ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

7~9月期の設備投資の見通しはいまひとつ。10%増税の判断はいかに?

 

 内閣府は2014年8月14日、6月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「船舶・電力を除く民需」(季節調整済み)は前月比でプラス8.8%となった。だが5月がマイナス19.5%と大幅な減少だったこを考えると、戻りは鈍い状況にある。
 内閣府では基調判断を「増加傾向に足踏みがみられる」から「一進一退で推移している」に下方修正した。基調判断の引き下げは2カ月連続。

kousakukiki

 機械受注は民間設備投資の先行指標といわれている。とりわけ、今回の機械受注は4~6月期のGDPが発表された直後なだけに、関係者の注目度が高かった。

 4~6月期のGDPは、物価変動の影響を除いた実質で前期比マイナス1.7%(年率換算でマイナス6.8%)となり、予想通りの大幅な落ち込みだった。今回のマイナス幅が大きかったのは、駆け込み需要の反動だが、問題は来期以降の数字である。来期以降もさえない数字ということになれば、それは単なる反動による減少とはいえなくなってくる。

 今回の機械受注では6月の実績に加えて、7~9月の見通しも発表されている。それによると、7~9月の見通しはプラス2.2%となっている。4~6月期の実績がマイナス6.7%であったことを考えると、あまり明るい見通しとはいえない。
 公共事業など官需がマイナス14.2%、外需がマイナス28.3%となっており、公共事業と輸出には期待できない状況となっている。

 7~9月期のGDPは消費税10%増税を決める判断材料となる。あくまでこの数字は設備投資の見通しを示しているに過ぎず、今回の数字をもとに7~9月期のGDPが不調であると判断するのは早計である。
 だが、好調な設備投資が牽引して大幅なプラスになるというシナリオが描きにくくなったことは確かである。GDPの6割を占める個人消費がどの程度回復するのかが、カギとなるだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

nougyouyushutu
日本の農作物輸出が過去最大。だが全体から見れば輸出はごくわずかという現実

 日本の農作物の輸出が徐々に増加している。農林水産省の調査によると、2013年に …

apple02
チャイナモバイル効果が出てきたアップル。利益率が急速に改善

 米アップルは2014年1月23日、2014年1~3月期決算を発表した。売上高は …

tosho03
目立ってきた為替と日経平均の乖離。どちらが実体経済を表している?

 日経平均と為替相場の乖離が大きくなっている。量的緩和策の実施以降、基本的に日経 …

foxconn
中国の鴻海で組合代表者の自由選挙を実施。グローバルなモノの流れが変化する?

 アップルからiPhoneなどの製造を一手に引き受ける中国のフォックスコン社(台 …

autodrive
首相まで巻き込んだ自動運転技術のデモから垣間見える、日本のイノベーション事情

 トヨタ自動車、日産自動車、ホンダの3社は11月9日、国会周辺の公道で自動運転に …

bukkajoushou
足元で東大物価指数が急上昇。急激な円安で消費者がとうとう値上げを受け入れ?

 足元で物価が再上昇する兆しが見えてきた。東京大学が中心となって作成した東大物価 …

doruen201505
ドルの調達コストが急上昇。日本は外貨での運用もできなくなりつつある

 日本の機関投資家が、資金を運用したくても運用する先がないという問題に直面し、悲 …

nihonen
マイナス金利なのに海外投資家が日本国債を積極的に買う理由

 このところ日本国債を積極的に購入する海外投資家が増加している。だが、それは日本 …

bouekitoukei201311
日本の貿易赤字がさらに拡大。だがその主な原因は原発停止ではない

 財務省は12月18日、11月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた …

kyuyomeisai02
春闘を控えベア抑制の動き。個人消費には逆風で、GDPへの悪影響は必至

 春闘の季節が近づいているが、ベースアップを抑制する動きが出てきている。各社には …