ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国は利上げが近い?イエレン氏の発言に最初に反応したのは為替

 

 ドル円相場が急展開を見せている。最近まで1ドル102円前後を行き来している状態だったが、8月18日の週からドルが上昇し、週明けには104円を突破する状況となった。背景には米国の中央銀行にあたるFRB(連邦準備制度理事会)の利上げ観測がある。

frbieren201407

 きっかけは、米ワイオミング州のジャクソンホールで開催されたシンポジウムにおけるイエレンFRB議長の発言。ジャクソンホールの会合は、カンザスシティー地区連銀の主宰で毎年夏に行われているもので、各国の中央銀行総裁が集まることから市場での注目度が高い。

 イエレン議長は、労働市場を特に重視しており、賃金や失業率といった労働市場に関する指標が十分に回復するまでは低金利を続けるべきというスタンスを明確にしてきた。金融政策の世界では、こうしたイエレン氏のようなスタンスをハト派と呼んでいる。米国が低金利政策を続ければ、マネーが大量に供給されることになるので、ドル安と株高が続くことになる。

 ただ、こうしたハト派的なスタンスを長期間続けてしまうと、インフレやバブルなど弊害も大きくなる。米国経済は基本的には順調な回復を見せていることから、近い将来、金利を引き上げる必要があるというのは一致した見方なのだが、問題はその時期ということになる。

 今回のイエレン氏の発言は以前と大きく変わったわけではないが、状況によっては早期に利上げを実施するとも取れる内容となっている。もともと市場には早期の利上げを予想する声が大きかったところに、イエレン氏の発言が重なったことから、一気にドル高が進んだものと考えられる。

 ただ肝心の長期金利については、依然として低いままで、急騰するという状況にはなっていない。とりあえず動きやすい為替が反応したといったところだろう。
 ドル円は長期間膠着状態が続いたことから、市場では動きを待っていたという側面がある。今回のイエレン氏の発言で、利上げのタイミングが近づいたとは断言できないが、少なくとも、為替については、今後、動きが活発になる可能性が高くなってきたといえそうだ。

 - 経済 , ,

  関連記事

meti03
政府がM&A活性化で会計基準変更を示唆。だがこれは問題の本質ではない

 政府が企業のM&A(合併・買収)を活発化させるため、日本の会計基準を改 …

e6kei
新幹線がさらにスピードアップ。だが高速化はそろそろ限界に達しつつある

 JR東日本は21日、来年3月のダイヤ改正を発表した。東北新幹線の「はやぶさ」が …

sharp
シャープに米クアルコムが出資。だが実態は話題作りだけを目的にした技術の安売り

 経営再建中のシャープが、米国の半導体メーカー「クアルコム」から最大100億円の …

pakukune02
韓国の新政権が、民間から有能なトップを招へいできないワケ。

 韓国で民間から招へいした政権幹部が相次いで、就任を辞退するという状況になってい …

apple
Appleの最終決算は利益率低下の影響が一旦収束。株主還元への注目がさらに高まる

 米アップルは10月28日、2013年7~9月期決算および2013年9月期の通期 …

wall
米司法当局が金融機関を次々に提訴。民主党系のNY州司法長官はヤル気マンマン

 米国の司法当局が、サブプライム・ローンに絡んで、相次いで金融機関を提訴している …

businessman03
あまりにも醜い欧州の若年層失業率。では日本はどうなんだ?

 欧州連合は2日、ユーロ圏17カ国およびEU27カ国におけるの2月の失業率を発表 …

mandela
マンデラ氏の追悼式で、現職のズマ大統領が猛烈なブーイングを浴びたワケ

 南アフリカのネルソン・マンデラ元大統領の追悼式が2013年12月10日、南アフ …

drugstoa
規制緩和の象徴が今度は規制強化の立場に。市販薬ネット販売規制に見る栄枯盛衰

 市販薬の新しいネット販売ルールを議論する厚生労働省の検討会議は9月20日、市販 …

imf201701
IMFが最新の経済見通しを発表。トランプ経済についてはプラス・マイナス両方

 IMF(国際通貨基金)は2017年1月16日、世界経済見通しの改定値を発表した …