ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ウクライナ情勢への懸念から米国への資金流出が続く。プーチン政権には打撃

 

 欧州景気に対する不透明感とウクライナ情勢への懸念から、投資資金が欧州から米国に流出している。米国の長期金利は低下が続いており、先週には2.4%を切った。全体としては落ち着いた状況だが、欧州からの資金引き上げは、プーチン政権にとって打撃となる可能性がある。

putingunjiryoku

 年初には3%を超えていた米国の長期金利は先週、とうとう2.4%を切った。基本的には米国の潜在成長率の低下を見込んだ動きだが、このところの金利急低下は、資金が欧州から米国に移動し、安全資産である国債に流れていることを示唆している。

 欧州の株式市場はウクライナ市場が悪化した7月以降、下落基調となっているが、それほどの混乱は見られない。だが、欧州からの資金流出が今後も続くようであれば、実体経済に対してもその影響がじわじわと及んでくるだろう。

 特に影響が大きいといわれているのが、当事者のロシアである。ロシアはプーチン大統領に近い財閥グループが国内の政治と経済に対して大きな影響力を持っている。独裁的なイメージの強いプーチン氏だが、彼等の意向を無視して政権を運営することは難しい。

 欧米各国がロシアに対して経済制裁を実施していることから、ロシアからの資金流出が続いており、ロシアの財閥各社にも影響が及んでいる。だが、ロシアから欧州への資金流出にとどまっている間はそれほど大きな問題にはならない。

 それは、ロシアの財閥の多くが、ドイツや英国など欧州市場で資金運用を行っているからである。だが、ウクライナ情勢の余波が欧州市場全体に及んでくるようになると、ロシアの財閥にも大きな影響が出てくる。最悪の場合には、プーチン政権の支持基盤が揺らぐ可能性もある。

 プーチン大統領としては、欧米各国と何とか妥協点を見出したいところであり、今後しばらくは双方の探り合いが続く可能性が高い。

 欧州中央銀行はすでにマイナス金利を導入しており、量的緩和の実施には消極的といわれる。当分の間、金融政策は現状維持となる可能性が高く、そうなると、米国債への資金流入もしばらくは継続することになる。年後半の世界経済は不透明な状況が続くことになるかもしれない。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

kimurahikoku
国士気取りの銭ゲバ・インサイダー官僚が保釈。こともあろうに公判では無罪を主張

 経済産業省幹部のインサイダー取引事件で、金融商品取引法違反に問われていた前資源 …

abeputin
日本の制裁措置にロシア側が反発。安倍政権の対ロ独自外交は難しい局面に

 ウクライナ問題をめぐるロシアへの経済制裁について、ロシア側が反発している。ロシ …

putin
ロシアが軍の再編と近代化を推進。北方領土駐留軍の戦力も強化

 ロシアが軍の再編と近代化を進めている。  ロシア海軍は、このほど、モスクワにあ …

chiamujinki
日本を尻目に中国が着々と無人機を開発。ガラパゴスの影響はこんなところにも

 航空業界の国際見本市「北京国際航空展」が9月25日から中国・北京で開催されてい …

kuruguman02
クルーグマン教授が安倍首相との会談内容を暴露。日本はオフレコの概念もガラパゴス

 政府側が非公開を前提にしていた国際金融経済分析会合でのやり取りを、ポール・クル …

no image
EUが金融取引税(トービン税)の導入を決定。欧州はルビコン川を渡ってしまった

 欧州連合(EU)は9日、ルクセンブルクで理事会を開き、金融取引税(いわゆるトー …

kosokudouro03
7~9月期GDP下方修正の影響は軽微。むしろ公共事業依存体質が問題

 内閣府は12月9日、2013年7~9月期の国内総生産(GDP)改定値を発表した …

thatcher02
葬儀参列者に見る時代の流れ。サッチャリズムはすでに歴史の1ページ

 英国の元首相で4月8日に死去した故マーガレット・サッチャー氏の葬儀が4月17日 …

ichimanen
インフレが進むと実質的に増税となる「インフレ課税」って何だ?

 消費税増税を最終判断する時期が近付いてきたことで、増税の是非に関する議論が活発 …

f15se
韓国が次期戦闘機としてF15を不採用。理由はステルス性能不足ということなのだが・・・・

 次期戦闘機の選定を行ってきた韓国政府は9月24日、最終選考に残っていた米ボーイ …