ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ステルス戦闘機の部品製造に日本企業が参入可能に。だが防衛産業の台所事情は苦しい

 

 政府は航空自衛隊の次期主力戦闘機として導入する米ロッキード・マーティン社製のステルス戦闘機F-35ついて、部品製造への国内メーカー参加を認める方針を固めた。8日の読売新聞が報じている。

 国内メーカーが海外の武器メーカーに部品を提供することは、これまで武器輸出3原則に反するととして禁止されていた。だが、昨年12月に武器輸出三原則の緩和が決定されており、今回の決定はこれを適用した初の事例となる。

 日本では三菱重工などが中心となって国産戦闘機F-2を製造してきた(厳密には米国からの横槍が入り、米国のF-16をベースにした国内開発)。だがF-2は昨年10月に生産を終了しており、生産ラインは撤収されている。

 防衛省はF-2に続く国産戦闘機としてF-3を計画しているが、財政緊縮の要求が厳しい中、プロジェクトは進んでいない。関連メーカーの中には戦闘機ビジネスから撤退するところも出てきており、生産が途絶えることによる技術の劣化が指摘されていた。

 防衛省はもともと米国の最新鋭ステルス戦闘機であるF-22の導入を希望していたが「現在のことろ文句なく世界最強」(軍事ジャーナリスト)といわれるF-22を日本に対して提供することを望まず、その代わりに開発が難航しているF-35の購入を持ちかけられた経緯がある。
 日本側はF-35を購入する条件として、最大4割程度、部品製造に参画できる権利を確保しており、今回はこれを活用する。ひとまず、F35の部品製造に参画することで、メーカー側は首の皮がつながった格好だ。

 一部では、F-3計画が2016年にもスタートするという報道がされているが、現状は「将来の戦闘機に関する研究開発ビジョン」というプランが防衛省から出ているだけで、予算措置が取られているわけではない。

 実は、こういった問題は日本だけにとどまらない。肥大化した財政の建て直しは世界的な課題である。最大の軍事大国である米国も過去に前例のない大幅な軍事予算のカットを決めており、米国の防衛産業各社は諸外国への輸出に活路を見出そうとしている。英国の防衛大手であるBAEシステムがEADS(エアバスの親会社)との合併を計画したのも同じ流れからだ(合併自体はドイツの反対で頓挫した)。

 武器輸出3原則の緩和で海外に活路を見出したい日本の防衛産業だが、周辺には同じことを考えている巨大ライバル企業がひしめいている。防衛産業の衰退は世界的な流れなのである。先行きはかなり暗いといってよい。

 - 政治

  関連記事

abetoranpu
トランプ政権のインフラ投資に日本の公的年金を活用との報道。政府は否定しているが・・・

 トランプ政権が掲げる総額1兆ドル(約113兆円)のインフラ投資について、その一 …

tulip
欧州では移住する農業従事者が増加中。そう簡単ではない農業の競争力強化

 TPP(環太平洋パートナーシップ協定)の閣僚会合で日米は合意に至らず、結論は再 …

asakusa02
五輪で高まる外国人観光客への期待。だが日本は本当に観光立国を望んでいるのか?

 日本政府観光局(JNTO)は9月18日、8月の訪日外国人客数を発表した。日本を …

obama201308
オバマ大統領がシリア軍事介入に慎重なのは、かつてのコソボ空爆の教訓?

 シリア政府が化学兵器を使用した可能性が高まってきたことで、米政府はシリアに対す …

chinaminshu
習近平氏が、民主党派代表と相次いで会談。中国には建前上、共産党以外の政党もある。

 習近平中国共産党総書記は25日、中国民主同盟、中国民主建国会など、中国の各民主 …

obamaegypt02
デモ排除で多数の死者が出ても、米国がエジプトへの軍事支援を簡単にやめられないワケ

 エジプトのモルシ前大統領を支持するデモ隊に対してエジプト軍が強制排除を行い多数 …

isejingu
式年遷宮に現職首相が84年ぶりに参列。「私人」として参列しなければならない理由とは?

 20年に1度、伊勢神宮の社殿を造り替える式年遷宮のクライマックスとなる「遷御の …

trumpanpo
共和党トランプ候補がとうとう日米安保を糾弾。米国は変わりつつある?

 放言を繰り返し、米国の大統領選を大混乱させているドナルド・トランプ氏が、とうと …

rodman
NBAの著名選手が北朝鮮を訪問。かつてのピンポン外交の復活か?

 全米プロバスケットボール協会(NBA)の強豪チーム、シカゴ・ブルズで活躍したデ …

obuchiyuko
小渕経産大臣が辞任。脳裏をよぎる第1次安倍内閣の閣僚辞任ドミノ

 小渕経済産業大臣は2014年10月20日、自身の政治団体の収支が食い違っている …