ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

7~9月期の設備投資の見通しはいまひとつ。10%増税の判断はいかに?

 

 内閣府は2014年8月14日、6月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「船舶・電力を除く民需」(季節調整済み)は前月比でプラス8.8%となった。だが5月がマイナス19.5%と大幅な減少だったこを考えると、戻りは鈍い状況にある。
 内閣府では基調判断を「増加傾向に足踏みがみられる」から「一進一退で推移している」に下方修正した。基調判断の引き下げは2カ月連続。

kousakukiki

 機械受注は民間設備投資の先行指標といわれている。とりわけ、今回の機械受注は4~6月期のGDPが発表された直後なだけに、関係者の注目度が高かった。

 4~6月期のGDPは、物価変動の影響を除いた実質で前期比マイナス1.7%(年率換算でマイナス6.8%)となり、予想通りの大幅な落ち込みだった。今回のマイナス幅が大きかったのは、駆け込み需要の反動だが、問題は来期以降の数字である。来期以降もさえない数字ということになれば、それは単なる反動による減少とはいえなくなってくる。

 今回の機械受注では6月の実績に加えて、7~9月の見通しも発表されている。それによると、7~9月の見通しはプラス2.2%となっている。4~6月期の実績がマイナス6.7%であったことを考えると、あまり明るい見通しとはいえない。
 公共事業など官需がマイナス14.2%、外需がマイナス28.3%となっており、公共事業と輸出には期待できない状況となっている。

 7~9月期のGDPは消費税10%増税を決める判断材料となる。あくまでこの数字は設備投資の見通しを示しているに過ぎず、今回の数字をもとに7~9月期のGDPが不調であると判断するのは早計である。
 だが、好調な設備投資が牽引して大幅なプラスになるというシナリオが描きにくくなったことは確かである。GDPの6割を占める個人消費がどの程度回復するのかが、カギとなるだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

abedabos201402
法人税引き下げが現実的に。だが税制上の不公平が解消されなければ効果は薄い

 安倍首相がダボス会議において法人税の実効税率の引き下げに言及したことで、政府与 …

bouekitoukei201303
円安の効果も半減?日本の輸出数量減少に歯止めがかからない!

 財務省は4月18日、3月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易 …

economistataranai
民需主導による成長がようやく見えてきた1~3月期のGDP速報値

 内閣府は2015年5月20日、2015年1~3月期のGDP(国内総生産)速報値 …

no image
英国でスタバ、Amazon、Googleの税金逃れが政治問題に。英国も劣化しているのか?

 米国に本社のあるグローバル企業、Amazon、スターバックス、Googleの3 …

no image
韓国の家計部門が危機的水準に突入と海外メディアが報道

 韓国の家計債務の可処分所得比率が危機的レベルに近づきつつあるといくつかの海外メ …

canadabank
英国が中央銀行総裁に外国人を登用。日銀の独立性というならこのくらいやってみろ!

 英国が中央銀行の次期総裁に外国人を任命し、市場関係者の中で驚きが広がっている。 …

nichigin
目立った成果がないのに日銀の緩和継続のニュースで株価が急上昇した理由

 日銀は2014年2月18日、金融政策決定会合において大規模な金融緩和策の継続を …

jutaku02
世帯収入が多いほど無理なくマイホームを購入しているという調査結果をどう見るか

 世帯収入が多いほど、無理のない範囲の金額でマイホームを購入している。そんなアン …

kabuka
5兆円の損失を公表したGPIFがスマートベータ型運用にシフト。果たして儲かるのか?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が保有する銘柄の公 …

korea
韓国で個人負債増加が政策課題に急浮上。日本も他人事ではないかもしれない

 以前から家計の負債増加が指摘されていた韓国で、この問題が政策的な重要課題に浮上 …