ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

貿易赤字は25カ月連続だが安定飛行状態に。今後のカギは国内サービス業

 

 財務省は2014年8月20日、7月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は9640億円の赤字となった。赤字は25カ月連続だが、前年同月比では赤字幅が縮小した。季節調整済みの数字では、前月より赤字が増加しているが、おおむね安定飛行状態だ。

bouekitoukei 201407

 このところ貿易収支は赤字が続いているものの、赤字額はほぼ同水準で推移しており、小康状態となっている。
 今のところ為替は安定しており、これが輸入価格の変動を小さくしている。また、イラク情勢の緊迫化で原油価格の高騰が懸念されたが、原油価格も落ち着きを取り戻しつつある。

 貿易赤字はそれ自体がマイナスの影響を及ぼすものではないが、日本経済は依然として貿易黒字であることを前提にしたシステムとなっており、急激な変化は望ましくない。一定の赤字水準で落ち着いてきたことは前向きに考えてよいだろう。

 だが日本の産業構造の変化は、着実に進んでいる。日本の輸出は円安になっているにもかかわらず、ほとんど増えていない。特に輸出数量はこの1年間横ばいが続いている。これは工場の海外シフトが進んでいることが主な原因であり、おそらく不可逆的な動きである。工場が海外にシフトした分、現地からの配当収入(所得収支)は増えるが、失われた雇用は戻らない。

 製造業による雇用が失われても、その分、国内に新しいサービス産業が生まれれば、大きな問題は起らないはずである。だが国内のサービス産業の付加価値は低く、サービス産業への雇用シフトは賃金の低下をもたらしてしまう。現在、日本の輸入が増えているのは、エネルギー価格の高騰が原因であり、国内需要の高まりではない。

 より付加価値の高いサービス産業が育ち、内需の高まりとともに、貿易赤字が拡大するという流れになれば、貿易赤字を次の成長につなげることができるはずである。だが、現状はまだそうなっていない。これからの日本で大事なことは、製造業を国内に戻すことではなく、より付加価値の高いサービス産業を育成することである。

 - 経済 , ,

  関連記事

korea
韓国で個人負債増加が政策課題に急浮上。日本も他人事ではないかもしれない

 以前から家計の負債増加が指摘されていた韓国で、この問題が政策的な重要課題に浮上 …

ichiganrefu
日本企業の世界シェア調査。トップ品目も多いが、縮小市場・低付加価値が目立つ

 日本経済新聞社は2015年7月5日、2014年における主要商品・サービスシェア …

watsonibm
人工知能の本格普及が始まる兆し。これからの時代、知的職業はどう変わるのか?

  米IBMは2014年10月8日、同社の人工知能「ワトソン」を本格普及させるた …

softbankken
ソフトバンクの決算が絶好調。ようやく携帯電話が繋がるようになるか?

 ソフトバンクが31日、半期決算を発表し、具体的な数値は公表しなかったものの、通 …

nichigin
マネタリーベースは順調に増加。実体経済への効果については依然として不透明

 日銀は12月3日、11月のマネタリーベースが前年同月比52.5%増の189兆7 …

g20sydney2014
経済成長の数値目標が盛り込まれたG20。アベノミクスにも微妙な影響が出てくる可能性

 豪シドニーで開催されていた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は2 …

kaikotokku
解雇特区は雇用政策というよりも、ベンチャーや外資の優遇策である

 安倍政権は成長戦略の目玉の一つである解雇特区の導入に向けて本格的な検討を開始し …

tosho
東証が企業に対して踏み込んだ適時開示をするよう指導中。背後にある問題とは?

 東京証券取引所が、投資家に対する適時開示について、より踏み込んだ内容にするよう …

chintaiapart
民法改正で不動産賃貸業は本格的なサービス産業に脱皮できるか?

 法務大臣の諮問機関である法制審議会は2014年8月26日、民法における債権関係 …

abeshouhizei
消費増税の正式決定で焦点は5兆円の経済対策の中身とその効果に移行

 政府は10月1日、閣議を開催し2014年4月から消費税を8%に引き上げることを …