ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

フランスの高級ワイナリーを中国人が大人買い。その真相は?

 

 フランスの2大ワイン産地の一つであるブルゴーニュ地方にある老舗ワイナリー(現地ではドメーヌと呼ぶ)が中国人実業家に売却されたことで、フランスではちょっとした波紋を呼んでいる。極右政党である国民戦線(フランス右翼の親玉であったルペン氏が設立した政党。現在の党首は娘のマリーヌ・ルペン氏)も論争に加わり、騒ぎが大きくなってきている。

 売却されたのは、シャトー・ドゥ・ジュブレ・シャンベルタン。価格は800万ユーロ(約8億円)、適正価格は4億円といわれており、倍の値段で落札されたことになる。買ったのはマカオでカジノを経営する中国人実業家で、別荘にする予定とのことだ。

 この話はフランス文化の象徴が中国マネーに買い漁られたというストーリーになっているが、そのまま額面通りには受け取らない方がよい。

 そもそも、このワイナリーは、それほど価値のあるところではない。12世紀に立てられた古城があり、モノポール(あるブランドの畑を単独の所有者のみが所有している形態)となっていて歴史を感じさせるが、それだけだ。実際、前オーナーは観光客を相手にワイナリーツアーを派手に開催しており、生産させるワインの多くは観光客向けの試飲やお土産で消費されていたという。

 これが何を意味するか?本当に貴重なワイナリーのワインは、観光客相手の試飲に出されることなどあり得ない。そして本当に貴重なワイナリーはそもそも売りに出ることがない。

 要するに今回売却されたワイナリーは観光地施設なのである。それを成り金中国人がバカ高い値段で買っただけの話である。日本もバブルの頃、関西にある自称文化の担い手という酒屋さんが三流ワイナリーをとてつもない値段で買わされていた。フランスではいつもの手なのだ。

 さらに言えば、フランスのもう一つのワイン産地であるボルドーなど、そもそもフランス領ではなかった(もともとイギリスの土地であり、イギリスの流通網でワインは発達した)し、常に世界の成り金が買い漁って、転売が繰り返されている。

 中国人は高級ワインに氷を入れて飲む連中である。味など分かるわけがない。8億で売れたら万々歳ではないか。日本人も、伝統的で価値があると思わせて、いろいろなモノを中国人に高く売りつければよい。

 - 社会, 経済

  関連記事

neet
ニートだけの会社が11月設立へ。批判の声は多いが、ガバナンス論に一石の可能性も

 メンバー全員がニートで、株主かつ取締役というまったく新しいコンセプトの会社が1 …

usabouekitoukei
米国の貿易収支改善が顕著に。世界経済の大きな枠組みが変わりつつある

 米商務省は2014年1月7日、2013年11月の貿易収支(季節調整済み、サービ …

tokyofukei001
2017年1~3月期のGDPは、とうとう名目値がマイナスに転落。完全にデフレに逆戻り

 内閣府は2017年5月18日、2017年1~3月期のGDP(国内総生産)速報値 …

toyotaroboto
今更? ウーバー出資や2足歩行ロボット買収など、トヨタに漂う出遅れ感

 トヨタが人工知能やシェアリング・エコノミーへの対応を矢継ぎ早に進めている。だが …

kuroda
黒田日銀総裁が正式決定。これまで白川路線に賛同していた政策委員は意見を変える?

 参議院は3月15日午前の本会議で、日銀の正副総裁人事を可決した。総裁には黒田東 …

okano
痛くない注射針の会社が1億円もの所得隠し、日本のモノ作りの残念な結末

 痛くない注射針を開発したことで知られ、日本の物作りの象徴として賞賛されていた東 …

nihontv
日テレ内定取り消し騒動。あらためて分かる日本における雇用の「重さ」

 日本テレビに内定していた女子大生が内定取り消しの撤回を求めた裁判が2014年1 …

thanksgiving00
米国の感謝祭セールが順調。米国経済に依存する日本にとっては朗報

 米国の感謝祭休日における消費支出が前年を大きく上回ったことが明らかとなった。全 …

yozawa
ネオヒルズ族与沢翼氏が資金ショートを告白。その理由は何と巨額の税金

 暴走族からネット起業家に転身し、1秒間に1億円稼ぐと豪語していた、フリーエージ …

androidTV
グーグルが着々と進める家電のネットワーク化と人工知能化

 ネット検索最大手の米グーグルが、家電の人工知能化を急ピッチで進めている。同社が …