ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

カジノ解禁をめぐって依存症の問題が急浮上。だが本質はそこではない

 

 現在、政府内部で検討が進むカジノ解禁をめぐって、ギャンブル依存症に関する話題が急浮上している。厚生労働省は、依存症増加を防ぐため、日本人の利用を認めないよう働きかけていく方針を固めているという。

casino

 厚生労働省は2014年8月20日、国内でギャンブル依存症となっている人は、人口の4.8%にあたる536万人に達するとの推計を明らかにした。これは諸外国と比較して際立って高い数値だという。
 同省の推計に対しては、依存症の有無やその影響などについて様々な意見が出ている。依存症の問題は確かに重要だが、カジノ解禁について、依存症という観点でのみ議論を進めてしまうと、本質を見誤る可能性がある。

 日本人のギャンブル依存症が多いという同省の推計が正しいのだとすると、それはある意味で、当然の結果といえる。
 公営ギャンブルや、パチンコに代表されるような実質的賭博場が、これほどまでに一般の生活圏内に普及している国は、国際的に見ても非常に珍しいからである。つまり日本はもともと突出したギャンブル大国であり、依存症の数が多いのは当たり前なのである。

 カジノは経済対策や税収対策の一環として計画されている側面が強い。そうだとすると、カジノの問題というのは、お金の流れをどう変えるのかという問題とイコールになる。

 もし一部の諸外国が実施しているように、外国人のみに開放するということになると、お金の流れは基本的に海外から日本への一方通行となる。少なくとも、国内に大きな変化はなく、外貨だけが得られるので、経済的メリットは大きいだろう(ただ、日本のカジノを外国人専用にしてどの程度顧客を集められるかはまた別問題である)。

 一方、日本人にも開放するということになると、これまで公営ギャンブルやパチンコの顧客だった人の一部が、新しいカジノに向かうことになる。これが日本全体として、どのようなお金の流れの変化をもたらすのか慎重に検討する必要がある。

 いずれにせよ、カジノを解禁すれば容易に顧客が集まり、税収が増えるという安易な見込みだけで事業を進めてしまうのは禁物である。重要なのは全体のバランスである。

 - 政治, 社会, 経済 ,

  関連記事

yamasita
CDはボロボロ、ダウンロード販売も激減。音楽業界はもはやシニア向けビジネス?

 CDの販売不振で苦しめられてきた音楽業界がさらに苦境に立たされている。頼みの綱 …

kabuka
金融庁の強い意向で毎月分配型投信の販売が減少。それでも顧客は毎月分配型を望む?

 投資信託の販売が急速に落ち込んでいる。アベノミクスによる株価上昇が一段落したこ …

suntory
サントリーが本体ではなく子会社を上場。経営権は手放したくないがカネだけは欲しいらしい

 サントリーホールディングスは主力子会社で清涼飲料事業を手がけるサントリー食品イ …

aseandefensemtng
ASEAN国防相会議で中国との衝突回避策が合意。アジア地域の米中主導色強まる

 東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国と日米中の国防相が参加する、ASEAN拡 …

francisco1
排他的になると逆に伝統文化はダメになる。日本人が傾聴すべきローマ法王の説法

 伝統的な価値観を守るためには、新しい価値観を攻撃するのではなく、うまくバランス …

asaddaasuma
本当は独裁政権など続けたくない?アサド大統領のものとされるメールの真偽

 英国のガーディアン紙がシリアのアサド大統領が送受信したとされるメール内容を報道 …

netflix
動画配信の大本命ネットフリックスがサービス開始。販売ではソフトバンクと提携

 米国の動画配信サービス大手「Netflix(ネットフリックス)」が2015年9 …

tosho05
野村證券が最長70歳まで定年を延長した背景とは?

 野村証券は、国内営業を担当する正社員の定年を60歳から65歳に延長し、65歳以 …

touchou
フランスで政府要人の盗聴対策が効果を上げていない本当の理由とは?

 フランスで閣僚など政府要人のセキュリティ対策が効果を上げていないことが問題視さ …

tokkyosingikai
社員の発明をめぐり、今度は一転して企業帰属の方向性で議論が進む

 政府は、企業の従業員が発明した特許について、これまでとは反対に、原則として企業 …