ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

7~9月期の設備投資の見通しはいまひとつ。10%増税の判断はいかに?

 

 内閣府は2014年8月14日、6月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「船舶・電力を除く民需」(季節調整済み)は前月比でプラス8.8%となった。だが5月がマイナス19.5%と大幅な減少だったこを考えると、戻りは鈍い状況にある。
 内閣府では基調判断を「増加傾向に足踏みがみられる」から「一進一退で推移している」に下方修正した。基調判断の引き下げは2カ月連続。

kousakukiki

 機械受注は民間設備投資の先行指標といわれている。とりわけ、今回の機械受注は4~6月期のGDPが発表された直後なだけに、関係者の注目度が高かった。

 4~6月期のGDPは、物価変動の影響を除いた実質で前期比マイナス1.7%(年率換算でマイナス6.8%)となり、予想通りの大幅な落ち込みだった。今回のマイナス幅が大きかったのは、駆け込み需要の反動だが、問題は来期以降の数字である。来期以降もさえない数字ということになれば、それは単なる反動による減少とはいえなくなってくる。

 今回の機械受注では6月の実績に加えて、7~9月の見通しも発表されている。それによると、7~9月の見通しはプラス2.2%となっている。4~6月期の実績がマイナス6.7%であったことを考えると、あまり明るい見通しとはいえない。
 公共事業など官需がマイナス14.2%、外需がマイナス28.3%となっており、公共事業と輸出には期待できない状況となっている。

 7~9月期のGDPは消費税10%増税を決める判断材料となる。あくまでこの数字は設備投資の見通しを示しているに過ぎず、今回の数字をもとに7~9月期のGDPが不調であると判断するのは早計である。
 だが、好調な設備投資が牽引して大幅なプラスになるというシナリオが描きにくくなったことは確かである。GDPの6割を占める個人消費がどの程度回復するのかが、カギとなるだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

gpif
年金運用のポートフォリオが大幅変更に。だが実際には現状を追認しただけ

 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は6月7日、年金積立金の基本ポートフ …

no image
企業の倒産件数が激減。だがそれは、銀行のあたらな時限爆弾に過ぎない

 銀行の過剰な国債保有が懸念されている中、銀行のあたらたな時限爆弾の存在が明らか …

tokyowan
GDPギャップは依然マイナスのまま。供給過剰な状態は本当に一時的なものなのか?

 内閣府は8月22日、4~6月期におけるGDPギャップがマイナス1.9%になった …

seirousikaigi201412
政労使会議で来春の賃上げを明記。だが他の要請事項は相互に矛盾している

 政府は2014年12月16日、政府、経済団体、労働団体の代表らが、雇用や賃金に …

sonyhirai
ソニーが今年も業績の下方修正。悪材料小出しはもはや同社のお家芸

 経営再建中のソニーは2014年9月17日、2015年3月期の業績見通しについて …

Rare earth
実は厄介者?世界の9割を独占していた中国がレアアース輸入に転換した背景とは?

 世界シェアの90%を握るといわれている中国のレアアース生産が曲がり角に来ている …

setubitousi
企業の業績拡大が中小企業にも波及。ただ設備投資は公共事業の依存度が高い

 財務省は2014年6月2日、2014年1~3月期の法人企業統計を発表した。売上 …

lionair
LCC(格安航空会社)が航空機の最大の買い手に浮上。日本だけがガラパゴス

 航空機の買い手として格安航空会社が急激にその存在感を高めている。航空機大手のエ …

kusuri
薬のネット販売規制解除へ。最高裁は常識ある判断を下した

 利権の温床、抵抗勢力の象徴といわれた薬のネット販売禁止措置がようやく廃止される …

tokyotower02
世界観光ランキングで日本の順位が急上昇。要因は評価項目の入れ替え

 世界経済フォーラムは2015年5月6日、2015年の旅行・観光競争力ランキング …