ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

貿易赤字は25カ月連続だが安定飛行状態に。今後のカギは国内サービス業

 

 財務省は2014年8月20日、7月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は9640億円の赤字となった。赤字は25カ月連続だが、前年同月比では赤字幅が縮小した。季節調整済みの数字では、前月より赤字が増加しているが、おおむね安定飛行状態だ。

bouekitoukei 201407

 このところ貿易収支は赤字が続いているものの、赤字額はほぼ同水準で推移しており、小康状態となっている。
 今のところ為替は安定しており、これが輸入価格の変動を小さくしている。また、イラク情勢の緊迫化で原油価格の高騰が懸念されたが、原油価格も落ち着きを取り戻しつつある。

 貿易赤字はそれ自体がマイナスの影響を及ぼすものではないが、日本経済は依然として貿易黒字であることを前提にしたシステムとなっており、急激な変化は望ましくない。一定の赤字水準で落ち着いてきたことは前向きに考えてよいだろう。

 だが日本の産業構造の変化は、着実に進んでいる。日本の輸出は円安になっているにもかかわらず、ほとんど増えていない。特に輸出数量はこの1年間横ばいが続いている。これは工場の海外シフトが進んでいることが主な原因であり、おそらく不可逆的な動きである。工場が海外にシフトした分、現地からの配当収入(所得収支)は増えるが、失われた雇用は戻らない。

 製造業による雇用が失われても、その分、国内に新しいサービス産業が生まれれば、大きな問題は起らないはずである。だが国内のサービス産業の付加価値は低く、サービス産業への雇用シフトは賃金の低下をもたらしてしまう。現在、日本の輸入が増えているのは、エネルギー価格の高騰が原因であり、国内需要の高まりではない。

 より付加価値の高いサービス産業が育ち、内需の高まりとともに、貿易赤字が拡大するという流れになれば、貿易赤字を次の成長につなげることができるはずである。だが、現状はまだそうなっていない。これからの日本で大事なことは、製造業を国内に戻すことではなく、より付加価値の高いサービス産業を育成することである。

 - 経済 , ,

  関連記事

zaikaitop
円安で株高になるのはおかしいという財界首脳の発言が象徴するもの

 経団連、日本商工会議所、経済同友会の経済3団体は2014年1月7日、年頭会見を …

oecdguria
政府の意向を代弁したOECD事務局長。だが主張する内容は極めて客観的

 政府がOECD(経済協力開発機構)を活用した政策のアナウンスに乗りだしている。 …

seiho
バブル崩壊以来続いた生保の逆ざやが解消。金利上昇で保険会社はさらに有利に?

 生命保険各社の業績が上向いている。主な要因はバブル期に販売した予定利率の高い商 …

souzouteki
日本には創造性が求められる仕事などない、という若者の認識はかなり正確?

 日本の若年層の中で、自分のことを創造的だと考える人は8%しかおらず、創造性が求 …

bafurakisu002
更迭されたギリシャのバルファキス外相。だが本人にとってはメリット?

 ギリシャのチプラス政権は、EUとの交渉チームの顔ぶれを一新した。新しい交渉チー …

kokusaishushi201312
国際収支を見れば、日本の輸出不振は1990年代から始まっていた事が分かる

 財務省は2014年2月10日、2013年12月の国際収支を発表した。最終的な国 …

sekorosu
世耕経産相が米主要経済閣僚と初会談。見えてこない日米交渉の道筋

 訪米した世耕経済産業相は2017年3月16日、ロス米商務長官らトランプ政権の主 …

kiha183
事故多発のJR北海道は事実上の国鉄。毎年大赤字でも経営が維持できているワケ

 JR北海道で列車事故が相次いでいる件で、菅官房長官は9月24日の記者会見におい …

raripeiji
従業員によるCEOランキング、トップはグーグル、2位はナイキ、3位は?

 米キャリア情報サイトのGlassdoorは2015年6月9日、従業員が評価する …

keizaikakusa
景気が良くなるほど、経済格差が拡大するという不都合な真実

 貧困の撲滅活動を行う国際NGO「オックスファム」は2014年1月20日、経済格 …