ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

「すき家」の赤字転落は、これから深刻化する人手不足経済の縮図?

 

 大手牛丼チェーン「すき家」を展開するゼンショーホールディングスは、人手不足による店舗休業に伴って、通期の業績が赤字となる見通しを発表した。同社の赤字転落は、人手不足が深刻化している日本経済の縮図かもしれない。

sukiya201408

 同社は2014年8月6日、通期の業績予想を発表した。当初は42億円の黒字を想定していたが、14億円の赤字に転落する見通しとなった。

 同社は牛丼チェーン「すき家」においてアルバイト店員が集まらず、200を超える店舗で一時休業や深夜営業の中止に追い込まれた。
 これによって売上高が減少したほか、深夜時間帯の1人勤務の体制を見直すことによって人件費が増加した。同社ではこうした状況を受けて、牛丼並盛の価格を250円から270円に値上げすることを決定している。

 同社は人手不足の影響がもっとも顕著に出たケースのひとつだが、外食産業は多かれ少なかれ似たような状況に直面している。

 人手不足には様々な要因があるが、もっとも大きいのは、若年層労働力人口の減少である。日本の労働力人口全体は、ここ10年の間、ほぼ横ばいが続いているが、15歳から34歳までの労働力人口は、何と2割も減っている。
 これは、日本全体の人口減少の流れが最初に顕在化したものであり、今後はあらゆる世代において慢性的な人手不足になる可能性が高い。

 慢性的な人手不足は、賃金の上昇圧力につながる。労働者の賃上げが実現するというプラス面はあるが、賃金の上昇が恒常化すると、インフレを加速させるとともに、企業業績を悪化させる。
 さらに、人手不足が続けば、今回のケースのように供給が制限されるという状況になる可能性もある。そうなってくると、せっかく需要があっても、供給不足からそれを埋めることができず、経済成長が阻害されるという皮肉な結果になってしまう。

 今回のゼンショーのケースは、人手不足から供給が制限され、人件費が高騰して業績が低迷、それをカバーするために値上げをするという、人手不足経済の縮図となっている。

 日本は過去20年、デフレと供給過多に苦しんできたが、その風景は一変した。今後は、供給制限とそれにともなう物価上昇という、別な要因での景気低迷を心配する局面となりつつある。

 - 経済 , , ,

  関連記事

kuroda
日銀による国債の「大人買い」で、大量のマネーはどこへ向かう?

 日銀は4月4日、これまでとは規模感の異なる大胆な金融緩和策を打ち出したが、市場 …

amari02
波紋を呼ぶ消費税還元セール禁止法案。政府がゴリ押しする真意は?

 政府が消費税還元セールの実施を禁止する法案を衆議院に提出したことについて、小売 …

aikoukoku
広告クリエイティブ業務のAI化で、すべての広告は動的になる

 広告業界でコピーライティング業務をAI化する取り組みが進んでいる。狙いは人員の …

rajoy
フランスやスペインで失業率がさらに悪化。緊縮路線はもう限界か?

 欧州の失業率がさらに悪化している。スペイン国家統計局4月25日に発表した第1四 …

fanakku
秘密主義から一転、株主との対話路線に舵を切った「謎の会社」ファナック

 産業用ロボット大手ファナックの株価が急騰している。2月初旬には2万円前後だった …

contena
韓国大統領選はFTAをめぐって政策が真っ二つ。日本のTPP論争にも影響か?

 12月に行われる韓国大統領選挙において、2大候補者の経済政策が真っ二つに割れて …

jutakugai
再来年に迫った相続税増税で住宅保有者は大慌て。だが今後も資産課税強化は続く

 2015年1月に迫った相続税の増税が住宅保有層における懸案事項になってきている …

abeseichousenryaku
成長戦略が完全に頓挫?だが本当に追い込まれているのは首相ではなく日本国民

 政府は6月12日に開催した産業競争力会議において成長戦略の最終案を固めた。企業 …

kokkaigijido02
基礎的財政収支黒字化はますます困難に。だが、足元ではそれ以上の懸念材料が・・・

 2020年度に基礎的財政収支(プライマリーバランス)を黒字化するという政府公約 …

ppap
ピコ太郎の世界ブレイクで浮き彫りになった日本の古い音楽産業インフラ

 ピコ太郎の「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」が世界で大ブレイクしてい …