ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国は利上げが近い?イエレン氏の発言に最初に反応したのは為替

 

 ドル円相場が急展開を見せている。最近まで1ドル102円前後を行き来している状態だったが、8月18日の週からドルが上昇し、週明けには104円を突破する状況となった。背景には米国の中央銀行にあたるFRB(連邦準備制度理事会)の利上げ観測がある。

frbieren201407

 きっかけは、米ワイオミング州のジャクソンホールで開催されたシンポジウムにおけるイエレンFRB議長の発言。ジャクソンホールの会合は、カンザスシティー地区連銀の主宰で毎年夏に行われているもので、各国の中央銀行総裁が集まることから市場での注目度が高い。

 イエレン議長は、労働市場を特に重視しており、賃金や失業率といった労働市場に関する指標が十分に回復するまでは低金利を続けるべきというスタンスを明確にしてきた。金融政策の世界では、こうしたイエレン氏のようなスタンスをハト派と呼んでいる。米国が低金利政策を続ければ、マネーが大量に供給されることになるので、ドル安と株高が続くことになる。

 ただ、こうしたハト派的なスタンスを長期間続けてしまうと、インフレやバブルなど弊害も大きくなる。米国経済は基本的には順調な回復を見せていることから、近い将来、金利を引き上げる必要があるというのは一致した見方なのだが、問題はその時期ということになる。

 今回のイエレン氏の発言は以前と大きく変わったわけではないが、状況によっては早期に利上げを実施するとも取れる内容となっている。もともと市場には早期の利上げを予想する声が大きかったところに、イエレン氏の発言が重なったことから、一気にドル高が進んだものと考えられる。

 ただ肝心の長期金利については、依然として低いままで、急騰するという状況にはなっていない。とりあえず動きやすい為替が反応したといったところだろう。
 ドル円は長期間膠着状態が続いたことから、市場では動きを待っていたという側面がある。今回のイエレン氏の発言で、利上げのタイミングが近づいたとは断言できないが、少なくとも、為替については、今後、動きが活発になる可能性が高くなってきたといえそうだ。

 - 経済 , ,

  関連記事

nichigin04
7~9月期GDPのマイナス予想で高まる追加緩和期待。だが日銀のジレンマは大きい

 7~9月期のGDP(国内総生産)がマイナス成長となる可能性がさらに高まってきた …

beijing
中国のGDP鈍化で各国の株式市場が混乱。今後の中国経済をどう見るべきか?

 中国国家統計局が15日発表した1~3月期のGDP成長率をめぐって株式市場で混乱 …

costabranka
キプロスの金融危機があぶりだす、欧州の裏資金ルートの実態

 キプロスが、ユーロ圏からの金融支援と引き換えに、銀行の大口預金をカットするなど …

hiroshimadosha
多発する土砂災害。日本は国土開発のあり方を再考すべき時期に来ている?

 広島市で起きた大規模な土砂災害から1週間以上経過したが、これまでに70人以上の …

son
ソフトバンクが米3位の携帯電話会社を巨額買収したワケとは?

 ソフトバンクが米携帯3位のスプリント・ネクステルを買収する方針であることが明ら …

sangiinabe01
総額5.5兆円の補正予算が可決成立。だが昨年より規模が小さく、効果は限定的

 参議院は2014年2月6日、消費税増税をにらんだ経済対策を柱とする2013年度 …

abe20141120
安倍政権が来春の賃上げを経済界に要請。漂う政策の手詰まり感

 安倍首相は2014年11月19日に開催された政労使会議の場において、経済界に対 …

shunsetugou
各国が中国の春節にこぞって祝賀メッセージ。まるで冊封時代?

 中国では25日に春節(旧正月)の休みが明けた。春節に際しては、中国との関係を強 …

abe
安倍総裁が2%の物価目標を日銀に要請。その結果、経済はどうなる?

 自民党の安倍総裁は18日午後、党本部で日銀の白川総裁と会談し、物価目標を2%と …

contena03
日中韓FTA交渉がスタート。だが日本に続き韓国もTPP参加に傾いており状況は微妙

 日本、中国、韓国の3カ国は3月26日、韓国のソウルで自由貿易協定(FTA)締結 …