ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本初のLCCだったはずのスカイマークが、LCCとの競争で経営難の皮肉

 

 国内航空3位のスカイマークの経営が悪化している。格安航空会社(LCC)との競争激化と円安による燃料費高騰で採算が悪化。同社の支払い能力を疑問視したエアバス社が、超大型旅客機A380の契約解除を通告した。エアバス社に支払った前払い金が返還されない可能性が出てきたほか、場合によっては巨額の違約金が追加される可能性もある。

skymark02

 スカイマークは、エアバスの超大型旅客機A380を合計6機発注し、前払い金として約260億円をすでに支払っている。今回の機材調達は総額2000億円近くになる巨額なもので、総資産が700億円のスカイマークにとっては過大な水準といえる。

 もっとも、スカイマークはこれまで無借金経営を続けてきており、前払い金の納付までは特に問題はなかった。
 エアバスと契約を結んだ2011年時点では、同社は100億円の経常利益を上げており、そのまま順調に経営が続けば、何とか採算が合うはずだった。

 だがその後の円安とLCCとの競争激化が同社の状況を大きく変えた。LCCが多数参入してきたことで搭乗率が低下し、そこに円安による燃料費の高騰が直撃した。

 エアバス社から前払い金が返還されない場合、260億円近い特別損失が発生する可能性がある。同社の自己資本は400億円近くあるので、財務体質は一気に悪化するものの、まだ何とかなるレベルである。問題はエアバス社が求めているといわれる違約金である。

 通常の商慣行では、前払い金以上に違約金を支払うことは考えにくいのだが、スカイマークが何としてもA380を購入したいので、不利な条件の契約を受け入れている可能性がある。700億円ともいわれる違約金の支払いが発生した場合には、借り入れや増資など、資本政策を根本的に見直さない限り、同社は経営が継続できなくなる。

 それにしても、日本におけるLCCの先鞭をつけたはずの同社が、LCCとの競争で経営難になるというのは何とも皮肉である。同社が創業したのは1996年、世界的にLCCが勃興し始めた時期であり、同社の試みは非常に画期的なものであった。当時、サービスを開始した諸外国のLCCは、各社とも急成長を遂げ、既存の大手航空会社を超える規模に成長している。

 だが硬直した航空行政の影響で完全なガラパゴス市場となっていた日本では、LCCのビジネスは定着せず、スカイマークはLCCの旗を降ろさざるを得なくなった。全世界でLCCが席巻する状況になり、ようやく日本にもLCCが多数就航するようになったのは、スカイマークが就航してから20年も経った今である。

 - 経済 ,

  関連記事

softbankgacho
ソフトバンクが純利益1兆円超え。TモバイルUSも再度買収が可能に?

 ソフトバンクの純利益が1兆円を超えた。投資先の売却益が加算された結果だが、何と …

bouekitoukei201402
2月の貿易収支は先月の反動で改善。今後の焦点は日本人の購買力

 財務省は2014年3月19日、2月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

tsutusmiseiji
日本社会の成熟化を夢見たセゾングループの創設者、堤清二氏が死去。

 実業家でセゾングループ創業者の堤清二(つつみ・せいじ)氏が11月25日、東京都 …

euwhitehouse
TPPも骨抜き?米欧FTAの交渉がいよいよスタート。米欧は妥結にかなり前向き

 米国と欧州の自由貿易協定である米欧FTAに関する第一回の交渉が7月8日、米国ワ …

venetian
世界のカジノ王が日本に1兆円投資の用意?白熱化する日本カジノ構想

 世界最大級のカジノ運営会社ラスベガス・サンズは2014年2月24日、日本でのカ …

jutaku02
世帯収入が多いほど無理なくマイホームを購入しているという調査結果をどう見るか

 世帯収入が多いほど、無理のない範囲の金額でマイホームを購入している。そんなアン …

oilpump
米国がエネルギーの完全自給が可能に。世界的な安全保障の枠組みに変化の可能性

 国際エネルギー機関(IEA)は12日、米国が近い将来、世界最大のエネルギー産出 …

fudosanchirasi
不動産取引のネット解禁論争が過熱。第二の大衆薬論争に?

 非対面での不動産取引の是非をめぐって、ネット解禁派と保守派との対立が激しくなっ …

tosho05
東証が審査を厳格化。なかなか前に進まない日本企業の情報開示

 スマホ向けゲーム開発企業「gumi」のずさんな情報開示をきっかけに、上場企業の …

dokushogakusei
大学生の4割が読書時間ゼロ。だが本離れに拍車がかかっていると断言するのは早い

 大学生の約4割は読書時間がゼロであることが、全国大学生協連(東京)の「学生生活 …