ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

100年の歴史を持つシティバンクの個人部門が日本から撤退

 

 シティグループが国内の個人向け銀行業務を売却する方針であることが明らかとなった。シティバンクは明治時代に支店を開設した日本で2番目に古い外資系銀行であり、国内ではもっとも大きな店舗網を持つ。100年の歴史を持つ同行の撤退は、日本の金融市場が大きな曲がり角に差し掛かっていることを示しているのかもしれない。

citi

  シティグループは、邦銀9行に対し、国内銀行業務の売却を打診しているという。低金利が続き、日本国内での収益確保が難しくなっていることや、同社のグローバル戦略の見直しが売却の主な理由。法人業務については現在のまま継続する見込み。

 シティの顧客には、外資系企業の社員や、海外との行き来がある富裕層が多いと考えられる。基本的に同行の収益は手数料がメインとなるが、為替などの単純業務だけでは十分な利益を上げることは難しく、顧客に対し、利回りの高い金融商品を紹介していく必要がある。

 だが現在の金利水準では、魅力的な商品をアレンジするのは困難であり、顧客に過大なリスクを負わせる可能性もある。実際、同行は投資信託の不適切な販売で業務停止命令を受けた過去がある。グローバルで見た標準的な水準の利益を上げることが難しくなっていることは容易に想像できる。

 だがそれと同様に大きいのが、日本の金融市場の孤立化である。近年、北米から日本に向かう航空便の乗客が日本に降りず、そのまま乗り継ぎでアジアに向かうケースが目立っているという。人の行き来が減ると、当然、付帯する金融サービスへのニーズも減ってくる。

 また、税務当局が海外への送金について監視を強めていることから、ビジネス上の少額な海外送金もやりにくくなったという声が多く聞かれる。こうしたことが複合的な要因となり、日本の個人向け金融サービス市場がガラパゴス化している可能性は高い。

 同行はグローバル戦略の見直しで、ギリシャや韓国などからも撤退しているが、日本市場はこうした国々と同じ水準で評価されていることになる。同行の日本向けの融資の規模は全体の1%以下といわれるが、日本の経済規模を考えると、この数字はあまりにも少なすぎる。

 邦銀に譲渡後も、同行が提供していたサービスは継続するとしている。だが、グローバルなネットワークを持つシティグループと邦銀では、国際業務に関するインフラが異なっている。日本国内における国際的な金融サービスの水準は大きく低下するだろう。

 - 経済 ,

  関連記事

piketishasin
ピケティが主張する資産格差拡大は日本でも発生しているのか?

 フランスの経済学者トマ・ピケティが話題となっている。ピケティの著作である「21 …

setubitousi
企業による国債保有の増加は何を意味しているか?

 企業による国債保有が増加している。背景にあるのは、企業の内部留保の増加と、投資 …

kokusaishusi201302
2月の経常収支は黒字転換したが、大きな流れは変わっていない

 財務省は4月8日、2月の国際収支を発表した。貿易収支は6770億円の赤字だが、 …

bukkajoushou
企業による物価見通しは1.5%の上昇。給料アップが追い付かないのは確実

 日銀は2014年4月2日に発表した企業短期経済観測調査(短観)の中で、企業の物 …

setsubitousi
11月の機械受注は回復見られず。10~12月のGDPも厳しい状況か?

 内閣府は2015年1月15日、11月の機械受注統計を発表した。主要指標である …

lixil
リクシルの海外M&Aは、今後の日本経済のあり方を示すお手本

 住宅設備最大手のLIXIL(リクシル)グループが大型の海外M&A(企業 …

no image
セコムが東電から巨大要塞データセンターを買収。その成否は?

 セコムが東京電力からデータセンターを買収すると日経新聞が報じている。セコムが買 …

mitsukoshi
個人消費が中間層にも拡大の兆し。日本経済が構造転換したサインか?

 これまで富裕層に限定されていた消費拡大が中間層にも波及する可能性が出てきた。日 …

tosho02
増配など株主還元策が顕著に。背景には円安と公的年金改革が

 企業が得た利益を株主に還元する動きが顕著になってきている。企業における資本効率 …

jinmingen02
中国の金融引き締めで追い込まれる中小銀行。当局は大混乱覚悟で続行か?

 中国で短期金利が急騰し、流動性が逼迫している問題で、中央銀行にあたる中国人民銀 …