ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

田舎暮らしに憧れる都市部の若者が増加傾向。経済的要因が影響?

 

 内閣府は2014年8月11日、「農山漁村に関する世論調査」の結果を発表した。都市部の住人で農村や漁村に住みたいと考える人の割合が、大幅に増えている。

inakagurashi

 都市部に住む人のうち、「農山漁村地域に定住してみたいという願望がある」と答えた人は31.6%となり、9年前の前回調査と比べて約11ポイント増加した。
  年齢別では20代がもっとも高く約38.7%の人が、願望があると答えている。一方、もっとも低かったのは70歳以上で、願望があるという回答は22.5%だった。特に70歳以上は「願望がない」と答えた人の割合が55.7%に達する。

 全体的な特徴としては、高齢者ほど移住の願望がなくなること、前回に比べて移住したいと考える人の割合が大きく増加していることなどがあげられる。

 高齢者はあまり変化を好まないことや、生活の利便性や医療機関へのアクセスなど現実的な問題から都市部での生活を望んでいると考えられる。
 全体として移住希望者が増えているのは、様々な要因が関係している可能性があり、一概には言えないが、経済的な状況が大きく影響していると考えられる。
 一般論として、現状への不満が、生活を変えたいという願望につながりやすいという仮説は成立するので、以前に比べて生活が苦しいと感じる都市住民が増えていることが推察される。

 ただ、こうした移住希望者が本当に地方に移住するのかというとそうでもなさそうだ。移住の時期に関する質問では、「20年以上先」とした人の割合が約半数に達するが、「すぐにでも」という人は3.4%であった。現実には仕事など経済的な問題があり、あくまで願望にとどまっている可能性が高い。

 ちなみに、農村漁村の住民に対する調査では、都市部に移住したいという人の割合は19.7%で、都市部の地方移住希望者より少ない結果となっている。ただ住んでいる地域の将来については、あまり楽観的ではなく、37.6%の人が、将来衰退すると答えている。

 - 社会, 経済 , ,

  関連記事

maruhi
特定秘密保護法案に関する日本人の何ともお粗末な議論

 政府は10月4日、特定秘密保護法案に関するパブリックコメントの結果を公表した。 …

roadie
ネット・ビジネスは新次元へ。既存事業の「中抜き」が米国で本格化

 次々と新しいネット・ビジネスが登場する米国では、ネットによる既存事業の「中抜き …

hotelinside
千野アナの事故報道を巡って様々な憶測が飛び交う。原因はマスコミの報道姿勢にあり

 元フジテレビの千野志麻アナウンサーが正月休暇中に起こした死亡事故について、報道 …

setubitousi
1~3月期のGDP改定値は設備投資の増加で上方修正。今後のカギは為替

 内閣府は2015年6月8日、2015年1~3月期のGDP(国内総生産)改定値を …

sukiya201408
「すき家」の赤字転落は、これから深刻化する人手不足経済の縮図?

 大手牛丼チェーン「すき家」を展開するゼンショーホールディングスは、人手不足によ …

euro02
キプロスが早くも資金不足。だがEUの官僚たちはそんなことは百も承知?

 総額100億ユーロ(約1兆3000億円)にのぼるユーロ圏からの支援が決定してい …

oecdskill
OECDによる能力調査。日本人は3分野のうち2分野で1位なのだが、何とITスキルでは?

 OECD(経済協力開発機構)は10月8日、世界24カ国を対象した国際成人力調査 …

no image
受給ギャップ拡大などインチキ。そもそも想定された需要など、もはや存在していない

 内閣府は15日、7~9月期の需給ギャップが4~6月期に比べて5兆円拡大して15 …

nihonyusei
海外M&Aに失敗した日本郵政が今度は野村不動産の買収に乗り出す

 日本郵政が野村不動産の買収に乗り出す。同社はオーストラリアの物流会社を買収した …

casino
カジノ解禁をめぐって依存症の問題が急浮上。だが本質はそこではない

 現在、政府内部で検討が進むカジノ解禁をめぐって、ギャンブル依存症に関する話題が …