ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

長期金利が0.5%割れ。量的緩和策スタート時の水準に戻る

 

 日本の長期金利が一段と低下している。10年物国債の利回りは約1年半ぶりに0.5%を下回った。基本的には、米国の金利低下や日銀による量的緩和策の影響を受けたものだが、長期的な日本経済の先行きを暗示しているともいえる。

 nichigin04 長期金利がこの水準まで低下していたのは、日銀による量的緩和策が始まる2013年4月のことである。量的緩和開始後、金利は急騰し、一時は0.8%を超えたものの、その後、金利は徐々に低下。とうとう量的緩和策スタート時の水準まで戻った。

 このところウクライナ情勢の悪化や欧州経済の不透明感から米国債が買われており、米国の金利が急低下している。7月に入ってからの金利低下は国際情勢の影響が大きいが、あくまで短期的な要因である。長いスパンで見れば、日本の金利は国際情勢に関わらず、一貫して低下が続いている状況だ。

 量的緩和策を実施すれば、インフレ期待をもたらす一方、国債の買い入れによって金利低下の圧力も加わる。名目上の金利が上がらなくても、インフレ期待が生じれば実質金利は低下することになる。
 インフレ期待による実質金利の低下によって、金融機関の貸し出し増加を促すことは、量的緩和策の狙いのひとつである。だが現時点においては、国債買い入れの影響だけが顕著になっており、融資の大幅な増加は見られない。

 長期金利は、最終的にはその国の名目成長率に収束してくるといわれる。一貫して金利の低下が続いているということは、国債に代わる有望な投資先がないことを示している。つまり、市場は日本の成長は限りなくゼロに近く、物価も上昇しないと見ていることになる。

 もちろん、現在の金利低下は国債バブルであり、今後一気に顕在化する金利上昇の前触れに過ぎないという、より悲観的な見方もある。いずれにせよ、現時点においては、景気の先行きに明るさが見えないのは確かなようである。

 - 経済 ,

  関連記事

rikokkyoubetonamu
中国の李首相が早速ベトナムを訪問し、領有権問題の懐柔策をベトナムに提示

 中国の李克強首相は10月13日からベトナムを訪問し、ベトナムのグエン・タン・ズ …

abeputin201612
大方の予想通り、ゼロ回答に終わった日露交渉。3000億円だけが一人歩き

 安倍首相とロシアのプーチン大統領は2016年12月15・16日、日本において首 …

frb
10月のFOMC。予想外に強気で「やはり年内利上げ」との声も

 FRB(連邦準備制度理事会)は2015年10月28日に開催したFOMC(連邦公 …

hongkongcash
香港で現金輸送車から2億円バラマキ。輸送を請け負っていたのは、著名な民間軍事会社

 クリスマスイブの24日、香港の繁華街で現金輸送車から大量の現金が落下し、通行人 …

toshiba03
もはや制御不能。東芝が米国原子力事業で再び巨額損失。債務超過の可能性も

 経営再建中の東芝は2016年12月27日、米国原子力事業において数千億円規模の …

kuroda02
日銀は2年で2%という物価目標を堅持。そうだとすると、追加緩和は必須?

 日銀の黒田総裁は2015年3月17日、記者会見において「2%の物価目標を2年程 …

seifusenyouki02
安倍首相の東南アジア歴訪が示す「国際競争力なくして安全保障はない」という事実

 安倍首相は7月25日午前、3日間の日程でマレーシア、シンガポール、フィリピンの …

tissue
円安で値上げが続々。だが実際にはデフレ下でも値上げは進んでいた

 急激に進んだ円安を背景に、製品やサービスの値上げが相次いでいる。製紙大手各社が …

no image
アメリカで起業熱が再沸騰。シリコンバレーでは洋上インキュベーション施設まで登場

 米国のシリコンバレーでユニークなベンチャー企業が登場し注目を集めている。  会 …

sharp
綱渡り経営が続くシャープの決算。すべては銀行の方針次第

 経営再建中のシャープは5月14日、2013年3月期の決算を発表した。売上高は前 …