ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

100年の歴史を持つシティバンクの個人部門が日本から撤退

 

 シティグループが国内の個人向け銀行業務を売却する方針であることが明らかとなった。シティバンクは明治時代に支店を開設した日本で2番目に古い外資系銀行であり、国内ではもっとも大きな店舗網を持つ。100年の歴史を持つ同行の撤退は、日本の金融市場が大きな曲がり角に差し掛かっていることを示しているのかもしれない。

citi

  シティグループは、邦銀9行に対し、国内銀行業務の売却を打診しているという。低金利が続き、日本国内での収益確保が難しくなっていることや、同社のグローバル戦略の見直しが売却の主な理由。法人業務については現在のまま継続する見込み。

 シティの顧客には、外資系企業の社員や、海外との行き来がある富裕層が多いと考えられる。基本的に同行の収益は手数料がメインとなるが、為替などの単純業務だけでは十分な利益を上げることは難しく、顧客に対し、利回りの高い金融商品を紹介していく必要がある。

 だが現在の金利水準では、魅力的な商品をアレンジするのは困難であり、顧客に過大なリスクを負わせる可能性もある。実際、同行は投資信託の不適切な販売で業務停止命令を受けた過去がある。グローバルで見た標準的な水準の利益を上げることが難しくなっていることは容易に想像できる。

 だがそれと同様に大きいのが、日本の金融市場の孤立化である。近年、北米から日本に向かう航空便の乗客が日本に降りず、そのまま乗り継ぎでアジアに向かうケースが目立っているという。人の行き来が減ると、当然、付帯する金融サービスへのニーズも減ってくる。

 また、税務当局が海外への送金について監視を強めていることから、ビジネス上の少額な海外送金もやりにくくなったという声が多く聞かれる。こうしたことが複合的な要因となり、日本の個人向け金融サービス市場がガラパゴス化している可能性は高い。

 同行はグローバル戦略の見直しで、ギリシャや韓国などからも撤退しているが、日本市場はこうした国々と同じ水準で評価されていることになる。同行の日本向けの融資の規模は全体の1%以下といわれるが、日本の経済規模を考えると、この数字はあまりにも少なすぎる。

 邦銀に譲渡後も、同行が提供していたサービスは継続するとしている。だが、グローバルなネットワークを持つシティグループと邦銀では、国際業務に関するインフラが異なっている。日本国内における国際的な金融サービスの水準は大きく低下するだろう。

 - 経済 ,

  関連記事

MAC
マクドナルドが7年ぶり減益。だが原田マジック消滅との報道は過剰反応

 日本マクドナルドホールディングスは3月19日、株主総会を開催した。同社の201 …

airasia
大国になりたい中国。旅行客のマナーの悪さに対して政府が対策に乗り出す?

 中国人旅行者のマナーの悪さは今に始まったことではないが、大国として相応の地位を …

yamatochina
ヤマトの新しいサービスは、日本のネット通販の中国販路拡大に寄与するか?

 宅配大手のヤマトホールディングスは2014年3月24日、日本のネット通販事業者 …

bukkajoushou
4月の消費者物価指数は、消費税の影響を除くと1.5%程度

 総務省は2014年5月30日、4月の消費者物価指数を発表した。全国レベルでは、 …

hitachieikoku
日立が英国鉄道事業で水漏れトラブル。だが、もっと大きな逆風が吹いている?

 日立が総力をあげて取り組んできた英国の鉄道事業で、新型車両のお披露目の当日に客 …

frb
FRBが利上げを見送り。今後の焦点は労働市場ではなくインフレ率

 FRB(連邦準備制度理事会)は2015年9月17日に開催したFOMC(連邦公開 …

usakoyoutoukei201401
米1月の雇用統計は今ひとつ。失業保険給付打ち切りが失業率を下げた可能性が高い

 米労働省は2014年2月7日、1月の雇用統計を発表した。先月の雇用統計があまり …

nyse
ダウ平均株価の銘柄が久々に大型入れ替え。米国の産業構造は今後どうなる?

 米S&Pダウ・ジョーンズ・インディシーズは9月10日、ダウ工業株30種(いわゆ …

monhiru
公的年金の損失5兆円は株価を考えれば妥当だが、本当にリスク運用でいいのか?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2016年7月2 …

tosho05
公的年金はアクティブ運用へ。だが肝心の運用手法については疑問の声も

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が、本格的な運用の …