ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本の株式市場が賭博場になったのは、企業のダブルスタンダードが原因?

 

 持続的な成長を実現するために、企業と投資家の間にどのような関係が必要なのかについて議論した経済産業省のレポート(伊藤レポート)が公表された。グローバルスタンダードに合わせ、8%を上回る高いROE(株主資本利益率)の実現が必要としている。

tosho05

 同省では、伊藤邦雄一橋大学大学院商学研究科教授を中心に、約1年にわたって議論を続けてきた。4月の中間報告を経て、この8月に最終報告をとりまとめた。

 レポートでは、日本企業は高いイノベーション創出能力を持っているにも関わらず、収益力が低く、株価も低迷していると指摘。その理由のひとつとして、日本企業のダブルスタンダードをあげている。
 投資家、特に海外の投資家に対して日本企業はROEの向上などを約束しているが、実際には社内の論理を優先し、社内外で説明を使い分けているという。こうした状況が投資家に見透かされ、日本市場に投資する投資家は、短期的な利益を狙う、いわゆる投機筋だけになってしまった可能性がある。

 日本企業はしばしば、欧米企業との比較で短期的な利益を追求せず、長期的視野に立って経営を行ってきたといわれる。しかし本レポートでは、日本企業が本当に長期的視野に立って経営を行ってきたのかについては検証が必要であり、場合によっては、日本型の短期的経営を追求した結果、低収益が続いてきたと解釈することも可能と主張している。

 実際、内外とのダブルスタンダードは、企業経営や資本市場の現場ではよく見られる光景である。海外に対して広く投資を募っておきながら、いざファンドが大量に購入すると、ハゲタカと呼んでバッシングするというのはその典型といえよう。

 日本企業が投資家に対して、正々堂々と、経営権取得を目的とした投資は受け付けないと宣言していれば、そもそも株を買い占める投資家などいないはずである(米グーグルのように米国上場企業でありながら一般投資家には議決権の提供すら制限した企業もある)。それができないのは、投資家の間口を狭めてしまうと、株価の維持や資金調達ができないという自信のなさが背景にあると考えられる。

 よく欧米との文化の違いが議論になるが、欧米は日本の企業文化を軽視しているわけではない。日本側が、あたかも、欧米と同じ文化であるかのように説明しておきながら、実際の行動がそれとは異なること(言行不一致)に対して、不公正さを感じているにすぎない。

 本レポートは大雑把に言えば、グルーバルスタンダードにあわせて言行一致にすべきであると主張しており、日本企業のROEは8%程度まで高めるべきとしている。
 この数字が、妥当なのかどうかは、議論が分かれるところかもしれないが、言行不一致を修正する必要があることだけは間違いないだろう。

 - 社会, 経済 ,

  関連記事

no image
人民元が対ドルでじわじわ上昇。中国当局が米側に譲歩か?

 この1ヶ月、対ドルでの人民元の上昇が続いている。7月に1ドル=6.3967元の …

ana787
最新鋭ボーイング787が4連続トラブル。ボーイング社や素材を開発した東レの株価が下落

 夢の最新鋭機として鳴り物入りで導入された最新鋭機ボーイング787型機が4連続で …

interu
アップル、インテルなどIT各社が良好な決算。世界経済は回復局面?

 IT企業各社による好調な決算が続いている。背景となっているのはグローバルな景気 …

gnpgni
安倍首相がGNI(国民総所得)増加を表明。なぜ今GNIと騒いでいるのか?

 安倍首相が自らの経済政策であるアベノミクスによって、10年後に国民総所得(GN …

gakkou
学校における「いじめ」の各国比較研究。教育プログラムの多様化はひとつの解決策

 全国都道府県教育長協議会は2015年1月、諸外国におけるいじめ問題の比較研究の …

ism201303
最高値更新が続く米国株式市場で5月下落説が登場。投資家にとっては悩ましい局面に

 市場最高値の更新を続けていた米国株に警戒感が出始めている。4月3日のNY株式市 …

businessman02
10~12月期のGDPは輸出不振から予想を下回る。早くも補正予算追加との声も

 内閣府は2014年2月17日、2013年10~12月期の国内総生産(GDP)を …

kankokugenpatu
韓国での原発トラブルが止まらない!本当にヤバイのでは?との声も

 韓国で原発のトラブルが相次いでいるが、このところその傾向に拍車がかかっている。 …

sbtakasago
再生可能エネ普及策が頓挫?誰も責任を負わない中途半端な政策のツケ

 再生可能エネルギーの普及策が暗礁に乗り上げようとしている。電力各社は、再生可能 …

sharp
シャープが年度内の中期経営計画策定を断念。ホンハイとの提携は完全に流れたか?

 経営再建中のシャープが、中期経営計画の策定を先延ばしにすることが朝日新聞の報道 …