関する文部科学省の調査。なぜか被災地域は調査対象から除外

 文部科学省は5日、全国の小中学校に通う児童生徒のうち、人とコミュニケーションが …

abe20130901
秋にまとまる一連の成長戦略パッケージは、事実上の計画経済へのシフト?

 秋の臨時国会に提出が予定されている産業競争力強化法案など、一連の成長戦略パッケ …

obrien02
英国カトリックのオブライエン枢機卿が、とうとうホモ行為の強要を認め謝罪

 神学生や司祭に対する性的虐待を告発され、スコットランド・エジンバラ大司教を辞職 …