ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

フランスの高級ワイナリーを中国人が大人買い。その真相は?

 

 フランスの2大ワイン産地の一つであるブルゴーニュ地方にある老舗ワイナリー(現地ではドメーヌと呼ぶ)が中国人実業家に売却されたことで、フランスではちょっとした波紋を呼んでいる。極右政党である国民戦線(フランス右翼の親玉であったルペン氏が設立した政党。現在の党首は娘のマリーヌ・ルペン氏)も論争に加わり、騒ぎが大きくなってきている。

 売却されたのは、シャトー・ドゥ・ジュブレ・シャンベルタン。価格は800万ユーロ(約8億円)、適正価格は4億円といわれており、倍の値段で落札されたことになる。買ったのはマカオでカジノを経営する中国人実業家で、別荘にする予定とのことだ。

 この話はフランス文化の象徴が中国マネーに買い漁られたというストーリーになっているが、そのまま額面通りには受け取らない方がよい。

 そもそも、このワイナリーは、それほど価値のあるところではない。12世紀に立てられた古城があり、モノポール(あるブランドの畑を単独の所有者のみが所有している形態)となっていて歴史を感じさせるが、それだけだ。実際、前オーナーは観光客を相手にワイナリーツアーを派手に開催しており、生産させるワインの多くは観光客向けの試飲やお土産で消費されていたという。

 これが何を意味するか?本当に貴重なワイナリーのワインは、観光客相手の試飲に出されることなどあり得ない。そして本当に貴重なワイナリーはそもそも売りに出ることがない。

 要するに今回売却されたワイナリーは観光地施設なのである。それを成り金中国人がバカ高い値段で買っただけの話である。日本もバブルの頃、関西にある自称文化の担い手という酒屋さんが三流ワイナリーをとてつもない値段で買わされていた。フランスではいつもの手なのだ。

 さらに言えば、フランスのもう一つのワイン産地であるボルドーなど、そもそもフランス領ではなかった(もともとイギリスの土地であり、イギリスの流通網でワインは発達した)し、常に世界の成り金が買い漁って、転売が繰り返されている。

 中国人は高級ワインに氷を入れて飲む連中である。味など分かるわけがない。8億で売れたら万々歳ではないか。日本人も、伝統的で価値があると思わせて、いろいろなモノを中国人に高く売りつければよい。

 - 社会, 経済

  関連記事

kyuyomeisai02
今年の春闘も昨年に引き続き高い伸び。全体への波及効果はどのくらいか?

 経団連は2015年4月16日、2015年の春闘について1次集計を取りまとめた。 …

rodman02
金正恩氏とバスケ観戦をしたロッドマン元選手の前にコカコーラが置いてあったワケ

 北朝鮮の金正恩第1書記は28日、平壌市内の体育館において、北朝鮮を訪問中の全米 …

google2014
無敵のグーグルがとうとう失速開始?拡大の一途を辿ってきたクリック数が減少

 これまで破竹の勢いだったグーグルにとうとう失速の兆しが出てきた。同社は2014 …

abeamari
産業競争力会議がテーマ別会合をスタート。雇用流動化や企業再編は実現できるのか?

 政府の産業競争力会議3月6日、テーマ別会合の議論をスタートした。この日は「人材 …

tosho05
個人投資家向けの優遇税制(日本版ISA)が前途多難な状況

 小口の個人投資家向け優遇税制である日本版ISA(少額上場株式等に係る配当所得及 …

taobaorakuten
中国最大のECサイト「アリババ」と「楽天」を比較して分かること

 中国におけるインターネット通販が急拡大している。中国最大の電子商取引サービス会 …

factory05
米中両国の製造業指数が示す、好調な個人消費と低調な製造業の綱引き

 米国と中国の製造業で冴えない指標が相次いでいる。米供給管理協会(ISM)が発表 …

no image
株式投資を促す私的年金制度を検討へ。だが現在の日本で「貯蓄から投資」はムリ

 1600兆円にのぼる個人金融資産の活用について議論する、財務省・金融庁の金融・ …

setsubitousi
需給ギャップが3期連続で縮小。日本経済復活なのか単なるバラマキなのか?

 内閣府は2013年12月16日、7~9月期の日本経済における需給ギャップがマイ …

intelbaytrail
米インテルの業績がプラス転換。スマホ・シフトの成否についてはまだおあずけ

 半導体世界最大手の米インテルは2014年1月16日、2013年10~12月期の …