ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

7~9月期の設備投資の見通しはいまひとつ。10%増税の判断はいかに?

 

 内閣府は2014年8月14日、6月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「船舶・電力を除く民需」(季節調整済み)は前月比でプラス8.8%となった。だが5月がマイナス19.5%と大幅な減少だったこを考えると、戻りは鈍い状況にある。
 内閣府では基調判断を「増加傾向に足踏みがみられる」から「一進一退で推移している」に下方修正した。基調判断の引き下げは2カ月連続。

kousakukiki

 機械受注は民間設備投資の先行指標といわれている。とりわけ、今回の機械受注は4~6月期のGDPが発表された直後なだけに、関係者の注目度が高かった。

 4~6月期のGDPは、物価変動の影響を除いた実質で前期比マイナス1.7%(年率換算でマイナス6.8%)となり、予想通りの大幅な落ち込みだった。今回のマイナス幅が大きかったのは、駆け込み需要の反動だが、問題は来期以降の数字である。来期以降もさえない数字ということになれば、それは単なる反動による減少とはいえなくなってくる。

 今回の機械受注では6月の実績に加えて、7~9月の見通しも発表されている。それによると、7~9月の見通しはプラス2.2%となっている。4~6月期の実績がマイナス6.7%であったことを考えると、あまり明るい見通しとはいえない。
 公共事業など官需がマイナス14.2%、外需がマイナス28.3%となっており、公共事業と輸出には期待できない状況となっている。

 7~9月期のGDPは消費税10%増税を決める判断材料となる。あくまでこの数字は設備投資の見通しを示しているに過ぎず、今回の数字をもとに7~9月期のGDPが不調であると判断するのは早計である。
 だが、好調な設備投資が牽引して大幅なプラスになるというシナリオが描きにくくなったことは確かである。GDPの6割を占める個人消費がどの程度回復するのかが、カギとなるだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

ieren201409
絶妙だったイエレンFRB議長の株高発言。金利引き上げタイミングは中立になった

 米FRB(連邦準備制度理事会)のイエレン議長は2015年5月6日、米国株式市場 …

sandberg201401
政界進出?フェイスブック株大量売却をめぐってサンドバーグCOOの去就に注目が

 SNS大手フェイスブックCOO(最高執行責任者)で、女性の社会進出を唱える活動 …

menkyo
韓国で自動車免許を取得する中国人が急増中。日本人の利用も

 最近、韓国の自動車教習所で免許を取得する中国人が急増しているという。自動車免許 …

nichigin02
日銀の量的緩和策は果たして効果を上げているのか?米国のQEと比較してみると

 日本銀行は8月8日、金融政策決定会合を開催した。量的緩和の継続を全員一致で決め …

kosokudoro02
消費税の影響は今のところ限定的だが、やはり公共事業頼み?

 消費増税後の景気を、活発な公共事業が支える構図が明確になっている。内閣府が発表 …

sontrump
孫正義氏がトランプ氏と電撃会談で米国投資を確約。パートナーが鴻海である理由

 ソフトバンクグループの孫正義社長は2016年12月6日、トランプ次期米大統領と …

abe001
2%物価目標の導入に向けて、政府が日銀に見せつけるアメとムチ

 新年が本格的にスタートしたことで、日銀に対する政府のアメとムチを使ったアプロー …

satsutaba
企業が溜め込む内部留保の還元は、アベノミクスを成功させるカギとなる

 アベノミクスに関する議論が活発化する中、企業が確保している内部留保に再び注目が …

okane003
日本の対外純資産が円安で大幅増大。今後の課題は投資利回りの向上だ

 財務省は5月28日、2012年末の対外資産・負債残高を発表した。それによると日 …

rakutenmufg
楽天が投資判断を引き下げたアナリスト・レポートに対して異例の批判

 楽天は7月2日、同社に対する投資判断を引き下げた三菱UFJモルガン・スタンレー …