ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国は利上げが近い?イエレン氏の発言に最初に反応したのは為替

 

 ドル円相場が急展開を見せている。最近まで1ドル102円前後を行き来している状態だったが、8月18日の週からドルが上昇し、週明けには104円を突破する状況となった。背景には米国の中央銀行にあたるFRB(連邦準備制度理事会)の利上げ観測がある。

frbieren201407

 きっかけは、米ワイオミング州のジャクソンホールで開催されたシンポジウムにおけるイエレンFRB議長の発言。ジャクソンホールの会合は、カンザスシティー地区連銀の主宰で毎年夏に行われているもので、各国の中央銀行総裁が集まることから市場での注目度が高い。

 イエレン議長は、労働市場を特に重視しており、賃金や失業率といった労働市場に関する指標が十分に回復するまでは低金利を続けるべきというスタンスを明確にしてきた。金融政策の世界では、こうしたイエレン氏のようなスタンスをハト派と呼んでいる。米国が低金利政策を続ければ、マネーが大量に供給されることになるので、ドル安と株高が続くことになる。

 ただ、こうしたハト派的なスタンスを長期間続けてしまうと、インフレやバブルなど弊害も大きくなる。米国経済は基本的には順調な回復を見せていることから、近い将来、金利を引き上げる必要があるというのは一致した見方なのだが、問題はその時期ということになる。

 今回のイエレン氏の発言は以前と大きく変わったわけではないが、状況によっては早期に利上げを実施するとも取れる内容となっている。もともと市場には早期の利上げを予想する声が大きかったところに、イエレン氏の発言が重なったことから、一気にドル高が進んだものと考えられる。

 ただ肝心の長期金利については、依然として低いままで、急騰するという状況にはなっていない。とりあえず動きやすい為替が反応したといったところだろう。
 ドル円は長期間膠着状態が続いたことから、市場では動きを待っていたという側面がある。今回のイエレン氏の発言で、利上げのタイミングが近づいたとは断言できないが、少なくとも、為替については、今後、動きが活発になる可能性が高くなってきたといえそうだ。

 - 経済 , ,

  関連記事

nihonyuseiibmjinkochino
日本郵政がIBM、アップルと共同で人工知能サービスを導入

 日本郵政は2015年4月30日、米アップル、米IBMの2社と共同で高齢者向けサ …

abe20130113
安倍首相がハイパーインフレにはならないとの見解。だが本当にそうなのか?

 安倍首相は11日の記者会見で、日銀の金融政策に関連して「ハイパーインフレは考え …

harada
マック原田社長の事業会社社長退任が象徴する、日本経済の隔絶された環境

 日本マクドナルドホールディングスは8月27日取締役会を開催し、原田泳幸会長兼社 …

hulu
日テレが動画配信サービスHuluの日本事業を買収。テレビ局による囲い込みか?

 日本テレビ放送網は2014年2月28日、動画配信サービス「Hulu」の日本市場 …

businessman04
1~3月期の設備投資は予想通りマイナス。注目は今後発表される最新統計の状況

 財務省は6月3日、2012年1~3月期の法人企業統計の調査結果を発表した。それ …

kyuyomeisai02
春闘を控えベア抑制の動き。個人消費には逆風で、GDPへの悪影響は必至

 春闘の季節が近づいているが、ベースアップを抑制する動きが出てきている。各社には …

ichimanen
内閣府が中長期財政試算を発表。前回試算よりも状況が改善している理由

 内閣府は2014年1月20日、経済財政に関する中長期の試算を公表した。国際公約 …

rodman02
金正恩氏とバスケ観戦をしたロッドマン元選手の前にコカコーラが置いてあったワケ

 北朝鮮の金正恩第1書記は28日、平壌市内の体育館において、北朝鮮を訪問中の全米 …

panasanyo
三洋電機が完全消滅へ。ところで三洋はもともとパナソニックだって知ってました?

 パナソニックは2011年に戦略的買収を実施した三洋電機を事実上解体する。日本経 …

bankofhina
中国当局が国営放送を使って中国銀行の海外送金サービスを糾弾している背景

 中国の国営放送局である中国中央テレビ(CCTV)が、中国有数の銀行である中国銀 …