ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

4~6月期GDPは予想通り年率マイナス6.8%と大幅減少。焦点は今後の動向へ

 

 内閣府は2014年8月13日、2014年4~6月期の国内総生産(GDP)速報値を発表した。物価変動の影響を除いた実質で前期比マイナス1.7%(年率換算でマイナス6.8%)となり、予想通りの大幅な落ち込みとなった。駆け込み需要の反動が主な要因だが、市場では今後の動向に焦点が集まっている。

businessman

 2014年1~3月期の実質GDPはプラス1.5%と良好な数字だった。言うまでもなく、この数字は消費税増税の駆け込み需要によるものである。したがって4~6月期の数字が大きく落ち込むことは、以前から予想されていた。

 GDPに先駆けて発表された各種統計も大幅な落ち込みを示唆していた。総務省が発表した6月の家計調査では、家計の消費支出は3カ月連続で減少となった。消費の低迷に加えて輸出が不振であることから、鉱工業生産指数もマイナスとなっている。季節調整済みの指数は4月に前月比でマイナス2.8%、6月に入るとマイナス3.3%と下落幅を拡大させた。これは東日本大震災以来の水準である。

 今期のGDPを項目別に見ると、個人消費がマイナス5.0%、設備投資はマイナス2.5%となっている。下落幅が大きいのが住宅投資でマイナス10.3%となった。これは年率に換算すると35.3%という極めて大きな数字である。公共投資もマイナス0.5%となっている。

 問題は7~9月期以降の数字がどうなるかである。7~9月期については、今期の反動があるためプラスになることは確実である。本当の意味で、日本経済の実力が試されるのは10~12月期の数字ということになるだろう。これから発表される機械受注統計など設備投資の動向や、個人消費の動向に注目する必要があるだろう。

 ただ、過去の増税時には、今回のような駆け込み需要と大幅な反動は見られなかった。3%分の増税でこれだけ消費や設備投資が乱高下するというのはよくない兆候である。安倍政権の経済運営は重要な局面を迎えている。

 - 経済 ,

  関連記事

bouekitoukei201311
日本の貿易赤字がさらに拡大。だがその主な原因は原発停止ではない

 財務省は12月18日、11月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた …

tousan
周回遅れの構造改革?倒産減少のウラで廃業が増加中

 企業の倒産が減少している。背景には景気の回復もあるが、中小企業金融円滑化法によ …

abekeizai201311
政府税調が法人税改革の原案を提示。減税先行で財政再建が遅れる可能性も

 政府税制調査会は2014年5月16日、法人税課税の専門委員会において法人税改革 …

no image
機械受注は15.7%の大幅マイナス。ただ長期トレンドは今後の数値を見極める必要あり

 内閣府は2014年2月12日、2013年12月の機械受注統計を発表した。主要指 …

nichigin04
日銀が追加の量的緩和策を見送り、金融政策を現状維持とした理由

 日銀は2014年4月8日、金融政策決定会合を開催し、金融政策の現状維持を決定し …

rikokkyoudabosu
李克強首相が中国経済の運営に自信。欧米経済の回復を追い風にバブル封じ込めか?

 中国の李克強首相は、大連で開かれている夏季ダボス会議で講演を行い「中国経済のフ …

susiro
回転寿司のスシローが東証に再上場。円安で市場の競争環境は激化

 回転寿司最大手の「あきんどスシロー」が3月30日、東京証券取引所に再上場する。 …

facebookmobile
フェイスブックの3Q決算はまずまず。今後は成長投資の加速で経費は増大

 SNS最大手の米フェイスブックは2014年10月28日、2014年7~9月期の …

zaikaitop
円安で株高になるのはおかしいという財界首脳の発言が象徴するもの

 経団連、日本商工会議所、経済同友会の経済3団体は2014年1月7日、年頭会見を …

tokyoelec
東京エレクトロンと米アプライドの「対等」な合併という真の意味は?

 半導体製造装置国内トップの東京エレクトロンと、世界シェアトップの米アプライドマ …