ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

カジノ解禁をめぐって依存症の問題が急浮上。だが本質はそこではない

 

 現在、政府内部で検討が進むカジノ解禁をめぐって、ギャンブル依存症に関する話題が急浮上している。厚生労働省は、依存症増加を防ぐため、日本人の利用を認めないよう働きかけていく方針を固めているという。

casino

 厚生労働省は2014年8月20日、国内でギャンブル依存症となっている人は、人口の4.8%にあたる536万人に達するとの推計を明らかにした。これは諸外国と比較して際立って高い数値だという。
 同省の推計に対しては、依存症の有無やその影響などについて様々な意見が出ている。依存症の問題は確かに重要だが、カジノ解禁について、依存症という観点でのみ議論を進めてしまうと、本質を見誤る可能性がある。

 日本人のギャンブル依存症が多いという同省の推計が正しいのだとすると、それはある意味で、当然の結果といえる。
 公営ギャンブルや、パチンコに代表されるような実質的賭博場が、これほどまでに一般の生活圏内に普及している国は、国際的に見ても非常に珍しいからである。つまり日本はもともと突出したギャンブル大国であり、依存症の数が多いのは当たり前なのである。

 カジノは経済対策や税収対策の一環として計画されている側面が強い。そうだとすると、カジノの問題というのは、お金の流れをどう変えるのかという問題とイコールになる。

 もし一部の諸外国が実施しているように、外国人のみに開放するということになると、お金の流れは基本的に海外から日本への一方通行となる。少なくとも、国内に大きな変化はなく、外貨だけが得られるので、経済的メリットは大きいだろう(ただ、日本のカジノを外国人専用にしてどの程度顧客を集められるかはまた別問題である)。

 一方、日本人にも開放するということになると、これまで公営ギャンブルやパチンコの顧客だった人の一部が、新しいカジノに向かうことになる。これが日本全体として、どのようなお金の流れの変化をもたらすのか慎重に検討する必要がある。

 いずれにせよ、カジノを解禁すれば容易に顧客が集まり、税収が増えるという安易な見込みだけで事業を進めてしまうのは禁物である。重要なのは全体のバランスである。

 - 政治, 社会, 経済 ,

  関連記事

maning
Wiki情報漏洩で禁固35年を言い渡されたマニング被告が、何と女性になりたいと告白!

 米軍事法廷は8月21日、機密文書を内部告発サイト「ウィキリークス」に漏えいした …

obama201403
TPPの妥協点として牛肉が急浮上。背後にはパッケージ・ディールの存在も?

 2014年4月下旬のオバマ大統領来日を控え、TPP(環太平洋パートナーシップ協 …

shakaihoshokokuminkaigi03
社会保障制度改革国民会議の最終報告。年金は現状維持で、世代間不公平は解消されず

 社会保障制度のあり方に関して議論する政府の「社会保障制度改革国民会議」は8月5 …

no image
(速報)オバマ大統領再選確実

 開票が始まっていた米大統領選挙において、オバマ大統領の再選がほぼ確実となった。 …

gakkou
学校における「いじめ」の各国比較研究。教育プログラムの多様化はひとつの解決策

 全国都道府県教育長協議会は2015年1月、諸外国におけるいじめ問題の比較研究の …

tukijitwin
ツインタワーも登場!都のプロジェクトチームが築地建て替え案をとりまとめ

 築地市場の豊洲への移転問題について議論している東京都のプロジェクトチームが、築 …

abe20141120
安倍政権が来春の賃上げを経済界に要請。漂う政策の手詰まり感

 安倍首相は2014年11月19日に開催された政労使会議の場において、経済界に対 …

sinbun
新聞協会が消費税軽減税率を求める声明を発表。差別ギリギリのその驚くべき内容とは?

 消費税増税を前に、新聞業界が新聞などへの軽減税率適用を求めて政府・与党に対する …

koizumi
政局化狙い?それとも息子への援護射撃。小泉元首相による脱原発論の背景とは?

 小泉純一郎元首相が持論である脱原発論を加速させている。小泉氏は10月1日、名古 …

bigdata02
官民が注目するビックデータで深刻な人材不足。日本がいつも人材不足になる理由とは?

 ネット上の履歴など膨大な情報を分析しビジネスに有効活用するという、いわゆる「ビ …