ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ウクライナ情勢への懸念から米国への資金流出が続く。プーチン政権には打撃

 

 欧州景気に対する不透明感とウクライナ情勢への懸念から、投資資金が欧州から米国に流出している。米国の長期金利は低下が続いており、先週には2.4%を切った。全体としては落ち着いた状況だが、欧州からの資金引き上げは、プーチン政権にとって打撃となる可能性がある。

putingunjiryoku

 年初には3%を超えていた米国の長期金利は先週、とうとう2.4%を切った。基本的には米国の潜在成長率の低下を見込んだ動きだが、このところの金利急低下は、資金が欧州から米国に移動し、安全資産である国債に流れていることを示唆している。

 欧州の株式市場はウクライナ市場が悪化した7月以降、下落基調となっているが、それほどの混乱は見られない。だが、欧州からの資金流出が今後も続くようであれば、実体経済に対してもその影響がじわじわと及んでくるだろう。

 特に影響が大きいといわれているのが、当事者のロシアである。ロシアはプーチン大統領に近い財閥グループが国内の政治と経済に対して大きな影響力を持っている。独裁的なイメージの強いプーチン氏だが、彼等の意向を無視して政権を運営することは難しい。

 欧米各国がロシアに対して経済制裁を実施していることから、ロシアからの資金流出が続いており、ロシアの財閥各社にも影響が及んでいる。だが、ロシアから欧州への資金流出にとどまっている間はそれほど大きな問題にはならない。

 それは、ロシアの財閥の多くが、ドイツや英国など欧州市場で資金運用を行っているからである。だが、ウクライナ情勢の余波が欧州市場全体に及んでくるようになると、ロシアの財閥にも大きな影響が出てくる。最悪の場合には、プーチン政権の支持基盤が揺らぐ可能性もある。

 プーチン大統領としては、欧米各国と何とか妥協点を見出したいところであり、今後しばらくは双方の探り合いが続く可能性が高い。

 欧州中央銀行はすでにマイナス金利を導入しており、量的緩和の実施には消極的といわれる。当分の間、金融政策は現状維持となる可能性が高く、そうなると、米国債への資金流入もしばらくは継続することになる。年後半の世界経済は不透明な状況が続くことになるかもしれない。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

tokyowan
GDPギャップは依然マイナスのまま。供給過剰な状態は本当に一時的なものなのか?

 内閣府は8月22日、4~6月期におけるGDPギャップがマイナス1.9%になった …

a380
世界の航空機市場は急拡大。日本の閉鎖市場は製造業にも影響を与える可能性がある

 欧州の航空機大手エアバスは、中東の航空会社3社から合計で137機、推定400億 …

no image
民主党政権の機密費は何と35億円。でもリッチな鳩山サンは少ないぞ!

 民主党政権発足から約3年が経過したが、これまでの間に35億2000万円の内閣官 …

tennoheika04
天皇陛下による生前退位のご意向表明がここまで遅れた理由

 天皇陛下は2016年8月8日午後3時、ビデオメッセージで「お気持ち」を表明する …

no image
尖閣問題で自動車メーカーが悲鳴。だけど中国ではもともと売れてないんじゃないの?

 尖閣諸島問題を受けて、日本の自動車メーカーが大打撃を受けていると各誌が報じてい …

orandojoyu
オランド仏大統領の女優密会報道から考える、権力者に対するタブーと民主主義

 フランスの芸能誌がオランド大統領と女優ジュリー・ガイエさんとの密会写真を掲載し …

higasi
東国原氏が下半身記事で週刊文春を提訴。今更名誉毀損でもないでしょ!

 東国原英夫・前宮崎県知事が、週刊文春の記事で名誉を傷つけられたとして、発行元の …

may
英国首相に実務派のメイ内相が就任。市場には安心感が広がる

 英国の次期首相を選ぶ保守党の党首選は2016年7月11日、テリーザ・メイ内相と …

shukinpei
(速報)中国共産党が次期指導部を選出。太子党大勝利。胡錦濤グループは危機的状況

 中国共産党大会が昨日14日、全日程を終えて閉幕したが、注目されていた次期最高指 …

boeing777
ボーイングが国内生産を維持する代わりに従業員の待遇を引き下げた背景

 米ボーイングは2014年1月4日、次世代の主力機である「ボーイング777X」の …