ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

石破氏が安保担当相辞退の見込み。場合によっては秋の解散総選挙の可能性も

 

 自民党の石破幹事長が、9月3日に行われる内閣改造をめぐり、安倍首相が要望している安全保障担当相を辞退する可能性が高まってきた。25日以降に安倍氏と面会し、辞退の意向を伝える見込み。

ishiba02

 今回の内閣改造における最大の焦点は幹事長である石破氏の処遇である。今のところ安倍政権は、支持率の低下が見られるものの、順調な政権運営を続けている。
 目下、最大の懸念材料は、幹事長として特に地方からの支持を集める石破氏の存在である。安倍政権を打倒する可能性がある人物というと、今のところ石破氏以外には考えられない。

 何としても長期政権を実現したい安倍氏としては、石破氏の動きを事前に封じ込めておきたいところ。内閣改造では、新しく安全保障担当相を設置し、そこに石破氏を指名することで、閣内に取り込み、政治的な動きを牽制しようという腹づもりであったといわれる。

 だが石破氏にしてみれば、幹事長から単なる担当大臣では降格人事であるという点や、何より幹事長という要職をはずれることで、政局のカギを握ることができなくなるというデメリットがある。石破氏は間接的に幹事長ポストの留任を希望する発言を繰り返していたが、官邸からの圧力の方が大きかった可能性が高い。

 仮に石破氏がすべての役職を固辞して無役になった場合、解散総選挙が早まる可能性がある。再来年の2016年には衆院の任期満了と参院選が重なるため、資金面での負担が大きい。また、来年春には統一地方選挙、9月には自民党の総裁選が迫っている。

 4~6月期のGDPは大幅な落ち込みで景気の先行きは不透明な状況となっており、消費税が10%に増税されれば、景気の落ち込みはさらに明確になってくるだろう。ここに集団的自衛権の問題や原発再稼働の問題が浮上してくると、主婦層などの票を取りこぼす可能性が高くなってくる。

 普通に考えれば、現在、圧倒的に有利な状況にある与党が解散するメリットは少ない。だが、今後の不透明な政治情勢を考えた場合、支持率の急降下で石破氏に対する期待が高まる可能性を排除できるのであれば、今のうちに解散するという選択肢は十分に考えられる。
 夏休み明けを迎え、政局は急に慌ただしくなってきている。

 - 政治 ,

  関連記事

businessman04
労働者の賃金がさらに減少。賃上げ実施後もあまり期待できない理由とは?

 厚生労働省は2014年2月20日、2013年賃金構造基本統計調査の結果を発表し …

kimurahikoku
国士気取りの銭ゲバ・インサイダー官僚が保釈。こともあろうに公判では無罪を主張

 経済産業省幹部のインサイダー取引事件で、金融商品取引法違反に問われていた前資源 …

kuroda
黒田日銀総裁が正式決定。これまで白川路線に賛同していた政策委員は意見を変える?

 参議院は3月15日午前の本会議で、日銀の正副総裁人事を可決した。総裁には黒田東 …

kaigosisetu
介護離職ゼロに向けて企業に残業免除を義務化。だが現実には機能しない?

 安倍政権が掲げる介護離職ゼロに向け、介護者の残業を免除する施策の検討が始まって …

no image
仏の経済危機突入で、欧州最後の公務員天国にもいよいよメスが

 欧州債務危機の本丸として、フランスに市場がターゲットを定めつつある。先日は英国 …

rikokyoupolson
李克強氏の経済改革プランが始動?保守派である習近平氏との違いが早くも表面化

 国務院総理(首相)に内定している李克強副首相が、就任後の経済改革に向けてはやく …

putinrussia
ロシアによるクリミア編入宣言。その背景とアジア地域で想起される事態

 ロシアのプーチン大統領は2014年3月18日、クリミアをロシアに編入する条約に …

no image
松山千春が不出馬宣伝。鳩山氏はホット胸をなでおろす

 かねてから次期衆院選への出馬が取りざたされていた歌手の松山千春氏が、選挙には出 …

abekenpo
安倍政権が世論最優先のスタンスに転換。党内の力学バランスに変化か?

 与党内の力学関係に変化の兆しが出てきた。安倍首相が現行の憲法9条を残した形での …

ohtahiroko
政府税調が法人減税改革案をまとめる。減税先行となり、優遇見直しは難航必至

 政府税制調査会は2014年6月27日、法人課税専門委員会(大田弘子座長)がまと …