ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

政権幹部から景気に対する慎重な見方が相次ぐ。消費増税の影響は予想より大きい?

 

 安倍政権幹部から、景気の先行きに対する慎重な発言が目立っている。甘利経財相が「デフレ脱却宣言は時期尚早」と述べたのに続いて、麻生財務相は「企業はそう簡単に借り入れを増やせる状況にはない」との見解を示した。消費増税の影響が思いのほか大きく、政府が慎重姿勢に転じている可能性がある。

aso03 甘利経財相の発言は、2014年8月13日に発表された4~6月期の実質GDPの数字を受けたもの。4~6月期の数字がマイナス1.7%(年率換算ではマイナス6.8%)と大きく落ち込んだ直接の原因は、消費増税の駆け込み需要に対する反動である。

 1~3月期の数字はプラス1.5%だったことを考えれば、最終的に景気がどうなっているのかを判断するには、7~9月期の数字を見る必要がある。甘利氏は7~9月期について「急回復する」との発言も行っているが、今後も順調に物価が上昇するというところまでは踏み込めずにいるようだ。

 一方、麻生氏は、このところ金利が急低下していることについて、「国債を大量に発行すれば長期金利が上がるという常識は通用しない」と述べ、その理由として企業の慎重姿勢をあげた。
 麻生氏が指摘するように、中小企業の経営者は、個人保証を入れ、自身の家を担保に借金をしており「雇われのサラリーマンとは状況が異なる」(麻生氏)。多少景気が回復してきたという感覚があっても、容易に融資を増やすことはないだろう。

 ただ現実には、企業の業績が経営者自身の生活には直結しない大企業も同じ行動を取っている。日本の企業は、大企業を中心に300兆円ほどの内部留保を抱えている。だが、目立った投資先が国内にはなく、資金を余らせている状況が続く。

 今年の春闘では賃上げが実施されたが、消費増税や物価上昇を考えると、実質的な賃金は下落している可能性が高い。先行きが不透明な状況において、企業がこれ以上の賃上げを実施する可能性は低く、消費の回復力は弱いままだろう。

 政権幹部が相次いで慎重な発言を行っているということは、政府が年後半から来年にかけての景気見通しについて、軌道修正を始めている可能性がある。景気は回復しているという基本姿勢は変わらないだろうが、その表現は抑制されたものになってくるかもしれない。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

toshibaenki
東芝が決算発表を再延期。原子力子会社非連結化を打ち出すもスキームは不明

 米国の原子力事業で巨額の損失を抱える東芝は2017年3月14日、2016年4~ …

baku
中国人作家のノーベル文学賞受賞は、いわゆるバーター取引

 スウェーデン・アカデミーは11日、中国の作家、莫言氏にノーベル文学賞を授与する …

iiss01戚建国
中国が米中首脳会談を控え、領有権問題に対する態度を軟化?

 英国際戦略研究所(IISS)は5月31日から3日間の日程で、アジア安全保障会議 …

jinminginkou
中国人民銀行が預金準備率引き下げ。いずれ量的緩和に追い込まれる?

 中国の景気減速がはっきりしてきたことで、金融市場にもこれに付随した動きが見られ …

no image
米国の大手書店でカード読取機が改ざん。カード情報が不正に流出

 米国の書店大手バーンズアンドノーブルは24日、全米の63店舗でカード読取装置が …

doller02
外貨準備の運用を民間に開放。一部からは金融機関の救済策との声も

 政府は外国為替資金特別会計(いわゆる外為特会)の運用方針を見直す。これまで外部 …

nsa
米上院がNSAの情報活動を大幅に制限する米国自由法を可決

 米上院は2015年6月2日、NSA(国家安全保障局)による個人情報の収集を認め …

shoushika
少子化対策タスクフォースが提言書。だが対策を阻む本当の理由には触れずじまい

 政府の有識者会議「少子化危機突破タスクフォース」(座長・佐藤博樹東大大学院教授 …

ge
米国の製造業回帰が効果を上げ始めた。だが一方でその波に乗れない人も

 中国から製造拠点を米国に戻す試みが成果を上げ始めている。米ゼネラル・エレクトリ …

hasimoto2
橋下氏が公務員批判のボルテージをアップ。そろそろ基本的な論点整理が必要なのでは?

 日本維新の会共同代表で大阪市長の橋下徹氏が公務員批判のボルテージを上げている。 …