ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

上期の経常収支が赤字に。経常赤字を前提にした体制の整備が必要

 

 財務省は2014年8月8日、2014年上半期の国際収支を発表した。最終的な国の収支を示す経常収支は5075億円の赤字であった。上半期として赤字になるのは、統計が比較できる1985年以降では初めて。

kokusaishushi201406

 今回、半期の経常収支が赤字になった最大の理由は、今年1月に計上した1兆5800億円の赤字が大きく影響している。6月の経常収支は約4000億円の赤字だが、2月から5月までは黒字を保っていた。また季節調整済みの値では、4月から6月まで連続して黒字となっている。上期が赤字になったことが、ただちに、慢性的な経常赤字への転換につながるわけではない。

 だが、このところ、日本の輸出不振が顕著になっており、貿易収支が大きく改善する見込みはない。どこかのタイミングで慢性的な経常赤字体質に転換することは避けられないだろう。

 製造業で繁栄した国のほとんどは、成熟化に伴って製造業の競争力を失っている。サービス業中心の経済に転換し、それに伴って経常収支が赤字になることは、成熟国家の宿命ともいえる。
 日本もまったく同じ流れであり、低付加価値製造業の国である韓国や中国と製造業で争うというのは、あまり合理的な選択とはいえない。今後は、経常収支が赤字になることを大前提とし、その中で経済成長を維持できるような仕組みを構築する必要があるだろう。

 もっとも重要なのは、国内資本市場の整備である。国際収支が赤字になるということは、資金の一部を海外からのファイナンスに依存するということになる。良質な海外資金の流入を促すための、国内市場の整備や透明性の確保が重要な課題となる。
 現在、安倍政権では成長戦略の一環として、コーポレートガバナンスの強化をうたっているが、こうした施策は海外からの良質な資金流入にプラスの効果をもたらすだろう。

 また経常赤字に転換するといっても、その変化はなるだけ緩やかな方がよい。海外企業のM&Aなど、直接投資を増やすことで、所得収支を増加させるための努力が必要となる。直接投資の割合が増えれば、対外資産全体での利回りが大きく向上する。多くが米国債での運用に限定されている現状からの脱却が可能である。

 - 政治, 経済

  関連記事

kadokawadowango
KADOKAWAとドワンゴが経営統合。相互補完的でプラスになる可能性

 角川書店を中心とするメディア企業のKADOKAWAと、動画配信大手のドワンゴが …

seiketsudo
世界の汚職調査ランキングが話題に。でもどうやって調べているのか?

 ドイツを本拠地する非政府組織(NGO)トランスペアレンシー・インターナショナル …

abetoben
安倍政権が解雇規制緩和を断念。これでアベノミクスは名実ともにケインズ政策となった

 安倍政権は、成長戦略の目玉と位置付けていた雇用規制緩和の導入を事実上断念した。 …

iphone6s
グーグルに対する挑戦状?新型iPhone広告ブロック機能の影響度

 米アップルは2015年9月9日、iPhoneの新製品を発表する。詳細は明らかに …

ichimanen
来年度の国債の発行総額は180兆円を突破。国債管理政策は正念場へ

 財務省は2013年12月24日、2014年度の国債発行計画を発表した。国債発行 …

abekeizai201311
政府税調が法人税改革の原案を提示。減税先行で財政再建が遅れる可能性も

 政府税制調査会は2014年5月16日、法人税課税の専門委員会において法人税改革 …

dentsu
電通の広告不正問題。AI社会になれば解決するが、その時に代理店は必要ない?

 広告代理店最大手の電通は2016年9月23日、インターネット上の広告に関して不 …

kusuri02
混合診療拡大へ。金持ち優遇かどうかという単純論争は本質を見誤らせる可能性あり

 政府は規制改革の一貫として混合診療の拡大に乗り出す。現在、日本では公的保険を適 …

imfasia
IMFがアジアの成長率見通しを公表。結局は中国頼みという構図が明らかに

 IMF(国際通貨基金)は4月29日、アジア太平洋地域の経済見通しを公表した。そ …

toriinflu
鳥インフル感染者は何故か長江デルタ地域だけ。拭えない中国当局による情報隠ぺい疑惑

 中国で鳥インフルエンザ(H7N9)の感染が徐々に拡大してきている。4日9日には …