ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

田舎暮らしに憧れる都市部の若者が増加傾向。経済的要因が影響?

 

 内閣府は2014年8月11日、「農山漁村に関する世論調査」の結果を発表した。都市部の住人で農村や漁村に住みたいと考える人の割合が、大幅に増えている。

inakagurashi

 都市部に住む人のうち、「農山漁村地域に定住してみたいという願望がある」と答えた人は31.6%となり、9年前の前回調査と比べて約11ポイント増加した。
  年齢別では20代がもっとも高く約38.7%の人が、願望があると答えている。一方、もっとも低かったのは70歳以上で、願望があるという回答は22.5%だった。特に70歳以上は「願望がない」と答えた人の割合が55.7%に達する。

 全体的な特徴としては、高齢者ほど移住の願望がなくなること、前回に比べて移住したいと考える人の割合が大きく増加していることなどがあげられる。

 高齢者はあまり変化を好まないことや、生活の利便性や医療機関へのアクセスなど現実的な問題から都市部での生活を望んでいると考えられる。
 全体として移住希望者が増えているのは、様々な要因が関係している可能性があり、一概には言えないが、経済的な状況が大きく影響していると考えられる。
 一般論として、現状への不満が、生活を変えたいという願望につながりやすいという仮説は成立するので、以前に比べて生活が苦しいと感じる都市住民が増えていることが推察される。

 ただ、こうした移住希望者が本当に地方に移住するのかというとそうでもなさそうだ。移住の時期に関する質問では、「20年以上先」とした人の割合が約半数に達するが、「すぐにでも」という人は3.4%であった。現実には仕事など経済的な問題があり、あくまで願望にとどまっている可能性が高い。

 ちなみに、農村漁村の住民に対する調査では、都市部に移住したいという人の割合は19.7%で、都市部の地方移住希望者より少ない結果となっている。ただ住んでいる地域の将来については、あまり楽観的ではなく、37.6%の人が、将来衰退すると答えている。

 - 社会, 経済 , ,

  関連記事

titanic2
タイタニック号が2016年に復活。だが建造を受注したのは無名の中国企業

 オーストラリアで複数の鉱山会社を所有する大富豪クライブ・バーマー氏が、豪華客船 …

yanai02
絶好調のユニクロ。息子への社長世襲は時間の問題となりつつある?

 ユニクロを展開するファーストリテイリングの柳井社長は、常々「世襲はしない」と公 …

no image
韓国ソウルの放射能アルファルト問題。結局住民は大量被曝していた

 昨年11月に韓国ソウル市内のアスファルトから高い放射能が検出された問題で、ソウ …

businessman02
中小企業にも賃上げの動き?だが実態は弱肉強食が露骨になっているだけだった

 安倍政権が企業に対して異例の賃上げ要請を行う中、中小企業でも賃上げの動きが見ら …

tokyowan
GDPギャップは依然マイナスのまま。供給過剰な状態は本当に一時的なものなのか?

 内閣府は8月22日、4~6月期におけるGDPギャップがマイナス1.9%になった …

nichigin04
審議委員候補は積極緩和派で黒田総裁はマンションを購入。まだまだ量的緩和は続く?

 マイナス金利政策の継続をめぐって日銀の周辺が騒がしい。日銀の審議委員人事では、 …

shoushika2014
50年後も人口1億人の政府目標。課題は出生率の上昇だけではない

 政府の有識者委員会「選択する未来」は2014年5月13日、人口減少問題の解決を …

feisubukkugamen
先進国でしか稼げないフェイスブック。今後どれだけ拡大できるか?

 SNS最大手の米フェイスブックは2015年1月28日、2014年10~12月期 …

doitsuginkou
ドイツ銀行の危機は、不良債権問題というより利ざやの縮小による収益悪化

 ドイツ銀行の経営破たん懸念が市場のムードを悪化させている。現実に同行が破たんす …

kimurahikoku
国士気取りの銭ゲバ・インサイダー官僚が保釈。こともあろうに公判では無罪を主張

 経済産業省幹部のインサイダー取引事件で、金融商品取引法違反に問われていた前資源 …