ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

貿易赤字は25カ月連続だが安定飛行状態に。今後のカギは国内サービス業

 

 財務省は2014年8月20日、7月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は9640億円の赤字となった。赤字は25カ月連続だが、前年同月比では赤字幅が縮小した。季節調整済みの数字では、前月より赤字が増加しているが、おおむね安定飛行状態だ。

bouekitoukei 201407

 このところ貿易収支は赤字が続いているものの、赤字額はほぼ同水準で推移しており、小康状態となっている。
 今のところ為替は安定しており、これが輸入価格の変動を小さくしている。また、イラク情勢の緊迫化で原油価格の高騰が懸念されたが、原油価格も落ち着きを取り戻しつつある。

 貿易赤字はそれ自体がマイナスの影響を及ぼすものではないが、日本経済は依然として貿易黒字であることを前提にしたシステムとなっており、急激な変化は望ましくない。一定の赤字水準で落ち着いてきたことは前向きに考えてよいだろう。

 だが日本の産業構造の変化は、着実に進んでいる。日本の輸出は円安になっているにもかかわらず、ほとんど増えていない。特に輸出数量はこの1年間横ばいが続いている。これは工場の海外シフトが進んでいることが主な原因であり、おそらく不可逆的な動きである。工場が海外にシフトした分、現地からの配当収入(所得収支)は増えるが、失われた雇用は戻らない。

 製造業による雇用が失われても、その分、国内に新しいサービス産業が生まれれば、大きな問題は起らないはずである。だが国内のサービス産業の付加価値は低く、サービス産業への雇用シフトは賃金の低下をもたらしてしまう。現在、日本の輸入が増えているのは、エネルギー価格の高騰が原因であり、国内需要の高まりではない。

 より付加価値の高いサービス産業が育ち、内需の高まりとともに、貿易赤字が拡大するという流れになれば、貿易赤字を次の成長につなげることができるはずである。だが、現状はまだそうなっていない。これからの日本で大事なことは、製造業を国内に戻すことではなく、より付加価値の高いサービス産業を育成することである。

 - 経済 , ,

  関連記事

no image
「シャープが賞与カットを検討」との報道に、市場では驚愕の声

  シャープがリストラ策の一環として、社員の賞与カットの検討に入ってるとの毎日新 …

usakoyoutoukei201702
良好な米雇用統計で、3月利上げの確率がさらに高まる。資産縮小論の可能性も

 米労働省は2017年3月10日、2月の雇用統計を発表した。代表的な指標である非 …

sonyhirai
ソニーが今年も業績の下方修正。悪材料小出しはもはや同社のお家芸

 経営再建中のソニーは2014年9月17日、2015年3月期の業績見通しについて …

lngusa
米国産LNGが日本に到着。エネルギー調達の多角化は進むのか?

 硬直的だった日本のエネルギー調達に変化の兆しが見え始めている。きっかけになった …

tosho02
増配など株主還元策が顕著に。背景には円安と公的年金改革が

 企業が得た利益を株主に還元する動きが顕著になってきている。企業における資本効率 …

bukkajoushou
企業による物価見通しは1.5%の上昇。給料アップが追い付かないのは確実

 日銀は2014年4月2日に発表した企業短期経済観測調査(短観)の中で、企業の物 …

bouekitoukei201303
円安の効果も半減?日本の輸出数量減少に歯止めがかからない!

 財務省は4月18日、3月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易 …

shachoshitsu
日本企業の役員報酬高額化が進む。だが肝心の業績はお寒い限り・・・

 1億円以上をもらう日本の上場企業の役員数が400人を突破したことが、東京商工リ …

googlecar02
グーグル2015年4~6月期決算。増収増益だが、更なる成長は自動運転待ち

 米グーグルは2015年7月16日、2015年4~6月期の決算を発表した。広告事 …

abe20130901
秋にまとまる一連の成長戦略パッケージは、事実上の計画経済へのシフト?

 秋の臨時国会に提出が予定されている産業競争力強化法案など、一連の成長戦略パッケ …