ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

長期金利が0.5%割れ。量的緩和策スタート時の水準に戻る

 

 日本の長期金利が一段と低下している。10年物国債の利回りは約1年半ぶりに0.5%を下回った。基本的には、米国の金利低下や日銀による量的緩和策の影響を受けたものだが、長期的な日本経済の先行きを暗示しているともいえる。

 nichigin04 長期金利がこの水準まで低下していたのは、日銀による量的緩和策が始まる2013年4月のことである。量的緩和開始後、金利は急騰し、一時は0.8%を超えたものの、その後、金利は徐々に低下。とうとう量的緩和策スタート時の水準まで戻った。

 このところウクライナ情勢の悪化や欧州経済の不透明感から米国債が買われており、米国の金利が急低下している。7月に入ってからの金利低下は国際情勢の影響が大きいが、あくまで短期的な要因である。長いスパンで見れば、日本の金利は国際情勢に関わらず、一貫して低下が続いている状況だ。

 量的緩和策を実施すれば、インフレ期待をもたらす一方、国債の買い入れによって金利低下の圧力も加わる。名目上の金利が上がらなくても、インフレ期待が生じれば実質金利は低下することになる。
 インフレ期待による実質金利の低下によって、金融機関の貸し出し増加を促すことは、量的緩和策の狙いのひとつである。だが現時点においては、国債買い入れの影響だけが顕著になっており、融資の大幅な増加は見られない。

 長期金利は、最終的にはその国の名目成長率に収束してくるといわれる。一貫して金利の低下が続いているということは、国債に代わる有望な投資先がないことを示している。つまり、市場は日本の成長は限りなくゼロに近く、物価も上昇しないと見ていることになる。

 もちろん、現在の金利低下は国債バブルであり、今後一気に顕在化する金利上昇の前触れに過ぎないという、より悲観的な見方もある。いずれにせよ、現時点においては、景気の先行きに明るさが見えないのは確かなようである。

 - 経済 ,

  関連記事

ieren02
イエレン氏の議会証言声明文。内容は予想通りで、失業率を重視し緩和継続へ

 米FRB(連邦準備制度理事会)は、バーナンキ議長の後任に指名されたジャネット・ …

asomof
為替介入も辞さずという麻生発言。日本側の動きを束縛してしまった可能性も

 日銀が追加緩和を見送ったことから、為替市場では急激な円高が進んでいる。麻生財務 …

yahootumblr
米ヤフーがSNS+ブログの新興企業タンブラーを買収。ただ両社の融合には疑問符も

 米ヤフーは、ブログとSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を手掛ける …

b29
太平洋戦争に投入された戦費は天文学的数字。すべては日銀の国債引受で賄われた

 太平洋戦争の終結から68年が経過した。太平洋戦争の政治的、外交的な背景や経緯は …

hondajet
ホンダがジェット機の量産を開始。あえて選択したイノベーション路線は吉と出るか?

 ホンダの航空機事業子会社であるホンダエアクラフトカンパニーは2014年5月20 …

aruno
アルノー家がディオールの株式を追加取得。LVMHの不透明性を払拭

 高級ブランド最大手LVMH(モエヘネシー・ルイヴィトン)は2017年4月25日 …

joseikatuyaku
政府が1億総活躍社会における経済効果を試算。個人消費は13.7兆増えるとしているが・・・

 政府は2016年4月18日、一億総活躍社会を目指す取り組みが実現した場合の経済 …

nihonkeizai02
円安は製造業の収益力に寄与せず、内需企業は公共事業依存体質が鮮明に

 財務省は2013年12月2日、7~9月期の法人企業統計を発表した。金融業と保険 …

benesse
ベネッセ新社長がわずか3カ月で辞任。同社経営をめぐって創業家が混乱?

 教育大手ベネッセホールディングスが迷走している。プロ経営者であった原田泳幸氏の …

amazonbooks
アマゾンがリアル店舗の本格展開を検討中?本当なら書籍市場に大きな変化が

 米アマゾンが、全米で300~400の実店舗の展開を計画しているとの噂が広がって …