ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

4~6月期GDPは予想通り年率マイナス6.8%と大幅減少。焦点は今後の動向へ

 

 内閣府は2014年8月13日、2014年4~6月期の国内総生産(GDP)速報値を発表した。物価変動の影響を除いた実質で前期比マイナス1.7%(年率換算でマイナス6.8%)となり、予想通りの大幅な落ち込みとなった。駆け込み需要の反動が主な要因だが、市場では今後の動向に焦点が集まっている。

businessman

 2014年1~3月期の実質GDPはプラス1.5%と良好な数字だった。言うまでもなく、この数字は消費税増税の駆け込み需要によるものである。したがって4~6月期の数字が大きく落ち込むことは、以前から予想されていた。

 GDPに先駆けて発表された各種統計も大幅な落ち込みを示唆していた。総務省が発表した6月の家計調査では、家計の消費支出は3カ月連続で減少となった。消費の低迷に加えて輸出が不振であることから、鉱工業生産指数もマイナスとなっている。季節調整済みの指数は4月に前月比でマイナス2.8%、6月に入るとマイナス3.3%と下落幅を拡大させた。これは東日本大震災以来の水準である。

 今期のGDPを項目別に見ると、個人消費がマイナス5.0%、設備投資はマイナス2.5%となっている。下落幅が大きいのが住宅投資でマイナス10.3%となった。これは年率に換算すると35.3%という極めて大きな数字である。公共投資もマイナス0.5%となっている。

 問題は7~9月期以降の数字がどうなるかである。7~9月期については、今期の反動があるためプラスになることは確実である。本当の意味で、日本経済の実力が試されるのは10~12月期の数字ということになるだろう。これから発表される機械受注統計など設備投資の動向や、個人消費の動向に注目する必要があるだろう。

 ただ、過去の増税時には、今回のような駆け込み需要と大幅な反動は見られなかった。3%分の増税でこれだけ消費や設備投資が乱高下するというのはよくない兆候である。安倍政権の経済運営は重要な局面を迎えている。

 - 経済 ,

  関連記事

no image
フィリップスのAV機器事業部を買収した船井電機ってどんな会社?

 船井電機は29日、オランダの電機大手フィリップスから、AV機器事業を買収すると …

jogmec
メタンハイドレートから天然ガスの採取に成功。だがあえて厳しいことを言えば・・・

 政府は3月12日、愛知・三重県沖の海底にある「メタンハイドレート」から天然ガス …

pakukuneshukinpei
朴槿恵大統領が中国を訪問し習主席と会談。中韓の親密ぶりが際立つ

 韓国の朴槿恵大統領は6月27日、中国を訪問し習近平国家主席と会談した。両首脳は …

shanhai
中国から200兆円を超えるお金が不正に流出。中国の金庫は実はスッカラカン?

 米国の民間研究機関グローバル・フィナンシャル・インテグリティー(GFI)は17 …

chogin
赤プリに続いて旧長銀ビルも解体。不況の最中、新しいビルを次々と壊す異様な光景

 バブル崩壊の象徴であった旧長銀ビルが建て替えられることになった。日本政策投資銀 …

teninjikyu
カリフォルニア州の最低賃金は1700円へ。日本は人手不足なのに賃金下落の不思議

 米カリフォルニア州議会は2016年3月28日、最低賃金(時給)を15ドル(17 …

sharp
シャープが再増資を検討中。成長戦略への自信のなさか、資本政策に奇妙な点も

 経営再建中のシャープが、再び増資を行うとの報道が出ている。今回の増資は、今後の …

sebunsuzu
セブン鈴木氏の退任によって、同社は批判できないというタブーがなくなった?

 セブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文会長兼最高経営責任者が退任の意向を明ら …

coal
迷走が続く日本のエネルギー政策。結局は石炭火力という国際標準に落ち着くのか?

 迷走していた日本のエネルギー政策にひとつの方向性が見え始めている。一旦は縮小さ …

rakutenamazonyusi
楽天、アマゾンの出店者向けローンが、地銀再編の起爆剤に?

 楽天やアマゾンなどネット通販各社が、自社サイト出店者向け事業者ローンの拡大を進 …