ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

「すき家」の赤字転落は、これから深刻化する人手不足経済の縮図?

 

 大手牛丼チェーン「すき家」を展開するゼンショーホールディングスは、人手不足による店舗休業に伴って、通期の業績が赤字となる見通しを発表した。同社の赤字転落は、人手不足が深刻化している日本経済の縮図かもしれない。

sukiya201408

 同社は2014年8月6日、通期の業績予想を発表した。当初は42億円の黒字を想定していたが、14億円の赤字に転落する見通しとなった。

 同社は牛丼チェーン「すき家」においてアルバイト店員が集まらず、200を超える店舗で一時休業や深夜営業の中止に追い込まれた。
 これによって売上高が減少したほか、深夜時間帯の1人勤務の体制を見直すことによって人件費が増加した。同社ではこうした状況を受けて、牛丼並盛の価格を250円から270円に値上げすることを決定している。

 同社は人手不足の影響がもっとも顕著に出たケースのひとつだが、外食産業は多かれ少なかれ似たような状況に直面している。

 人手不足には様々な要因があるが、もっとも大きいのは、若年層労働力人口の減少である。日本の労働力人口全体は、ここ10年の間、ほぼ横ばいが続いているが、15歳から34歳までの労働力人口は、何と2割も減っている。
 これは、日本全体の人口減少の流れが最初に顕在化したものであり、今後はあらゆる世代において慢性的な人手不足になる可能性が高い。

 慢性的な人手不足は、賃金の上昇圧力につながる。労働者の賃上げが実現するというプラス面はあるが、賃金の上昇が恒常化すると、インフレを加速させるとともに、企業業績を悪化させる。
 さらに、人手不足が続けば、今回のケースのように供給が制限されるという状況になる可能性もある。そうなってくると、せっかく需要があっても、供給不足からそれを埋めることができず、経済成長が阻害されるという皮肉な結果になってしまう。

 今回のゼンショーのケースは、人手不足から供給が制限され、人件費が高騰して業績が低迷、それをカバーするために値上げをするという、人手不足経済の縮図となっている。

 日本は過去20年、デフレと供給過多に苦しんできたが、その風景は一変した。今後は、供給制限とそれにともなう物価上昇という、別な要因での景気低迷を心配する局面となりつつある。

 - 経済 , , ,

  関連記事

shanhai
中国当局が地方政府の債務について監査を指示。全貌把握に乗り出す

 中国の国家審計署(会計検査院)は7月28日、国務院(内閣)から中国の政府債務に …

lixil
リクシルの海外M&Aは、今後の日本経済のあり方を示すお手本

 住宅設備最大手のLIXIL(リクシル)グループが大型の海外M&A(企業 …

usakoyoutoukei201605
衝撃の米雇用統計。だが、もっとも影響が大きいのは米国ではなく日本経済

 米労働省は2016年6月3日、5月の雇用統計を発表した。代表的な指標である非農 …

toyotaeco
トヨタが戦略を大転換。2020年までに電気自動車量産開始でガラパゴス化を回避

 トヨタが2020年までに電気自動車(EV)を量産する方向で検討を開始したことが …

kikaiinsatu
機械受注は過去最大の伸びだったが、あくまで特殊要因。実態はマイナス

 設備投資の先行指標となる機械受注が11年ぶりの良好な数字となった。だが特殊要因 …

imd
世界競争力ランキングで日本は27位。上位常連の国と日本は何が違う?

 スイスのビジネススクールであるIMD(国際経営開発研究所)は2015年5月27 …

usakoyoutoukei201606
米雇用統計はポジティブサプライズ。米株は意外にしぶとい可能性も

 米労働省は2016年7月8日、6月の雇用統計を発表した。代表的な指標である非農 …

kougaibukken
進む不動産市場の二極分化。郊外は高級物件でも売りにくくなっている

 不動産市場の二極分化が、ゆっくりとしたペースではあるが、着実に進行している。首 …

mof
2014年度概算要求がまとまる。景気対策費3.5兆円と国債費急増で財政再建が遠のく

 財務省は9月4日、2014年度予算の概算要求額を公表した。一般会計は昨年度を6 …

hanedanarita
羽田・成田の地下鉄建設に年金と生保資金を活用。本当に大丈夫なのか?

 国土交通省は2020年代の開業を目指している羽田・成田を結ぶ地下鉄路線の建設に …