ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本人の仕事に対する満足度が低いという調査結果をどう見る?

 

 ビジネスマン向けSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)大手の米リンクトインは2014年8月19日、世界26カ国の同社サービス会員に対する意識調査の結果を発表した。日本のビジネスマンは、転職に消極的で、現在の仕事に対する満足度も非常に低いという実態が明らかになった。

yarigai

 現在の仕事に対して満足していると答えた人の割合は、全世界平均では72%だが、日本は65%と下から2番目であった。また非常に満足しているという人の割合でも日本は下から3番目となっている。

 こういった比較調査は質問の方法や社会慣習などに大きく影響されるので、結果から単純に結論を導き出すのは危険である。
 だが、日本人の仕事に対する満足度の低さは以前から共通のものであり、他の調査でも似たような結果が得られている。また、日本と並んで満足度が低いところにランキングされた国を見れば、この結果にはある程度、普遍性があると考えてよいだろう。

 仕事に満足している人の割合がもっとも低かったのはトルコであり、日本のひとつ上にはイタリアが位置している。
 トルコはEU加盟を目指しているにも関わらず、古い価値観と近代的価値観の折り合いがつかず苦慮している国である。政府批判を封じ込めるためにフェイスブックを一時遮断したり、副首相が「女性は公の場で大声で笑うべきではない」と発言するなど、社会の雰囲気は息苦しい。イタリアは財政危機から脱していないことに加えて、先進国の中では前近代的慣習が色濃く残る国として知られている。

 また、日本と並んで非常に満足しているという割合が低いのはロシアと中国であった。両国ともにフェアな市場ではないことから、満足する人の割合が低いことは容易に想像される。

 イタリアを除けば、日本の環境はこうした国々より良好なはずだが、それでも日本人の仕事に対する満足度が低いのは、転職のやりにくさが大きく影響している可能性がある。
 仕事そのものへの不満はそれほどではなくても、選択肢がないという状況が加わることによって、潜在的な不満は大きくなりがちである。

 日本人で積極的に転職活動をしている人の割合は20%となっており、世界平均の25%より低い。終身雇用の慣行はかなり崩れてきているが、それでも新卒一括採用の文化はまだまだ健在である。相対的に転職は不利になるという意識が日本のビジネスマンの中には存在しており、これが転職を抑制しているのかもしれない。

 - 社会, 経済 , ,

  関連記事

fbi
ボストン爆破テロ事件でFBIが新捜査手法。スマホ画像の提供を広く市民に呼び掛け

 米連邦捜査局(FBI)は4月18日、ボストン・マラソンのゴール付近で起きた連続 …

fufubessei
夫婦別姓をめぐる議論。伝統的価値観に対する奇妙な「ねじれ」現象が発生

 最高裁は2015年12月16日、夫婦別姓を認めない民法の規定について「合憲」で …

abe5gatsukeizai
萎む成長戦略。最高裁判断まで出ている薬のネット販売解禁が規制緩和の目玉だって?

 アベノミクスの要として市場から多くの期待を集めていた成長戦略の雲行きが怪しくな …

asomof
為替介入も辞さずという麻生発言。日本側の動きを束縛してしまった可能性も

 日銀が追加緩和を見送ったことから、為替市場では急激な円高が進んでいる。麻生財務 …

oilrigtexas
米国がサウジを抜いて世界最大の産油国に。今後、地政学的なバランスは激変する

 石油メジャーの英BPは2015年6月10日、2014年のエネルギー統計を発表し …

munyutin
反ウォール街だったはずのトランプ政権に多数のゴールドマン出身者

 選挙期間中からウォール街を敵視し、庶民の味方であることを強調していたトランプ大 …

kuukikan
中国の富豪が大気汚染に抗議?して空気の缶詰を販売。シニカルな戦略が意味するもの

 連日、深刻な大気汚染が続いている北京でユニークな商品が販売され話題となっている …

nyse02
ツイッター偽情報による株価の乱高下。即座に株価が安定したことの方に意味がある

 4月23日のニューヨーク株式市場において、ツイッターの偽情報によって株価が一時 …

bukkajoushou
企業による物価見通しは1.5%の上昇。給料アップが追い付かないのは確実

 日銀は2014年4月2日に発表した企業短期経済観測調査(短観)の中で、企業の物 …

bishonbu
通貨マフィアのディナー?教科書にも載っていない量的緩和策が突然メジゃーになったワケ

 国際決済銀行(BIS)本部で開かれる各国の中央銀行総裁による非公式の夕食会が、 …