ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

貿易赤字は25カ月連続だが安定飛行状態に。今後のカギは国内サービス業

 

 財務省は2014年8月20日、7月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は9640億円の赤字となった。赤字は25カ月連続だが、前年同月比では赤字幅が縮小した。季節調整済みの数字では、前月より赤字が増加しているが、おおむね安定飛行状態だ。

bouekitoukei 201407

 このところ貿易収支は赤字が続いているものの、赤字額はほぼ同水準で推移しており、小康状態となっている。
 今のところ為替は安定しており、これが輸入価格の変動を小さくしている。また、イラク情勢の緊迫化で原油価格の高騰が懸念されたが、原油価格も落ち着きを取り戻しつつある。

 貿易赤字はそれ自体がマイナスの影響を及ぼすものではないが、日本経済は依然として貿易黒字であることを前提にしたシステムとなっており、急激な変化は望ましくない。一定の赤字水準で落ち着いてきたことは前向きに考えてよいだろう。

 だが日本の産業構造の変化は、着実に進んでいる。日本の輸出は円安になっているにもかかわらず、ほとんど増えていない。特に輸出数量はこの1年間横ばいが続いている。これは工場の海外シフトが進んでいることが主な原因であり、おそらく不可逆的な動きである。工場が海外にシフトした分、現地からの配当収入(所得収支)は増えるが、失われた雇用は戻らない。

 製造業による雇用が失われても、その分、国内に新しいサービス産業が生まれれば、大きな問題は起らないはずである。だが国内のサービス産業の付加価値は低く、サービス産業への雇用シフトは賃金の低下をもたらしてしまう。現在、日本の輸入が増えているのは、エネルギー価格の高騰が原因であり、国内需要の高まりではない。

 より付加価値の高いサービス産業が育ち、内需の高まりとともに、貿易赤字が拡大するという流れになれば、貿易赤字を次の成長につなげることができるはずである。だが、現状はまだそうなっていない。これからの日本で大事なことは、製造業を国内に戻すことではなく、より付加価値の高いサービス産業を育成することである。

 - 経済 , ,

  関連記事

abetoben
首相がアベノミクスへの懸念について見解を表明。あと半年で円安効果が出るというが・・

 安倍首相は5月7日の参院予算委員会の集中審議に出席し、貿易赤字やインフレなど、 …

abe20141229
政府の予算と決算には乖離がある。経済対策3.5兆円を額面通りに評価してはいけない

 政府は2014年12月27日、臨時閣議を開き、総額3兆5000億円の経済対策を …

abekeitaiminaosi
首相が突然、携帯電話料金の見直しに言及。賃上げ要請と同じ結果に終わる?

 安倍首相の携帯電話料金の見直し発言が波紋を広げている。日本の携帯電話会社は3社 …

tosho05
新しい増資手段ライツイシューに規制?制度を生かすも殺すも、最後は投資家次第

 既存の株主に対して新株購入の権利を割り当てる「ライツイシュー」の審査が厳格化さ …

airasiajapan
エアアジアが合弁解消。日本でLCCがうまくいかない理由とは?

 アジア最大の格安航空会社(LCC)であるエアアジアとANAホールディングスは、 …

bouekitoukei 201411
11月の貿易収支は円安と原油安の相乗効果で赤字幅縮小

 財務省は2014年12月17日、11月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を …

rajoy
フランスやスペインで失業率がさらに悪化。緊縮路線はもう限界か?

 欧州の失業率がさらに悪化している。スペイン国家統計局4月25日に発表した第1四 …

sonmasayosi
ソフトバンクの営業利益が1兆円超え。アリババ上場で4兆円の含み益も

 ソフトバンクは2014年5月7日、2014年3月期の決算を発表した。かねてから …

shanhai
過大な期待や悲観は無用!中国市場に対する3つの誤解を解く

 近年、日本は中国という存在に振り回される状況が続いてきた。当初は巨大市場に乗り …

nihonen
円高が止まらない。政策の手詰まり状態を市場は見透かしている?

 為替市場で急速な円高が進んでいる。欧州で英国のEU(欧州連合)離脱への警戒感が …