ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

長期金利が0.5%割れ。量的緩和策スタート時の水準に戻る

 

 日本の長期金利が一段と低下している。10年物国債の利回りは約1年半ぶりに0.5%を下回った。基本的には、米国の金利低下や日銀による量的緩和策の影響を受けたものだが、長期的な日本経済の先行きを暗示しているともいえる。

 nichigin04 長期金利がこの水準まで低下していたのは、日銀による量的緩和策が始まる2013年4月のことである。量的緩和開始後、金利は急騰し、一時は0.8%を超えたものの、その後、金利は徐々に低下。とうとう量的緩和策スタート時の水準まで戻った。

 このところウクライナ情勢の悪化や欧州経済の不透明感から米国債が買われており、米国の金利が急低下している。7月に入ってからの金利低下は国際情勢の影響が大きいが、あくまで短期的な要因である。長いスパンで見れば、日本の金利は国際情勢に関わらず、一貫して低下が続いている状況だ。

 量的緩和策を実施すれば、インフレ期待をもたらす一方、国債の買い入れによって金利低下の圧力も加わる。名目上の金利が上がらなくても、インフレ期待が生じれば実質金利は低下することになる。
 インフレ期待による実質金利の低下によって、金融機関の貸し出し増加を促すことは、量的緩和策の狙いのひとつである。だが現時点においては、国債買い入れの影響だけが顕著になっており、融資の大幅な増加は見られない。

 長期金利は、最終的にはその国の名目成長率に収束してくるといわれる。一貫して金利の低下が続いているということは、国債に代わる有望な投資先がないことを示している。つまり、市場は日本の成長は限りなくゼロに近く、物価も上昇しないと見ていることになる。

 もちろん、現在の金利低下は国債バブルであり、今後一気に顕在化する金利上昇の前触れに過ぎないという、より悲観的な見方もある。いずれにせよ、現時点においては、景気の先行きに明るさが見えないのは確かなようである。

 - 経済 ,

  関連記事

wine
グローバル経済の思わぬ影響。フランス人はワインを減らし、米国人や中国人は増やす

 ワイン大国といわれたフランスでワインの消費量が減っている。フランスでは過去5年 …

nichigin
目立った成果がないのに日銀の緩和継続のニュースで株価が急上昇した理由

 日銀は2014年2月18日、金融政策決定会合において大規模な金融緩和策の継続を …

Rare earth
実は厄介者?世界の9割を独占していた中国がレアアース輸入に転換した背景とは?

 世界シェアの90%を握るといわれている中国のレアアース生産が曲がり角に来ている …

joseiroudou
女性の賃金が過去最高を更新したのは、皮肉にも日本が貧しくなっているから

 厚生労働省は21日、賃金構造基本統計調査の結果を発表した。それによると、201 …

apple02
アップルの四半期決算。原価率の上昇が続き減益だが、下げ止まり感も

 米アップルは7月23日、2013年4~6月期決算を発表した。売上高は前年同期比 …

trumpchina
米中首脳会談は表面的には穏やかに終了。貿易不均衡をめぐる交渉は長期戦に

 注目されていた米中首脳会談は表面上は穏やかに終了した。トランプ政権は貿易不均衡 …

sangyoukyousouryoku
残業代ゼロ政策の議論が復活。今度は一般社員への適用も検討?

 労働時間に関わらず賃金を一定にするホワイトカラーエグゼンプションが、再び議論の …

shutoko
笹子トンネル事故が、抑制されてきた公共事業再開の大義名分になる可能性

 中央自動車道の笹子トンネル事故をきっかけに、これまで抑制されてきた公共事業がな …

tsubaki
資生堂が初の本格的な社長外部招聘。お公家さん社風は変わるのか?

 資生堂は昨年末、前田新造会長兼社長が代表権のある会長に専念し、元日本コカ・コー …

euhonbu00
欧州の1~3月期GDP成長率。6四半期連続のマイナスで景気失速が鮮明に

 欧州連合(EU)は5月15日、ユーロ圏の2013年第1四半期(1~3月期)の経 …